Blue verse

アクセスカウンタ

zoom RSS 「奇跡の夜6days」◆MC7

<<   作成日時 : 2017/07/30 05:40   >>

ナイス ブログ気持玉 86 / トラックバック 0 / コメント 0

◆MC7は,「I.V.」の後ですね.大詰めです(^^;

PATA,HEATH,SUGIZOが引っ込み,YOSHIKIとToshlだけ残り,
YOSHIKI絶好調のすみれトーク(^^;

=====
・1日目

YOSHIKI:
みんな次,何聞きたい?
ちなみにさ,明日何の日か知ってる?
明日何だか分かる人?
そうなんだよね.明日TAIJIの誕生日なんだよね.
Toshl覚えてた?

Toshl:
はい.
=====

これって,誕生日の「前日」ではなく「当日」でも良かった話題ですよね?
でも,本当は毎日演奏する予定だったのか,
もしくは,一日でも早くとりあえずやってみたかったのか,
いろいろな意味で,大阪初日は緊迫感ありましたね.

=====
YOSHIKI:
そう言えば前,ToshlとTAIJIと曲作ったよね.

Toshl:
やるんですか?

YOSHIKI:
多分初めてだと思うよやるの.

Toshl:
YOSHIKIが弾くというのは当然初めてです.

YOSHIKI:
すげえ難しい.TAIJIをね,甘く見てた.間違ったらぶっ殺されそう.
今病人なんだから勘弁してくれよって.関係ねえよって.どう?

Toshl:
怖いです.

YOSHIKI:
やってみる?

15.Voiceless Screaming
=====

7月23日の「としちゃん」で,Toshlは,
「TAIJIのことを僕は,まだちゃんと受け止めてないんだよね」
と,言っていました.

私はこれ「TAIJIのこと」は,「TAIJIの死」よりもむしろ,
「TAIJIの脱退」にまで思いは遡るのだろうなと感じました.
YOSHIKIも,映画の中で,TAIJIの脱退(クビ)の理由は話せませんでしたし.

そう言えば,映画の収録(インタビューとか)の主要な部分が,
今から約2年前だと思いますが,この2年間で,かなりメンバー変わったと思います.

まず,PATAが病気で手術.
そしてYOSHIKIが頸椎悪化で手術.

この二つって,凄く大きかったと思います.

=====
・2日目

YOSHIKI:
叫んじゃいけないって今日は.
のどの真髄が痛いの.普通ののどが痛いのと次元が違うから.

Toshl:
のどの真髄が痛いのね?分かるよ.
我々は「We Are」やったらいけないよって言ってるのに,やってるのは自分じゃない?

YOSHIKI:
自業自得ってやつで.

Toshl:
これだけみんなに熱気浴びせられたらやるしかないよね.
よしきっちゃうよね.

YOSHIKI:
よしきるとこういうふうになるから気をつけた方がいいよ.

Toshl:
だって,今更ヘッドバンキングだめだって.

YOSHIKI:
かなり今更感あるんだけど.
やっぱりあまりよくないと思う.
みんな今後気をつけた方がいいと思う.

Toshl:
みんなそこまでは.でもひどい人いるからね.中にはね.

YOSHIKI:
今日何の日か知ってる人?

(会場:「TAIJIの誕生日」)

YOSHIKI:
TAIJIの誕生日だね.
(映画の中での墓参りの話)
ハッピバースディでも歌っちゃおうか?

♪Happy Birthday(YOSHIKIのピアノで)

(Toshlは歌いかけたがほとんど歌えず最初と最後のみ)

YOSHIKI:
TAIJIも喜んでるよ.今頃,「音程外してるんじゃねえよ」って.

Toshl:
「リズムが悪いんだよ」って.

YOSHIKI:
「タイミング合ってねえじゃん」って.
HIDE,TAIJI,そして今のメンバーがいないと僕らはこの場所にいないので,
本当にみんなに感謝します.そんな気持ちを込めてこの曲いってみようか.
何十年ぶりだろうね?

Toshl:
そうですね.

16.Longing
=====

「そんな気持ちを込めて」

ということで演奏されたのは,「Voiceless Screaming」ではなく「Longing」.
もちろん予定のセトリ通りだったと思いますが,
「傷つけあった言葉も〜」でToshlが歌えなくなりました.

直前のすみれトークの,

「音程外してるんじゃねえよ」
「リズムが悪いんだよ」
「タイミング合ってねえじゃん」

これらは,打ち合わせなしの,その場でのトークだったと思います.

そう言えば,以前に読んだ昔のインタビューの中で,
ライブ中に,歌っているTOSHIの所に,TAIJIがベースを弾きながら寄ってきたので,
「絡んでくれるのかな?」と喜んだTOSHIの耳に冷静なTAIJIの声,

「トシくん,音程ずれてる」

そういうのがありました(^^;確かにありました(^^;

YOSHIKIもToshlも,人並み以上にかなり凄くいい耳を持っていると思いますが,
その彼らに,ずけずけと上記のようなことを言ったのですから,
もしかしたらTAIJIは,彼ら以上にいい耳を持っていたのかも知れませんよね.

=====
・3日目

♪ギンギラギンにさりげなく(ピアノでYOSHIKIが突然)

(場内手拍子)

♪さりげなく生きるだけさ(ボーカルToshl)

Toshl:
ちょっと待って.譜面用意したの?
譜面用意したの?コピーしたの?アンコールの間に?

♪ギンギラギンにさりげなくそいつが俺のやり方(歌うToshl)
♪ギンギラギンにさりげなく生きるだけさ〜〜(最後シャウト)
=====

突然YOSHIKIがニコニコ笑顔で「ギンギラギン」を.
それに合わせて歌うToshl.
あれは何だったのでしょう?

=====
Toshl:
一番今日の中で疲れたよ

YOSHIKI:
疲れた?
他に何が聴きたい?
何でも出来るよ俺たち.
=====

「俺たち」

と言いました.Toshlドン引きです.
Toshlが,「あと3日あるよ」と言って逃げ腰でも,
YOSHIKIは,「今日最後のつもりでやるって言ったじゃん」とか言って,
「俺も今日は最後のつもりで叫んだ」とかも言って,
「リクエストいこう」ということでした.

=====
♪Unfinished(ピアノで)

(Toshl歌う)

YOSHIKI:
これね,マジで予定になかったよね.
奇跡の夜からいじめの夜に.

Toshl:
いじめられるの嫌いじゃないよ.
いじめられるの嫌いだったらYOSHIKIと40年も付き合ってられないよ.

YOSHIKI:
でも10年位ブランクがあった.

Toshl:
ブランクはあったけど,心では通じ合っていた.

YOSHIKI:
違う国に行ってた感じがする.

Toshl:
違う国というか違う次元ね.

YOSHIKI:
なんとか星みたいな.

Toshl:
そうそうそう.何星だっけ?

YOSHIKI:
洗脳星みたいな.

Toshl:
ありそうだよね.

YOSHIKI・Toshl:
冥王星,天王星,

Toshl:
コラッ!笑い事にするな.

YOSHIKI:
逆のいじめ.逆いじめだよ.

Toshl:
じゃあもっとこっち向かしてあげようか.

YOSHIKI:
頸から回らないって辛いよね.まあアイアンマンになったらそのうちもっと強くなるから.

Toshl:
頼むよ.早くドラム見たいよね.
やっぱりYOSHIKIのドラムは最高だよ.

YOSHIKI:
なんなのそれは.

Toshl:
このコンサートで元気付けて次へ向かってもらわないといけないからね.みんなも応援してね.

YOSHIKI:
じゃあみんなへの感謝の気持ちを込めてこの曲を演奏したいと思います.
=====

3日目(横浜1日目)は,
ギンギラギンからの,Unfinishedからの,洗脳星からのLonging.
この日は,この部分のMCでTAIJIのことには触れませんでしたが,
Longing一番は何とか歌ったものの,後半また涙で歌えなくなりました.

ここのMCでは,

・「ブランクはあったけど,心では通じ合っていた」

というのが,結構衝撃的でした.
赤い糸は切れてなかったということですよね.
「あなたを忘れられなくて」ということですよね.
しかもそれを,「通じ合っていた」ですから,
自分だけでなく,相手も同じ気持ちだったと確信しているという,
はっきり言ってのろけですよね.
こーゆーことを1万人の前でサラリと言うんですよね恥ずかしげもなく(^^;

・「やっぱりYOSHIKIのドラムは最高だよ」

結局Toshlは,6daysの中でYOSHIKIの「ピアノ」は一回も褒めず,
「楽曲」は何度も褒め称え,ここでは「ドラム」を.

・「洗脳星」

ここの部分,「違う世界」という言い方はしませんでした.
「国」とか「次元」とか「星」でした.
だから,La Venusの「world」は,
Toshlが行っていた「あちらの世界」とは違うのだろうなと何となく.

=====
・4日目

(「I.V.」の時,YOSHIKIがピアノの上に仰向けに寝て「うぃあー」)

Toshl:
大丈夫?今の.

YOSHIKI:
ちょっとやりすぎたかも知れない.

Toshl:
シャウトやりすぎたんじゃない?
ちょっと体勢がやばかったと思うよ.
=====

と言いながら,あの体勢,最終日もやりましたよね.

=====
YOSHIKI:
レコーディング遅れているのみんなのせいだね.

YOSHIKI:
なんでレコーディングがみんなのせいになるんだろう.
=====

SUGIZOのせいにしたり,みんなのせいにしたりはしますけれども,
最近は絶対,Toshlのせいにはしませんよね.
その辺りはYOSHIKI,懲りたのでしょうね.冗談では済まなくなりますから.

=====
YOSHIKI:
X JAPAN深夜のリハーサル多いよね?

Toshl:
本当は普通にやりたいんだけどね.

(VJSのリハーサルは当日朝までやったという話になり)

Toshl:
バンド自体は早く終わらせたいんだよ.でもしょうがないよ.

(ここから脱線.結局,)

YOSHIKI:
何事があっても無事に終わりました.
=====

YOSHIKIだけのせいではない「何か」の含みがある言い方でしたね.
機材トラブルか何かでしょうか?
でも,YOSHIKIの周りの機材が壊れるのはYOSHIKIのせいでしたよね.

=====
YOSHIKI:
何事どころじゃないよね.
波瀾万丈があって,
紆余曲折があって,
ちょっと洗脳もあって,
昨日何だっけ?
Toshlが違う星に10年間行ってたって話をしたの.

Toshl:
「水金地火木土天海冥」の後に,

YOSHIKI:
洗脳星.

Toshl:
「水金地火木土天海冥洗」

YOSHIKI:
そうね.笑えるようになったからね.
=====

「冥王星の代わりに作れば?」とか「ありそうだね」とか「コラッ!」とか.
この話題は,大阪ではありませんでしたが,3日目(横浜1日目)から最終日まで連日.

=====
YOSHIKI:
じゃあみんな何が聞きたい?
Longing?Toshlどうする?

Toshl:
昨日も一昨日もやったんだけど,まともに歌えないんだよこの曲.感動しちゃって.

YOSHIKI:
みんなに歌ってもらう?

Toshl:
うん.一緒に歌おうまたみんな.いい曲だねこれ.

YOSHIKI:
覚えてる?LAで俺が最初に聞かせた時に,「YOSHIKIこれすげえじゃん」って言ったの.

Toshl:
あ,本当?
何作っても僕凄いじゃんって言うじゃん.

YOSHIKI:
でもあの時は,もっと感情こもってたのよ.

Toshl:
本当に思ったのよ.

YOSHIKI:
まだ洗脳星に行く前だったから.

Toshl:
まだね,この地球上にまだいたのよ.

YOSHIKI:
また戻ってきたから,どうLonging?

Toshl:
凄いいい.やっぱり地球上で聴くといい.さすがだよ.
いろんなことが走馬燈のように本当にね,この曲はだめだわ.

YOSHIKI:
笑って泣いてんだか感動して泣いてんだかよく分からない.
でもとりあえず今日泣いてる俺.

Toshl:
じゃあ今日みんなと一緒に分かち合いましょう.
=====

「じゃあみんな何が聞きたい?」

と,まだリクエストを募っていましたが,
ここで「Longing」以外の曲を即興で挟む可能性はあったのかな?
「次の曲はLongingです」でもいいと思いますが,
まあ,YOSHIKIが何だかんだ言ってToshlと話をしたいのですね.
それでどんどん長くなるトーク.

「何作っても僕凄いじゃんって言うじゃん」
「でもあの時は,もっと感情こもってたのよ」

この曲の頃にいろいろありましたよね.
1994年12月「青い夜白い夜」で初公開,デモテープ配布の時は,
YOSHIKIもToshlも髪の毛切る前でしたし,
翌年8月シングルCDリリースの時のTV CMでは,髪の毛を短く切ったYOSHIKIの全裸映像.
別バージョン「切望の夜」はリリースが延びて,しかも暗いバージョン.

「いろんなことが走馬燈のように本当にね,この曲はだめだわ」

TAIJIは,この曲の頃にはもう脱退後何年か経っていましたから,
この「Longing」の時期は,Toshlは,事務所問題で人知れず苦しんでいた時かな.

この日の「Longing」は,最初から声が揺れていて,すぐに歌えなくなって,
ほとんどお客が「トシートシー」言いながら歌いました.
最後の「Cause, still I love you」はロングトーンでしっかりと.
YOSHIKIも泣きながらピアノ弾いていたかも知れないですけど,
演奏が途切れない限り,それは分かりにくいかと.

=====
・5日目

YOSHIKI:
X JAPANは,「紆余曲折」「波瀾万丈」がぴったりなバンドだなと.
本当にいろんなことあったけど,前に進んでこれてるっていうのは,
それをいつも支えてくれたみんなのおかげだと思っています.
こういう場に立てるというのは,本当に幸せです感無量です.
=====

「I.V.」終了直後のMCでYOSHIKIはまたしんみり発言.
YOSHIKIは,ピアノの場所のままですが,
Toshlは,少しでも間が空くと上手側のステージ奥に引っ込むことが多くなっていました.
飲み物だけならば,ステージ中央やや上手に「Toshlの水置き場」がありますから,
飲み物だけでなく,のどを冷やすためであったり,いろいろ大変なのだろうなと.

...と書いていたら,Toshlのインスタに写真アップ.
「ステージ裏のToshl用ブース」
ここに行っていたのですね.靴とかグローブの着替えもありますね.

=====
YOSHIKI:
Toshlどこ?よく周り見てないとどこから出てくるかわからないから.
Toshlどこ行った?あ,いたいた.
また,どっか,洗脳星に行っちゃったかと思った.
=====

何となく,笑いを取るような言い方ではなく,しんみり系.
YOSHIKIは,Toshlに,「もうどこにも行きませんよ」と言ってもらいたかったのかな?

そしてここで,TAIJIのお墓に行った時の話をYOSHIKIから.

=====
YOSHIKI:
TAIJIの墓に行った時覚えてる?

Toshl:
覚えてるよ.

YOSHIKI:
映画でも出てきたけど,平穏な日だったんだよね,のだやかな日.

Toshl:
のだやかじゃない.

YOSHIKI:
じゃあ何だっけ?なだやか?なめらか?おだやかな日か.
そしたら急に突風が吹いてきてね,
それで,「TAIJIが怒っているんじゃない?」ってその時話したんだけど,

Toshl:
そうだね.

YOSHIKI:
二人でシャンパン持って乾杯したんだけど,その時Toshlが言った言葉覚えてる?

Toshl:
何て言ったの?

YOSHIKI:
俺たちもいろいろあったねって言ったら,Toshlが,「でも,まだ生きてるから」.

Toshl:
そうだね.本当,そうですよ.

YOSHIKI:
本当にいろんなことがあるけどね,
HIDEのためにもTAIJIのためにも俺たちは頑張って生きていこう.そう思う?

Toshl:
もちろん.生きてればね,幸せを感じれるもんね.
こんな日が来ると思わなかったよね.
いろんな人の支えとか,みんなの力をいただいて,
人生で今,一番嬉しい日,を更新している感じ.そう思います.

YOSHIKI:
この前,大阪の二日目,この曲やったのね.
再結成してからこれ,1回やった?

Toshl:
ちょっと覚えてない.

YOSHIKI:
覚えてないの?東京ドーム3daysの時,1回やってなかった?やってないか?

Toshl:
僕地球上にいなかったからその時.

YOSHIKI:
じゃあ,地球上に降りてきてから初めてかこの曲.
その曲をやってみようと思います.
=====

「生きてれば,幸せを感じれる」
「こんな日が来ると思わなかったよね」

Toshlのソロコンサートでは,最近よく聞く話ですが,
こうしてYOSHIKIと一緒に,X JAPANのコンサートで話されると,
また違った思いが湧きあがってきます.

一人の人間として,自分を取り戻して,
一人のアーティストとして,音楽の道を続けて,
そしてX JAPANのボーカルとしても,幸せを感じる.

よかったと思います本当に.


6日目,WOWOW様から軽く流しますが,このMCの中でぽろりは,

=====
Toshl:
あの時のせいで洗脳星に行ったと思う位苦しいレコーディングだったよ.
=====

これですね(^^;
「Crucify My Love」がX JAPANのボーカリストとしての自信を失わせた決定的な曲.
それを,ソロでは結構「この曲辛かった」と言っていましたが,
YOSHIKIの前で,みんなの前で,きっぱり言えてよかったと思います.

それと,

=====
YOSHIKI:
TAIJIがさ,「あそこのキーとしくん甘かったんじゃない?」って.
「次のコンサートではちゃんとやれよ」みたいな.
=====

次回以降も,「Voiceless Screaming」を演奏することもあるという含みですね.

さて,WOWOW様↓φ(.. )

=====
・6日目

Toshl:
みんなどうもありがとう.
なんか,いい感じだねみんなね.
今回,今日で何回目?ここまでやっと来たって感じだね.(ごほん).大丈夫だよ.
ここまで一生懸命やってきたけど,今日でしばらくまたみんなに会えないと思うと,寂しい気持ちになるね.
早く会えればいいな.
やっぱり運命共同体はいいな.素敵だわ.
端から全員一万人今から抱きしめて歩きたいわ.
やってみる?やりたいんだけどちょっと無理だと思う.
気持ちは本当そういう感じ.
こっちのスタンドの人,見えるかな?見える?大丈夫?スタンド.
アリーナはどう?大丈夫?凄いね.
なんかみんな棒持ってるね.凄い赤いよ.赤く見える.赤い「X」が凄く見える.凄い綺麗.
あ,来た.(YOSHIKI登場)
もう大丈夫?
ちょっと今,頸がおかしくなっちゃって治療を一瞬受けてきた.
ピアノの上で叫んじゃだめって言ったじゃん.
何でだめって言われたことやるのよ.
何が?

YOSHIKI:
磁石.引き寄せられちゃう.砂鉄みたいに.

Toshl:
ピアノの上にね.

YOSHIKI:
磁石磁石.
SUGIZOのアイディアでね,「YOSHIKIさん声出すの大変でしょうから僕らが代わりに叫びますよ」それはありがたいね.

Toshl:
そうだね.
それで始まったんですけど,結局その声に負けるもんかと最後にあなた一番大きい声出すでしょ.
何とかならないの?負けず嫌いというか.おかしいでしょだって.

YOSHIKI:
何で俺,声嗄らしてるんだろうって.ボーカリストでもないのに.

Toshl:
ピアノなのに.

YOSHIKI:
いつもは筋肉痛が凄いのに,

Toshl:
毎回声嗄らしているね.

YOSHIKI:
元々は「We Are X」っていうToshlの仕事だったわけ.

Toshl:
僕の仕事だったの.

YOSHIKI:
でも,Toshlが,それは結構声に負担がかかると.
というんで俺が代わりに受けて立ってやるって話で.

Toshl:
そう?喜んで進んでやってたような気がするけど.嫌いじゃないでしょ?だって.

YOSHIKI:
本番っていうか本当の,これ本当のコンサートだけど,ドラム叩いてる時に,ね,
ドラムの上からマイク垂らされるわけよ.あれ,地獄中の地獄だよ.
手動かして足動かして頸振って叫んでいるんだから.

Toshl:
結構喜ぶじゃんだって.

YOSHIKI:
マイク見ると叫んじゃうんだよね.

Toshl:
わかるよ.

YOSHIKI:
半分いじめかな?と思って.

Toshl:
そんなことないよ.僕はYOSHIKIの喜ぶことしかやらないよ.本当に.

YOSHIKI:
じゃあどうする?リクエストコーナー.
今日オンタイムで始まったから少し時間に余裕があると聞いた.

Toshl:
ないない.
あるの?あるの?あるの?

YOSHIKI:
後ろでスタッフが凄い青い顔してる.青い夜になってる.

Toshl:
青い夜.面白い.面白い.

YOSHIKI:
今回アコースティックということで,いろんな名曲が甦ったという.

Toshl:
名曲が甦った.自分で言ったな今.

YOSHIKI:
何聞きたい?紅さっきやったじゃん.
Crucify My Love.Toshl覚えてる?Crucify My Love.
まだToshlが違う星に行く前の,洗脳星に行く前の曲なんだけど.

Toshl:
あの時のせいで洗脳星に行ったと思う位苦しいレコーディングだったよ.
本当に.この時は辛かったね.本当辛かった.
でも,あのレコーディングがあったから今があると思うよ.
どれだけ音楽と戦ったというかね,

YOSHIKI:
戦ってるよね.

Toshl:
戦って,あそこまで極限まで行ったレコーディングをやってきたから,僕達が,
僕が違う星に行ってる間も,世界中で多くのファンの方が増えていったじゃないですか.

YOSHIKI:
それはやっぱりね,日本のみなさんが,
俺たちが解散している間もずっとずっと支えて応援し続けてくれたから,今の俺たちがいる.

Toshl:
この人たちのおかげですよ.
あと,テレビの向こうでWOWOWで見てる人もね,お茶の間で.

YOSHIKI:
覚悟の生放送を見ている人ね.

Toshl:
そうそう.みなさんのおかげでございますありがとう.

YOSHIKI:
ちゃんと始まったからってちゃんと終わるとは限らないからね.
覚悟の生放送,みんな楽しんで.
Crucify My Loveちょっとだけやってみる?

♪Crucify My Love

YOSHIKI:
今日,何の日か知ってる人?
そうですね.今日はね,親愛なるTAIJIが旅立った日です.
最後にステージを共にしたのは,日産スタジアムだねToshl?

Toshl:
そうです.

YOSHIKI:
そうだね.
久し振りに会ったけど相変わらず凄かったね.

Toshl:
相変わらずTAIJIだったね.

YOSHIKI:
相変わらずTAIJIだったね.
記者会見の時も扇風機前に置いて風をこういうふうに当てるように,覚えている?

Toshl:
覚えてない.

YOSHIKI:
まだコリン星に行ってたんだよね?

Toshl:
コリン星なの?

YOSHIKI:
もうちょっと暗い感じの星だったのかな?

Toshl:
あの時はコリン星に行ってないよ.

YOSHIKI:
そうか.

Toshl:
地球に降臨した後.

YOSHIKI:
あの時はそうか.Toshlが地球に戻って来た時だ.

Toshl:
そうそう.降臨した後ね.

YOSHIKI:
そうね.覚えている?一緒にお墓に行った時,やっぱり風が,突風が吹いてきたよね.

Toshl:
そうよね.静かだったのにね.

YOSHIKI:
のだやかだったのにね.

Toshl:
おだやかだよ.

YOSHIKI:
のだやかな

Toshl:
のだやかじゃないよ.おだやかだよ.

YOSHIKI:
おだやかな,春うららみたいな感じだったね.いきなり何か,台風みたいになったもんね.

Toshl:
凄い風が吹いてきたね.

YOSHIKI:
でも,ロックという言葉が一番合うアーティストだよね.

Toshl:
似合う男だったね.

YOSHIKI:
じゃあTAIJIに一曲捧げようか.
いってみる?

Toshl:
いってみよう.
じゃあ,Voiceless Screaming.

♪Voiceless Screaming

YOSHIKI:
また何かTAIJIがさ,「あそこのキーとしくん甘かったんじゃない?」って.

Toshl:
そうね.

YOSHIKI:
「次のコンサートではちゃんとやれよ」みたいな.
俺も言われてる.
本当に,数えれば本当に数えきれないほどの思い出があるけれど,
そしてX,X JAPAN,俺たちは本当に波乱万丈紆余曲折,
何かね,そういう形容詞みたいにXってなてきているんだけれども,
さっきも言ったようにね,無限の可能性,
そして「絶対にあきらめない」「何があっても前に進んでいく」ね.
Xって言ったらそういうふうに思われるように,これからも頑張って行こうと思います.
あと残るのは2曲になったんだけど,今までのいろんなメンバーとの思い出,
そして,みんなとの思い出を噛みしめてこの曲を演奏してみようと思います.
もしよかったら,一緒に歌ってください.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 86
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
かわいい かわいい かわいい
ガッツ(がんばれ!)
「奇跡の夜6days」◆MC7 Blue verse/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる