Blue verse

アクセスカウンタ

zoom RSS 3/4 WEMBLEY -11-

<<   作成日時 : 2017/03/19 09:46   >>

ナイス ブログ気持玉 93 / トラックバック 0 / コメント 0

最後にダラダラと旅日記などを(^^;

前回の2014年MSG公演の時は,「YOSHIKIツアー」様に参加させていただきましたので,
コンサートチケット含めてパッケージ全部お任せしたのですが,
ツアーだと,あまり自由がきかない部分も多々あったりして,
それならば自分一人で好きなように行ってみようと思って,
今回のロンドンは,一人で勝手に行きました(^^;
無事に帰ってこれました(^^;ということで,その記録.


★コンサートチケット

2015年7月に,パリだったかロンドンだったかで発表された時に,
ルナフェスでは何にも言わなかったのにここで発表するんだ.
と,とっても寂しい気持ちになりましたが,
まずその時点でネットで押さえたのだと思います.確かB3ブロックでした.
B3ブロックで,列も席番も分かった状態で購入したと思います.

で,その後,よくよく読んでいたら,チケットの発送がコンサートの1週間前.
とかなギリギリの日程が書いてあって,ちょっと不安になりました.
ちゃんと届くのかしら?(^^;と.

ということで,その後,別の窓口からも申し込みました.
この時点でチケットダブるのですが,
万が一郵便事故でチケット届かないという事態を考えると冗談では済まないので,
(そーゆー前例がワタシにはありましたから)
ダブっても仕方ないな.空席ごめんね.と言いながら,もう1枚手配.
こちらは,チケットマスターに連動した,リセールサイトのような所で,
ちょっと値段が定価よりも高かったですね.
でも,そんなにべらぼうに高い値段でなくてA3ブロックが出ていましたので,
保険のつもりでポチリ.A3ブロックということ以外は,列も席番も分かりませんでした.
2016年1月にコンサート延期が発表された時,
チケットをキャンセルするという選択肢もあったと思いますが,
日本語対応はしていなくて面倒でしたのでそのままにしていました.

そして,今年の2月16日だったと思います.VIPパッケージの発売.
チケット込みのものしか買えなかったのかな?買えたのかな?
よく分かりませんが,チケット込みのものを購入しました.
この時点で2枚余りますゴメンナサイ(;_;)という気持ち.

だって,せっかく遠いロンドンまで行くのですから,
VIPパッケージがあるなら,そーゆー機会があるのならば,絶対参加したいです.

そして,A3ブロックの方が先に届きました.
これが,とんでもなくいい席で,調べましたらほぼ中央の4列目.
ワタシは知らずに買ったんです.A3ブロックと言っても20列位ありそうですから,
B3ブロックとあまり変わらないだろうなと思っていました.
それがまさかの4列目ほぼ中央(^^;

次いで,ロンドンへの出発ほとんどギリギリ(数日前)の頃に,B3ブロック届きました.
こっちだけの手配でしたら心臓に悪かったと思いますギリギリ過ぎて(^^;

で,2枚のチケットを持って出発.
コンサート当日に現地VIPパッケージで3枚目のチケットを受け取ることになります.


★航空券

2015年7月に参戦を決めた時に,航空券もいろいろ調べて,
関空出発ドイツ(フランクフルト)乗換ルフトハンザでの往復に決めて,
ルフトハンザのサイトで予約して座席も決定していました.

2016年1月にコンサートが1年延期になりましたので,その時点で航空券キャンセル.
所定のキャンセル料(3万円位だったかな?)がかかりました.

で,2017年3月4日に向けては,航空券手配しないまま様子を見ていました.
行く気半分行かない気半分でした.
2016年11月4日に,20年ぶりのアルバムについて何の変化もありませんでしたので,
もう完全に行く気はなくなっていました.
ですから,その時点でもまだ航空券の確保はしていなかったです.

2017年1月,Toshlの新年ミクニライブの後,
やっぱり行こうかなという気になり,それから航空券を調べましたが,

・関空→フランクフルト→ヒースロー

往路は取れるのですが,帰路は何故かダメで,

・ヒースロー→ミュンヘン→羽田→関空

というルートならば取れるので,仕方なくそのルートに決定し予約.
座席も選び放題で好きな場所(通路側とか通路側とか)を予約しました.
その後も,航空券に関しては,困ったことは何もありませんでした.
ルフトハンザは日本語メールで親切な案内をしてくれましたし,
搭乗23時間前には日本語メールでチェックインが始まり,
スマホでポチポチ入力したらそれでチェックイン完了.
搭乗券がスマホに届きました.
そして,何番カウンターに来いとか,乗り継ぎゲートが何番に変わったぞとか,
全部メールで連絡くれました.いい時代になりました.

で,当日適当な時間に指定されたカウンターに行って,
パスポートと預け荷物出したらそれで終わり.

帰路も同じ要領でしたね.
もっとラッキーだったのが,帰りのヒースロー空港ルフトハンザカウンターに,
日本人の係員がいて,すっごく親切に乗継案内してくれたことです.
(関空に行くのに何で二回も乗り継ぎまんねん?という感じだったかな?)

で,往路はフランクフルト乗継で,手荷物検査が非常に厳しかったのですが,
帰路のミュンヘン乗継は,手荷物検査ありませんでした(^^;
往路はイギリス行きだから厳しかったのか,
帰路は日本行きだから緩かったのか,
その辺は分かりませんが,ミュンヘンの空港は,ビールのカウンターとかあって,
飲める人は楽しいだろうなと(^^;


★ホテル

ホテルは,2015年7月に,ウェンブリーアリーナ近くのホテルを予約.
その時は,何故かヒルトンが凄く高かったので,ホリディインにしました.
2016年1月に,コンサート延期を受けてホテルもキャンセル.
キャンセル料はかかりませんでした.

その後,行く気半分行かない気半分の頃に,
とりあえずホテルは押さえておこうかなと思って再度ホテルを探してみたら,
ヒルトンの値段が下がっていまして,ホリディインとほとんど同じ値段になっていました.
じゃあ,やっぱりヒルトンよね.会場の隣だし.
ということで,ヒルトンを予約.
予約の時点でカードで支払いも完了で,名前等も登録しますので,
当日ホテルにチェックインする際は,パスポート出すだけで済みました.

ですから,ホテルに関しても別に特に困ったことは何もなかったな.と思います.
ただ,フロントの人も,とにかく早口(に聞こえる)なので,
何言ってるか全然分からないです(^^;
多分,朝食会場のことを言ってくれているんだろうなとは思いましたが,
訊き返すのもアレですので,「分からないわ.でもいいわ」と言ってそのまま(^^;

そして,このホテルは,出たところにタクシーがいないんですね.
これは困ったな.帰りには呼んでもらわないといけないな.
じゃあ,言わなきゃいけないな(^^;
と思いまして,タクシーを呼んでくださいという丁寧な言いかたを,
念のためにネットで調べて,それを紙に書いて,
チェックアウトの時にそれをフロントの人に見せながら読みました(^^;

すると,フロントの人は,

「わー!こいつ,このレベルの奴だったんだ!」

という顔になりまして,
それからは(短い間ではありましたが)非常に簡潔な表現でゆっくりと,
身振り手振りも交えて,

「わかった」
「どこまで行くんだ?」
(電話かける)
「5分待て」
「そこに座って待て」

と,完全に態度が変わりました(^^;
ちなみに,行き先「Paddington」も紙に書いて事前に準備していました(^^;


★タクシー

で,やってきたのが「ミニキャブ」だったんですね.
行きはパディントンから「黒タクシー」に乗りましたが,帰りは「ミニキャブ」.
大丈夫かな?と思いましたが,ヒルトンが呼んでくれたタクシーなので大丈夫なのでしょう.

そして,ヒルトンからパディントンには,15分位で到着しました.
行きにパディントンからヒルトンまで乗った道とは明らかに違う道でした.
行きは30分以上,40分位かかったかも知れないです.混んでいる下の道を行った感じ.
料金は,行きはメーターで40ポンド.帰りは言い値で25ポンド.
もちろん帰りの方には多めにチップを付けましたが,
行きのタクシーって,あれは何だったんだ?(^^;と.


★ヒースローエクスプレス

空港からパディントンまで往復利用しました.
15分ノンストップで快適に移動する列車でしたが,
地下鉄なので外が何も見えないのが残念でした.

事前に日本で電子チケットを購入していましたので,
そのまま乗車して,改札に来た車掌にそれを見せてそれで終わり.
簡単な乗り物でした.


★買い物

買い物に行く時間は全くありませんでしたので,買い物は帰りの空港のみです(;_;)

帰りにヒースロー空港で,まず朝ごはんを食べて,
それから,職場へのお土産(お菓子など)を買って,
それでも現地通貨が残ったので,適当に買い物を.
レジで現地通貨全部出して,「足らない分はこれで」と言ってカード見せたらそれでOK.
どこに行ってもそれで現地通貨使い切ります.
そして,今も私の身の回りにある,何気なく買ってきた変なボールペンとか,
変な柄のストールとかを見ると,
あぁワタシは本当にロンドンに行ってきたんだな.と思います.


★VIPパッケージのチケット

コンサート当日にVIPパッケージで受け取った3枚目のチケットは,
なんと,アリーナ最前列でした.

ステージがあって,中継用の機材とがが入る大きな通路があって,
そしてフェンスがあって,そして座席があります.

最前列の人は,そのフェンスまで行っていいんですよね?
席からフェンスまで結構離れていました.推定1.5m.
ですから,自分の荷物をまとめて括りつけて自分の座席の下に押し込んで,
もちろん貴重品だけは身に付けて,
そして,何を持ってフェンスの所に行こうかと考えたのですが,
(ネコ耳は却下.ちょっとでも頭動かすとズレるので)
持ってきた「青い薔薇ペンライト」は,何故か灯りが点かなくて,
じゃあ,やっぱりコレよね.またコレの出番だわ.

ということで,ウェンブリーアリーナ最前には,このコが一緒に.
画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 93
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた
3/4 WEMBLEY -11- Blue verse/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる