Blue verse

アクセスカウンタ

zoom RSS 「奇跡の夜6days」無事終了

<<   作成日時 : 2017/07/18 15:52   >>

ナイス ブログ気持玉 128 / トラックバック 0 / コメント 0

お天気にも恵まれた一週間でした。

私は、新横浜から始発の新幹線で大阪に帰りました。
新横浜からの始発は、「のぞみ」ではなく「ひかり」でしたね。
新大阪から職場に直行。定時に間に合うか微妙なところでしたが、数分の遅刻となりました(^^;

新幹線の中で、昨夜の「としちゃん」「ヨッチャン」をTSで見ながら帰りました。
今日、YOSHIKIとSUGIZOはレコーディングなのですね。
PATAとHEATHはいいのかな?
Toshlの歌録りは終わったと言っていましたよね?
じゃあToshlは、打刻かな?(^^;


ということで、まずは全体を通した感想をざっと(^^;

私は、楽曲として今回一番良かったと感じた曲は「I.V.」でした。
ストリングスもピアノも素敵でした。
それに絡むPATA・HEATH・SUGIZOの弦もかっこよかったです。
Toshlのボーカルは、この曲に限らず全部良かったですけれども(^^;

「Forever Love」「Tears」は、YOSHIKIがピアノを弾く曲ですので何の違和感もなく。
ただただ、ボーカルの「美声」にうっとりと(^^;

「Kiss The Sky」は、今回初めてお披露目の部分もありましたが、
そもそも本来はロックの激しい曲ということで(^^;
Toshlが拳を突き上げて歌っていた部分が印象的でした。

HEATHソロとPATAソロは、日を追うごとにかっこよくなっていって、
ソロコーナーでこんなに盛り上がったことって、今まであんまりなかったんじゃないかなと。

「Drain」は、マイクスタンドがHIDEに見えました。
”としくん、そんなに振り回さないでよ目が回るよ”
と言いながら、すっごく喜んでいるHIDEの姿が見えたような気がしました。

SUGIZOのバイオリンは、今やX JAPANに欠かせない大きな存在になっていますよね。
ギターだけでなくバイオリンだけでなく、一番頼もしいのが、
「物言える後輩」
というところであったりもします。
今頃YOSHIKIにビシバシ言っているのかな?(^^;

「Silent Jealousy」は、YOSHIKI以外の4人で。
この曲は6日連続固定で。
ファンみんなが大好きなサイジェラ。ToshlもSUGIZOも大好きだと言っていたサイジェラ。
さて、YOSHIKIがこの曲に参加出来る日が来るのかな?(^^;

YOSHIKIのピアノソロ。6日連続「白鳥の湖」。
ストリングスとのリハーサルの関係もあるのでしょうけれども、
今回は白鳥さんだけでしたね。月光はやりませんでした。
6日着続けたYOSHIKIの白い衣装を見ながら、6日弾き続けた白鳥の湖を聴いていて、
何となく、これは白装束(死に装束)なのだな思いました。
白鳥になりきって白い服とか、巫女の白装束とか、切腹の時の白装束とかも考えましたけれども、
単に、このまま死んでしまうかも知れないから、
死に装束を纏って毎回ステージに立った。

そういうことだったのだなと思いました。
これしかないのね。とか、着た切り雀で可哀想。とか思ったワタシを叱ってやりたい。

「Miracle」は、魅力溢れる若い巫女さん登場という感じでした。
彼女が8月のDSにも出演するとのことですので、
それならばぜひぜひ、「ROSA」も歌ってほしいなと。
彼女ならば「ROSA」の最高音もライブで歌えますよね。

「La Venus」は、YOSHIKIクラシカルでもやっていましたから違和感ないバージョンですね。
ドラムの力強い部分は他の楽器が補ってくれていましたし。
この曲の「world」の歌い方が、今回変わったかなと思いました。
以前は、SONGSとかウェンブリーの辺りでは、
吐き捨てるような荒々しい歌い方に聞こえた時もありました。
でも今回、特に大阪では、包み込むような温かい感じで、
横浜後半では、それの途中打ち切りバージョンのような感じで。
「世界」が、また何か変わったのかな?と思いました。

「Hero」は、今回のコンサートにおいて、
YOSHIKIの中で重要度がどんどん増していった曲なのだろうなと思いました。
直前のMCで、曲に絡めて自分の今の気持ちをきっぱりと語り始めてから、
横浜3日目4日目のToshlのボーカルは、YOSHIKIのその気持ちが乗り移ったような、
過去にはToshlにもそういう気持ちがあっただろうし理解出来るし、
今YOSHIKIが歌うんだったらこう歌いたいだろうなというような、
なんか、そんな不思議な感じがしました。

この曲は、2014年春のYOSHIKIクラシカルの頃にViolet UK(ケイティ)で世に出ました。
その後、8月にはX JAPANで新宿でビデオ撮影していますし、
10月のMSGでも演奏していますが、
それらはもちろん、今回のYOSHIKIの「手術前」の話です。
だから、曲の意味が、この曲も変わったんですよね(^^;

次は「Without You」。
この曲は、Toshlの声が掠れて他の曲は客席丸投げの日でも、比較的しっかり歌っていましたよね。
この曲は、Toshlしか歌えない曲ですからね。
Toshlが変な星に行ってしまったので10年間封印していた曲ですから。

この曲の間、スクリーンに流れる映像が、初日と初日以降で全然違いました。
初日バージョンも私は結構好きでしたが、初日以降バージョンでは、最後の方、
まだ楽しかった時代のYOSHIKIとTOSHI(+X JAPANのメンバー)で終わっているんですよね。
HIDEに捧げる曲として作られたのに、いつの間にかTAIJIにも捧げることになっているし、
ラストライブでの花道ハグとかMSGでの花道ハグではなく、
1993年1994年1995年辺りの映像。まだTOSHIが変な星に旅立つ前の映像。
その映像を、歌い終わったToshlは後ろ向いてじっと見ているんですね。

「紅」。冒頭はHIDE映像から。
そして、X JAPANバージョンではなくYOSHIKIとToshlとストリングスの「紅」。
この曲は、HIDEがXに加入する前からあって、一旦お蔵入りしかかっていて、
HIDEが入って「紅やろうよ」ということで、アレンジ変えて今に至っているのですよね。
その曲を今回、またアレンジを変えて、HIDEに聴かせている。そんな感じがしました。

「Art of Life」。この曲が作られたのは、1989年、渋谷公会堂で倒れた時でしたよね。
この時も「Wanna live」でしたよね。
で、この曲で印象的だったのが、
YOSHIKIが一人でばんばんピアノ弾いているところにToshlが戻ってきて、メンバーが戻ってきて、
Toshlが歌い終わり、弦の音が止み、そして最後にピアノで終わる。
これ、やりたかったのだろうなと(^^;
この部分だけで二つ、やりたかった(であろう)ことが叶いますものね。

一つは、「The Last Song」の終わりの、メンバー一人ずつ去って行って、
後にはピアノを弾いているYOSHIKIが一人寂しく残る。
という酷いアレの続きで、
YOSHIKIのもとにToshlが戻り、メンバーが戻り、再び歩き出すという感じ。

もう一つは、やっぱり、バンドバージョンの「Art of Life」では、
YOSHIKIがお先に演奏終えて力尽きて横たわり、
Toshlの最後の絶唱を寝ながら聴くというジレンマ(^^;
最後に残るのはオレだってば。という感じ(^^;

さて、まだありますね。
仲良し4人のアコースティックコーナー。
このコーナーは、Toshlのニコニコ笑顔がもの凄くて(^^;
そりゃあそうですよね。だって、横でHEATHがリズムしっかり支えてくれるし、
PATAとSUGIZOがギターの難しい部分はもちろん弾いてくれるし、
と言うか、Toshlに合わせて弾いてくれるし、
ギター持って楽しく歌うToshl。ソロではあそこまでの笑顔は見れないぞと(^^;

で、仲良し4人組の後、ストリングスの着席を待って「SE.World Anthem」。
これ、最初の日はちょっと時間が開いたと思います。
ストリングスの着席だけでなく、メンバーの着替えとかありますから。
でも、2日目頃から、間髪入れないようなタイミングでSE流れるようになりましたよね。
4人で楽しそうにやっているのを見ているYOSHIKIが、早く出たくて流している感じがしました。

「I.V.」「Longing」「ENDLESS RAIN」。
今回のツアーで、「Longing」が大出世という感じ。

ざっとはこんな感じ。
今は大阪大雨です。いんざれーん。という感じ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 128
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた
かわいい
「奇跡の夜6days」無事終了 Blue verse/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる