Blue verse

アクセスカウンタ

zoom RSS 7/12 奇跡の夜2日目 -4-

<<   作成日時 : 2017/07/20 22:19   >>

ナイス ブログ気持玉 69 / トラックバック 0 / コメント 0

開演 19:40 / 終演 22:35

前日より30分巻いて開演(それでも予定より40分押し

私は,この日大阪2日目はVIPパッケージで入場.
1日目は普通のS席でしたが,席番は列も行もヒトケタでした.
要するに,VIPパッケージの外側のごくわずかの「白い」部分の席でした.
通路を隔てて真横の人は(VIPゴールドのエリアなので),ゴールドのおみやげを持っていました.
だから,席運良すぎるわよねと思いながら,感謝しつつ,
1日目夜は,端の方からピアノ弾くYOSHIKIの背中を見ていました.

で,大阪2日目は,前回2015年12月のX JAPAN大阪城ホール公演VIPパッケージと同じ席でした.
前から3列目中央.Toshlの水置き場の前.
という,ピアノのYOSHIKIの顔も凄く良く見える席で,
しかも私の前の人もその前の人も着席で,非常によく見える席でした.
ただ,前過ぎて映画の画像は荒かったですね.そんなのどーでもいーですけど(^^;

ということで,前回,この席に座った時は,ワタシはToshlの足ばっかり気になって,
2015年X JAPAN日本ツアーのワタシの日記は,
ほとんどToshlの足レポで始まり足レポで終わったという,
記憶のかけらに描いた薔薇は全てToshlの足だったのですが,
今回はどうかな?と,不安が少しは頭を過ぎりました.


あぁここまで書いたら脱線したい(^^;
激しく脱線したい(^^;
脱線して今回の足レポ書きたい(^^;


でも,がまんがまん(^^;足レポは最後に(^^;

で,

=====
01.Forever Love
=====

神声の「Forever Love」.
1曲目は前夜と違って,YOSHIKIのピアノイントロ,そしてToshlの歌から始まる「Forever Love」.
YOSHIKI「伴奏」の「Forever Love」.
Toshl絶好調の「Forever Love」でした.
丸投げも一切なかったと思います.

演奏中は静まり返る場内.
終わってから拍手.そして声援.鳴り止まぬ声援という感じ.
「としとしとしとし」という感じ.

=====
MC:

YOSHIKI:
みんな,元気?
今日はいつもと違った感じのX JAPANなんだけど,

(YOSHIKIの顔がくしゃくしゃになっている)

YOSHIKI:
Toshlの歌声が素晴らしすぎて,

Toshl:
いえいえありがとうございます.
泣いてるの?感動しちゃったの?

YOSHIKI:
1曲目で感動したの.
(顔くしゃくしゃ)

Toshl:
僕の歌で?

YOSHIKI:
曲もいいんだよね.

Toshl:
曲もいい.曲がいいからですよ.

YOSHIKI:
ボーカルがいいから曲の良さが,

Toshl:
何褒めあってるのよ.
=====

という2日目の幕開けでした(^^;

そして,1曲目でYOSHIKIを泣かせた歌声は,2曲目「Tears」も絶好調.

=====
02.Tears
=====

最後のYOSHIKIのブツブツは,二行よりは増えました.
前日は忘れていたのか?わざとなのか?

=====
03.Kiss The Sky
=====

前日と同じように,SUGIZOのバイオリンから入るバージョン.
でもピアノとか(ストリングスも?)細かい部分はバージョンアップされた感じでした.

このファンの「うぉうぉ」は何の時間だったのでしょう?(^^;
まさかまだレコーディング?(^^;
それともYOSHIKIのリハビリのため?(^^;

この曲が,形となって出た時に,Toshlの声がどのように加工されているのか分かりませんが,
今回のコンサートは,本当に,Toshlの生歌・生声を堪能することが出来たコンサートでした.

=====
HEATH solo
PATA solo
=====

HEATHソロでは「Standing Sex」のフレーズが少し.
PATAソロでは「Desparete Angel」「CELEBRATION」のフレーズが少し.だったと思います.
そしてToshl登場.

=====
Toshl:
ここからはロックで行くぜ.
いけるかー.いけるかー.おまえたちのなにわ魂見せてくれー.

04.Drain
=====

お客総立ちでキャーキャー言いながら歌いながら踊りながら(?)「Drain」.

大阪城ホールは花道ありませんでしたから,Toshlが走ることもなく,
歌声で魅せてくれた大阪公演でしたよねやっぱり.

=====
Sugizo solo
=====

SUGIZOソロ.この日は「Love Replica」.
SUGIZOがバイオリンを奏でている後ろではToshlが準備.着席してアコギ持って.

=====
05.Silent Jealousy
=====

4人着席での演奏でしたので,ワタシの周りもワタシも座っていましたが,
これぞ,聴き惚れるアコースティックライブという感じでした.

Toshlが,お客に歌ってほしそうな素振りを見せるところにはコーラスで参加.
それ以外はToshlの声とメンバーの生演奏を一音一音味わうという感じでした.

=====
YOSHIKI solo
=====

YOSHIKI入場からのピアノソロ.
この日は,ピアノを弾くYOSHIKIの顔が肉眼で見れましたので,ずっと見ていましたが,
「白鳥の湖」の間は,ほとんどずっと目を閉じていたと思います.
譜面も置いていませんでしたし.

・白鳥の「白」
・巫女の「白」
・切腹の「白」

この他にもありましたね.
ワタシも持っていますが,

・お遍路の「白装束」

どこで死んでもいいように,死に装束で行ったんですね(昔は

=====
06.Miracle
=====

ボーカリストに光を当てるのではなく,
ピアノごとYOSHIKIに光を当てる照明.
YOSHIKIに「奇跡が起こりますように」祈りが届きますようにという曲.
この曲を聴く時は思わず両手を合わせてしまいます.
ワタシは仏教なのでお数珠が要るかしら?という感じ.

=====
MC:

YOSHIKI:
(アーシュリーの紹介)
(5ヶ国語,英語,フランス語,イタリア語,ドイツ語,ロシア語出来るとのこと)
(香港,カーネギーで共演した話)

YOSHIKI:
大阪の人?

(お客:「はーい」←意外と少ない)

YOSHIKI:
大阪以外の人?

(お客:「はーい」←こっちの方が多い)

YOSHIKI:
ダメじゃん大阪負けてるじゃん.
日本以外の人?

YOSHIKI:
Toshl待ち.
=====

この時間帯はずっとこんな感じでしたね.「Toshl待ち」
YOSHIKI入場から白鳥の湖からMiracleからアーシュリーとのMCまで15分位かな?
その間がToshlの休憩時間(と言うか,鍼か何かのケアの時間でしょうね)とのことで,
病人に場を繋がせるなんて.と言いながら「Toshl待ち」

「ダメじゃん大阪負けてるじゃん」でシクシク(;_;)

=====
(Toshl登場)

Toshl:
場繋ぎありがとう.YOSHIKI大丈夫?

YOSHIKI:
つま先で立つといいらしいよ.聞いた?長い時間座ってたらよくないんだって.
トレーニングする時,重い物持っちゃいけないんだって.
100kgで10回やるよりは,10kgで100回やった方がいいんだって.知ってた?
=====

いや(^^;今更「知ってた?」と言われましても,
YOSHIKIはそんなことも知らずに闇雲に筋トレしてたんですかい?
と,Toshlの顔にそう書いてあったような気がしました(^^;

=====
Toshl:
大阪の人って,少ないよね?

YOSHIKI:
なに?その少ないって?

Toshl:
「大阪」って言ったら「大阪府」だけでしょ?

YOSHIKI:
あ,そう.

Toshl:
「関西の人」?とかって訊かないと.

YOSHIKI:
関西の人?

(お客の多くが「はーい」)

YOSHIKI:
さすがじゃん.そういうことだったんだ.

Toshl:
そういうことそういうこと.

YOSHIKI:
関東の人?

Toshl:
少ないでしょ?

YOSHIKI:
横浜アリーナが待ってるから.
=====

そうですね.そうでないと,ツアーの意味が薄れますものね(^^;

でもToshlは,楽屋で(鍼打ってもらいながら?)YOSHIKIのMCちゃんと聞いているんですね.

=====
Toshl:
でもやっぱり大阪いいね.

YOSHIKI:
いいね.

Toshl:
「大阪で生まれた女」弾こうとしたでしょ?

♪大阪で生まれた女(YOSHIKI,ピアノぽろぽろ)

Toshl:
弾けるんだ?

♪大阪のまちは〜
♪大阪で生まれた女やけど
♪あなたについてゆこうと決めたんやで

YOSHIKI:
こんな感じだったでしょ?
何でも弾ける.凄いでしょ.
=====

だって,この曲,やってますもん(^^;

★2014.6.17「#Yoshiki Classical WORLD TOUR PART1 in OSAKA / The Symphony Hall」

この公演で,ご当地ソングとしてYOSHIKIはピアノ弾いています.
Toshlは,

★1991.10.29「Extacy summit / 日本武道館 」

この公演で,「トシ出山とジュテーム百太郎ズ」というユニットでこの曲歌っています.
=====
Toshl:
じゃあ次の曲いきますか?

(以下ぐだぐだとトーク)

Toshl:
ライブでちゃんとやるのは初めてですよ.

YOSHIKI:
ウェンブリーでやったじゃん.

(言い訳ぐだぐだ)

Toshl:
日本では初めて.ということで初披露の曲.「La Venus」.

07.La Venus
=====

(コンサートでは)本邦初公開の「La Venus」.

Toshlは,ウェンブリーのことは忘れちゃったのでしょうかね?(^^;
その後の,今回のツアーに向けての準備が過酷過ぎて,
ウェンブリーのことは忘れちゃったのかな?

大阪1日目は,この場面では「Angel」でしたから,確かに2日目が初演ですね.
ウェンブリーやその前後のテレビ出演(SONGSとか)の印象とちょっと違いました.

最初の「world」が,まず違う感じ.
やさしく暖かい包むような愛おしむような「world」.
二回目三回目の「world」は,ファルセットのような抜いたようなリハーサルのような怪しい「world」.

SONGSで聴いたような激しい「world」ではなく,
心境の変化により「世界」が変わったのかな?と思ったような「world」.

最後の「tonight」は,甘くやさしく,枕はイエスという感じ.

=====
MC:

YOSHIKI:
みんな何が聴きたい?

(YOSHIKIグダグダトーク)

YOSHIKI:
他に何が聴きたい?
「Hero」か.

Toshl:
「Hero」やりたいの?

YOSHIKI:
新曲の中でも中心になる曲だよね.

Toshl:
凄いいい曲だよね.
=====

という程度のことしか,大阪では「Hero」については言いませんでした.
「Hero」が化けるのは横浜に行ってから.

=====
YOSHIKI:
「Kiss The Sky」もよかったね.
まだリリースしてないのにみんな歌覚えちゃったね.

Toshl:
レコーディングレコーディングってみんな何回も歌わされて,いつ出るんだこのやろうって.
=====

ここから,今回のToshlはちょっと強かったかな?やっぱりヘタレだったかな?

=====
Toshl:
実際どうなんですか?
はっきりしましょうよ大阪のみなさんの前で.
どうですか?

YOSHIKI:
Toshlのパート全部終わっているよね.

Toshl:
それ聞いたの18回目位.相変わらず僕レコーディングスタジオに呼ばれてますけどね.
=====

ひとことふたこと残っているから呼ばれる.と.

単に,Toshlの生声聞きたくなって呼び出すのでは?(^^;

=====
Toshl:
確かに凄いアルバムになってるよね.本当に凄いと思う.

YOSHIKI:
じゃあそのアルバムの中から「Hero」を.

08.Hero
=====

のびやかに堂々と.
甘く融ける声.美声というか何とも言えない声.
高いところは敢えてファルセット.
それよりも声の伸びを重視という大阪2日目のHero.
でも,内に秘めた静かなHero.

=====
MC:

YOSHIKI:
今回アコースティックという趣旨になってしまったけど,
みんな来てくれて本当にどうもありがとうございます.

(Toshlとは4歳の時に出会って〜いつもの昔語り
(頸の手術の遺書を書く時に当時の思い出が鮮明に

今バンドを続けられること,心から感謝します.
次の曲は,今はいないけど,心の中では一緒に演奏しているTAIJIそしてHIDEに捧げます.

09.Without You
=====

切ない声.この声は宝物という声.完璧な歌唱というか表現力.
映像は,DAHLIA tourの,洗脳前のトシで終わっています.
歌が終わってからが長くて,その間,映像をToshlは後ろ向いて見ていて,
YOSHIKIはピアノ前に座ったままじっとしていて,最後にピアノぽろり.

YOSHIKIの中では,TAIJIが去り,TOSHIが去り,HIDEが去り,
TAIJIとHIDEは永遠に去ってしまったけれども,
Toshlが帰ってきて,
いろんな思いがぐるぐるする曲なのだろうなと思います.
でもこの曲をToshlは,2015年日本ツアーの時にはギャン泣きでしたけれども,
もう今は落ち着いて,
Toshlにしか歌えない歌だから,泣くよりもしっかり歌おう.という,そんな感じ.

間髪を入れずに次の曲.

=====
10.紅
=====

The Last LiveのHIDEのギターから.
HIDE映像に向かい合う形で歌うToshl.
VJSの1日目は,この形で号泣でしたが,今回は泣かずに映像見つめながら.

HIDE映像の次は,YOSHIKIのピアノに合わせて「紅」.
適度に客席丸投げしながら哀愁帯びた「紅」熱唱.

そして,ここも間髪入れず(MCも休憩も挟まず)次の曲.

=====
11.Art of Life
=====

最初はピアノだけなので,YOSHIKI以外のメンバーは一旦退場.
何となく,ピアノ演奏はウェンブリーより良かったと思います.
やっぱりウェンブリーの時は,演奏に支障をきたすボロボロだったのだなと.
今は,痛いのは痛いのでしょうけれども,
一音一音凄く慎重に弾いている感じがしましたけれども,
でも,ウェンブリーの時より悪くなってなくて,むしろ良くなっているんじゃないかなと.

Toshlが出てきて最後の部分を歌い始め,
メンバー出てきて最後の部分の演奏を.

一人でピアノを弾いていたYOSHIKIのところにメンバーが戻り,
また一緒に人生を続けていくよという感じ.
倒れながらも前に向かうX JAPANという感じ.

最後は誰も倒れず,
一旦全員退場して次のコーナーへ.
ここは数分空きましたが,日に日にその間は少なくなったと思います.


今回もここでぷっつん時間切れ(^^;


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 69
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い 面白い
かわいい
7/12 奇跡の夜2日目 -4- Blue verse/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる