Blue verse

アクセスカウンタ

zoom RSS 5/6 Toshl D&C「変身前」 -5-

<<   作成日時 : 2018/05/10 22:58   >>

面白い ブログ気持玉 89 / トラックバック 0 / コメント 0

2日目昼の部.

書けるところからφ(.. )

=====
<前座>
01.ラフマニノフ(小瀧ピアノ)
02.Carry On(CUTTボーカル+アコギ,小瀧ピアノ)
=====

定刻より2〜3分早い時間に小瀧くんが一人でステージに登場し,
小瀧くんの司会で開始.
小瀧くんの,クラシックの曲ピアノ生演奏はとてもよかったです.
とってもいい感じの前奏曲となりました.

Carry Onに関しては,正直に書きますが,
「あぁこれで今回のライブではToshlがこの曲を歌うことはないんだ」
という,ちょっと残念な気持ちが私の中では大半でした.
半袖でこの曲を歌うToshlが大好物なものでして(^^;
それ以外の感想は特にありません(^^;

前座があったので,10分位遅れて12:40頃開始.

=====
<本編>
01.HANA〜いのちの芽ばえ
=====

客席後ろの大扉から,歌いながら登場.
勝負服の赤トゲトゲ.

=====
02.Asphalt Jungle
03.Cherry Blossom
04.群青の夕紅れ
=====

「Asphalt Jungle」は,ピアノが頑張ったバージョンでした.
もちろんToshlとCUTTくんも頑張りましたが,それ以上にピアノがいい感じでした.

「Cherry Blossom」は,「大好きな曲」と言っていました.
座って歌っていましたが,ゆらゆらと横に揺れながら,
マイクと口の距離が大きく離れる部分もあり,
豊かな声量をいかんなく発揮という感じでした.
気持ちよさそうに歌っていました.

「群青の夕紅れ」についても,曲紹介は何もありませんでした.
今回は,ほとんどの曲で,曲についての思いを語るMCはありませんでした.

ただ,この回は,最後列のテーブルはすべて招待席だったみたいで,
ゴハンの提供はなく水だけ置かれたテーブルに,
開演前に数十人入場着席されていました.
他の回も,ある程度の人数の招待客はいらっしゃったようですが,この回は特に多くて,
私が直接聞いたわけではありませんが,他の方が聞いたところでは,
北海道からいらっしゃった方々だということでした.
上川町の関係者なのかな?と思いました.
それで大雪山の歌「群青の夕紅れ」を歌うのかなと思いましたが,
特にそのことについても何のMCもありませんでした.

「Toshlの52年」を語る上で,
前回までは,やや飛ばされていた部分,
Toshlが一番苦しかった時代,「脱会」から「洗脳」出版までの時代,
その時代の曲,「Cherry Blossom」「群青の夕紅れ」,
前日の「いつまでもどこまでも」も,この時代の曲になると思います.
だけど,これらの曲に関しては,その曲に込めた「思い」を「語る」ことは出来ないんですよね.
「こんな気持ちで作りました」って言えませんから.
言えないから歌う.歌で思いを語る.
...ということだったのかな?考えても答えはありませんので考えません次.

今回の「群青の夕紅れ」は,最初とっても淡々と,
後半部の「今もう一度夢追いかける」の部分をとっても切なそうに,
総じて哀愁を満面に湛えた歌い方だったと思います.

そして,「群青の夕紅れ」を歌い終わって,
Toshlが(ピアノの)小瀧くんに何か言うと,
小瀧くんはピアノの譜面台に並べたばかりの楽譜をさっと取り去って退場しました.
セトリ変えたんだなと思いましたが,それはよく分かりません.
同時にCUTTくんも慌ただしく席を立って退場.
Toshl一人になってピアノに座って,
小瀧くんが並べていたような楽譜はなかったと思います.
iPadがあったのかなかったのか覚えていませんが,

「僕の大好きなジョンレノンのイマジンを聴いていただきたいと思います」

ということで,Toshlのピアノ弾き語り.
この曲をToshlが歌うのは何回か聴いたことがありますが,
今回はその中でも超強烈な意思を持った「叫び」だったと思います.
冒頭部は静かに入って,弾き語りならではの緩急強弱自由自在.

この曲を聴くと,コレ↓を思い出しますよね.
コレ↓の出典がどこだったのか忘れていましたので探しました.
2015年の『もっともっと』という雑誌のインタビューでした.

=====
(「Motto2」2015年3月24日発行 より一部引用)

---ちょっと突っ込んだ話になりますが,洗脳って,そんなに音楽と密接したものだったんでしょうか?

Toshl:
本にも書いてますが,最初に洗脳される時に,セミナーっていうのを受けまして…受けたというか受けさせられちゃったんですけど(苦笑),その時にスゴく感動する場面があるんです.ちょうどいいタイミングでジョン・レノンの「イマジン」が流れるんですよ.

---ジョン・レノンの名曲,「イマジン」が流れる.

Toshl:
そうなんです.で "この曲はジョン・レノンが,今,皆さんが受けているのと同様のセミナーを受けて書いたものなんです" みたいな話があって.

---うーん……なんかスゴい話ですね(苦笑).

Toshl:
それを当時の僕は真に受けてしまって….元々,僕はジョン・レノンが好きだったので余計に.
=====

今回のToshlの「イマジン」は,Toshlの魂が入っていたんだなと思います.

=====
05.イマジン(ピアノ弾き語り)
06.Drain
07.Say Anything
08.Rusty Nail
09.Silent Jealousy
=====

続いての「Drain」は,アコギとピアノでキレキレのシャウト.
「Say Anything」は,儚い囁き.
「Rusty Nail」は,強いToshl.
「Silent Jealousy」は,超ロングトーンで魅了.

「イマジン」からの,この5曲で完全に『限界突破』.

Toshlの七色のクリスタルボイスと言ったらいいのか,
底なし沼と言ったらいいのか,
圧倒的な声量肺活量腹筋表現力声色...

本当に,この人,天才だと思いました.

=====
10.時の海へ
11.マスカレイド
12.CRYSTAL MEMORIES
=====

この辺は,2月大阪3月名古屋と同じような感じで安定のナンバー.

だけど,この回の前半のソロ曲とは違って翳りがないというか,
昇り龍というか,

「俺の歌声に震えろ〜」
♪時の海へ
「お前達の力,見せてもらったぜ」

「時の海へ」の最初と最後にスペシャルな生台詞がありました(^^;

そして「時の海へ」の後に,まとまったMCがToshl+CUTT+小瀧の3人で.

・6月にファンミ
・99人の壁100万円ゲット還元スペシャル
・「としちゃん」予定(AKさんと)
・CUTT:さっきの「イマジン」も最高音更新かも

このような話から,前日欠席だったCUTTくんに,
Toshlが,前日の「仮装大会」の感想を(^^;

・昨日凄かったんだからコスプレが
・凄かったですよ感動しましたよ
・やるやるとは聞いていたけど
・あそこまでやるとはToshloveさすがだなと思った
・感動レベル
・オデストのキャラクターの人達がいた
・リディアもいた
・アスセナいっぱいいた
・ベルがいっぱいいた
・野獣もいっぱいいた
・その他わけのわからない人達凄かった
・楽しませてもらって本当にありがとうございました
・素晴らしいさすがToshloveでございます
・8月は魔夏のロック祭り
・その時はまたコスプレやるんだよ
・楽しかったので8月もみんなでやりましょうよ
・耳だけ付けてくる人とかそれも可愛い
・そんな感じでみんな適当に参加していただきたいと思いますよ

...ということでしたが,
ワタシの「火の鳥」は「わけのわからない人達」枠ですね(^^;

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 89
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい かわいい かわいい
驚いた
5/6 Toshl D&C「変身前」 -5- Blue verse/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる