Blue verse

アクセスカウンタ

zoom RSS 「奇跡の夜6days」余韻

<<   作成日時 : 2017/07/22 22:29   >>

面白い ブログ気持玉 91 / トラックバック 0 / コメント 0

帰って来てからどっと疲れが出ました寝込んでいます(^^;

でも簡単に振り返ります.印象に残った場面φ(.. )


★大阪1日目:

初日は,すべてが新鮮でした.
でも,後になって振り返ってみると,やはりコレ↓です.

・「Voiceless Screaming」

最終日にも演奏されましたが,初日のコレは,期待はしていましたけれども不意打ちでした.
しかも,ギターではなくYOSHIKIがピアノでという内容にもびっくり.

・「Angel」

私はToshlの「Angel」を聴くのは多分初めてで,聴き入りました.
いい曲だと思いました.この曲も,このバージョンではなく,
映画「We Are X」の中に少し入っていた,あのドラマティックなバージョンで,
アルバムには収録されるのだろうなと思うと,アルバム楽しみで..(棒読み

・「Without You」の時の映像.

これが,初日だけ他の日と全然違いました.
2〜6日目も,細かい変更はあったかも知れませんが,1日目は全く違う内容.
この初日の映像も印象に残っています.

で,2日目以降は,「Voiceless Screaming」が「Longing」に,
「Angel」が「La Venus」に変わってそのまま.

「Longing」は,今回とっても大きな曲になりましたし,
そもそも「We Are X」ツアーですから,
映画主題歌の「La Venus」をやらないわけにはいかないでしょうし,
振り返ってみると,ちょっとこの日だけ異質だった緊張の初日.よかったですとっても.

★大阪2日目:

この日は,ワタシは今回の6公演の中で最もステージが良く見える席でした.
でも,今思い出しても,映像的にはあまり思い出せません.
Toshlの素晴らし過ぎる歌声はしっかり耳に残っていますけど.
だけど,コレ↓はしっかり見たぞと.

・「Forever Love」の後のMCの時のYOSHIKIの顔

Toshlの歌声に感動して,ということで,本当に泣いていました.
顔がくしゃくしゃになっていました.あれはびっくりしました.

・「白鳥の湖」の時のYOSHIKIの顔

ほとんど目閉じてピアノ弾いていました.
ワタシ,実は今までずーーーっと,X JAPANのコンサートで,
なんで「白鳥の湖」やるのかな?と不思議に思っていました.
でも,今回,この曲を弾くYOSHIKIの顔を見ていたら,
特に今回はYOSHIKIのリハビリコンサートなので,
この曲は大きいのだなと,何か妙に納得しました.

・「会場を隅々まで見つめるToshlの顔」

ワタシ,真下の3列目からToshlのお顔を見上げて見ていました.
Toshlの視線は,スタンドを隅から隅までずずずいーーーっと.

・「Longing」の時のToshlの顔

本当に泣いて歌えない状態でした.サングラスに涙が溜まるという位.
2014年9月30日の「Endless Rain」が,こんな感じだったと思います.

・「最後にYOSHIKIのおじぎ」

1日目は,確かなかったと思います.
2日目以降は毎回あったと思います.


★横浜1日目:

この日は,センター20数列中央ブロック.比較的よく見える場所でした.
でも,何か変な場所でした(^^;
横の人達とか,後ろの人達とかが,友達同士お二人で来られている人達が,
曲の間もMCの間も全然関係ないお喋りを続けているという(^^;
何とも気が散る場所でした(^^;

・「走るToshl」

「Drain」の時に,Toshlが走りました.
それを,走り始めからずっと見ることが出来ました(^^;

後から,今回の物販のToshlのDVDのロンドンビデオを見て,
ウェンブリーでも車椅子を使っていた姿を見て,
やっぱり,足は治ったわけではないのだなと思いました.

それなのに,元気な姿を見せてくれたと言うか,見せてくれたのですよね.


★横浜2日目:

この日は,前日より3列後ろ右ブロック中央寄り.前日よりよく見える席でした.
だけど,この辺から(ワタシが)疲労蓄積で,あまり覚えていません(^^;

・「Toshlのイヤリング」

「La Venus」から,左の耳にイヤリングが付いているのを確認(^^;

何か,こーゆーのを読んだことがあったような気がしましたので,
ぐぐってみましたφ(.. )

結果,どひゃー(^^;知りませんでした全く知りませんでした(^^;

=====
(検索「yahoo知恵袋」より)

左耳のみ(男性)はストレート、右耳のみ(男性)ゲイ、両耳(男性)バイセクシャルという判断を外国では多くされます。 日本で意味を分かってやっている人が少ないので、逆に勘違いをされる可能性があるので、注意してください。 女性の場合も、左耳のみだとレズビアンと思われる場合があるので、気をつけてください。
=====

Toshlの真似して左耳だけにするところでした(^^;危ない危ない(^^;


★横浜3日目:

この日は,前日より3列後ろ中央ブロック通路側.
結局,横浜1〜3日目はいずれも,センター20数列目という,
VIPゴールドの枠内のいわゆる「良席」でした.
しかも3日目は通路側でしたので,見晴らしは凄く良かったのですが,
ただ,ライブ始まっても席を探してウロウロする人がかなり大勢,
その通路を行き来していて,係の人に大きな声で場所聞いたりしていて,
初めの数曲はざわざわしていました(^^;
中には,チケットのダブルブッキング?というようなやり取りもありましたね.
VIPパッケージのお客が,「リハーサル」と「本公演」が同じ席だと間違っていたという(^^;
なるほどこういうこともあるんだなと(^^;

・「YOSHIKIのうぃあー」

日々過激になっていく「YOSHIKIのうぃあー」.
どこまでが(リハビリ的に)可で,これはどうなのかな?という場面はありましたよね.
ピアノに仰向けに寝て「うぃあー」は,
これは見てても危ないなと(^^;


★横浜4日目:

この日は,VIPプラチナ.3列目の端でした.
端ってどうなのよ?と,事前には,びみょーだなと思っていましたが,
実際に席に行ってみると,とてもいい感じでした.
左側が柵で,目の前に三角スペースがあり,ちょっと風通しも良くて.

だけど,やっぱり,いいことばかりではなかったですね(^^;
ワタシの目の前の席に,とっても大きな人が来て,完全に視界塞がれました.
何をどうやっても見えない状態.
なるほど,こーゆーこともあるのねと.これは仕方ないわと.

こうなったら,もう仕方ないので,
真横斜め上の花道にやってくるであろうメンバーをしっかりじっくり見よう.
と,決めて,じっと待っていました(^^;

まず,Toshlは,「Tears」の時に来てくれました.
でもToshlは,ワタシ達の方には全く目もくれず,
アリーナ席の方を真っ直ぐ見てそっちに真っ直ぐ行き,スタンド席に手を振って,
そのまま,ワタシ達の方には全く無関心でステージに戻って行きました.

HEATHが来てくれた時には,しっかり下界のワタシ達にも目線をくれて,
しかも微笑んでくれて,
笑顔をありがとう(;_;)大好きよ(;_;)
と,思いました.

PATAとSUGIZOも,花道にやって来た時には,
アリーナだけでなく,センターにもチラリと目線くれたと思います.

YOSHIKIが,こちら側の花道から登場してステージに向かった時は,
ただ単に,「近いな」と感じました.それが感想(^^;

思えば,最前列でも中央ブロックだと,WOWOWの機材とかいろんな関係で,
ステージと客席の間に結構広く空間取ってあるんですよね.
それが,この「花道」だと推定1メートル位.近いんですね.

で,Toshlです.Toshlが再びやってきました.「X」の時です.

その時初めて,下界のワタシ達の方を見てくれました.
この時は,花道のアリーナ側(右側)ではなく,
まずはセンター側(左側)の手すりに寄って来て,

そして,手すりに足を乗せて踏み込む感じ踏んづける感じ(^^;

・「Toshlの靴裏」

推定1メートル位の距離で,Toshlの靴裏見ました.
もちろん靴裏のついでに,Toshlの大腿も下から見ました.
ToshlのFacebookでは靴裏の色は赤でしたが,
ワタシが見た靴裏は,真っ白でした.
Facebookは写真ですけど,ワタシが見たのは生靴裏(^^;

踏まれましたという感じでした(^^;
いやこれはレアな体験です(^^;
いいですいいですこれで十分です(^^;

で,Toshlがこちら側の花道に来てくれたのは,これが最後でした.
(計2往復)
カーテンコールの時は,あちら側の花道だけでしたね.
Toshlが退場する方向があちら側でしたから,
こちら側まで来る足の力はもう残っていなかったのだろうなと今は思います.

でも,せっかくVIPプラチナで行っても,
位置的にも低い場所だから,
メンバーから見たこの辺の席って,
地獄に落とされた悪党のような感じなんだろうなと(^^;


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 91
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい
驚いた
「奇跡の夜6days」余韻 Blue verse/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる