Blue verse

アクセスカウンタ

zoom RSS X-PRESS 05「突撃レポート」

<<   作成日時 : 2018/06/12 22:01   >>

ナイス ブログ気持玉 36 / トラックバック 0 / コメント 0

今夜で「サラマンダー討伐戦大会」は一応終了.

よって今日も貼り逃げ(^^;

=====
X-PRESS 05(X ファンクラブ会報)
1990年9月20日発行

【突撃レポート 合宿編】

曇り空の某日、新宿駅で待ち合わせをした二人でした。私がY嬢を待っていると無情にも降り出す雨。。。。彼女は来ないし荷物は重いし、帰りたくなったりもしたがお仕事お仕事!無事待ち合わせを完了した二人は、旅の御供にデュエット(笑)じゃなくてお弁当などを買いにOデパートに行きました。もうここまで来るとすっかり子供になっちゃいますね。

バス乗り場は、さすがに平日なのですいていました。さあ、ここから二人の突撃が始まるのです。小一時間バスに揺られてふと気が付くと回りは山に囲まれて、うっそうとした風景でした。緑が気持ちいいねなんて話しながらもバスは進みます。三十分くらいで(多分。。というのは、ふたりとも熟睡していたんですねトホホ)某所に到着です。私はこの土地がなぜか、すごく好きで、まぁ、そんなことはどうでもいいですけど。今日の宿泊先に荷物を置いてボーッとしていると、メンバーが今日こもっていると思われる某所から連絡が入り今日の食事の時間の報告を受けました。私たちの宿泊先であるこのペンションの食事の時間とずれていたのでホッと胸をなでおろし(笑)ひたすら夜になるのを待ち続けました。雨はまだ降り続いています。

そろそろ行こうかということになって、タクシーを呼んででかけました。こんな所に果たしてスタジオがあるのだろうか、というような山道をグングン進むとありました。みんなの前から姿を消していたエックスを発見しました!!あいにくの雨降りであまり探検ができなかったのですがレポートしましょう!

私たちがやっとの思いで着いた時、皆さんはちょうど食事をしている最中でした。黙々と静かにごはんを食べていました。ここは、ちゃんとシェフの人がいて、メンバーの食事を管理していました。今日のメニューはとここでいいたいところですがほとんど跡形もなかったので報告できません。ゴメンナサイ。あ、デザートは、オレンジシャーベットでした。

さて、食事の時間も過ぎ、くつろぎの時間です。皆、思い思いに過ごしていました。部屋の片隅にピアノとウッドベースがあって、いつの間にかTAIJIとディレクターの津田氏と、セッションタイムになっていました。TAIJIとウッドベースがまた、すごくよく似合っていたんですよ。TOSHIはたまたまファンクラブ宛にきたフールズメイトからのFAXの、質問事項を一緒に考えてくれました。
(フールズ9月号ファンクラブ特集のページでの、X。FCのコーナーはTOSHIが考えたのでした)

そうこうするうちに、少しはなれたスタジオでリハーサルが始まりました。
とはいえ、HIDE、TAIJI、TOSHI、の三人とXのお兄さんO氏と四人で、セッションをしています。TOSHIはキーボードを弾いていました。思っていたよりも和やかなスタジオでした。着々と曲も増えているようです。まだ本当に始まったばかりなのですが、BLUE BLOODをしのぐ作品が生まれることはまちがいないでしょう。
真っ黒な森に三人のセッションがかすかに響いて夜は今日も更けてゆくのでした。

-----

【突撃レポート STUDIO編】

 合宿も終わり、夏真っ盛りの中、今度は都内某スタジオに場所を移し気合い入りまくりで曲作りにはげんでいるXでありました。そこへ、ものすごい曲ができているとの噂もチラホラと聞いたりもしていたので期待に胸をはずませて、ひょこひょこっと様子を見に行ってみました。

まぁ、外見も中もきれいな所でXの使っているスタジオは広いっ!ざっと30畳ぐらいはあるだろうか・・・。しかも、壁の4面中1面は全部鏡ばり。スタジオが広いからその鏡もでかいっ!(自分の部屋がこの位の広さだったらどうしよう・・・などとくだらない事を考えてしまった)スタジオの中を見回すと、ドラム・ピアノ・ギター・ベース・その他機材が置かれ、すみの方にはなんとっ!スタジオ用の冷蔵庫まであった。

スタジオの中ではHIDE・PATA・TOSHIの3人がそれぞれパート別の練習をしていました。TAIJIはゲストルームでベースやギターを弾きつつディレクターの津田氏と言葉を交わしたりしていました。こんな光景を見るだけで「うっ、ミュージシャンだなぁ」と思ってしまったのでした。

 息抜きにロビーにでてきたPATAは、ギターを抱えてテレビを見はじめたのでした。野球中継が始まるとPATAは野球に見入って、「やんや、やんや」声援を送りはじめました。どうやら、PATAは巨人ファンらしい。そのうち、HIDEがスタジオからでてきて「腹減った」と言い出して結局は、みんな出前をとって、夜御飯となりました。食べ終わってもPATAは相変わらず野球を見ていました。PATAの隣にはマネージャーのまっちゃんが居て2人で「オーッ」「んー・・・。」と一生懸命に観戦していて、それを見ていた私は(なんだか、そこいらのおやじとたいして変わらなぁい)と思ってしまいました。そうこうしているうちに、試合終了になり巨人が勝つとPATAとまっちゃんは「いやぁ、よかったですなぁ。うん」と本当に家でくつろいでるおやじと化していたのでした。

 TOSHIはスタジオの中で仮の歌入れをやっていました。歌入れが終わるとTOSHIはロビーにいた男のスタッフ達をスタジオの中に呼んでコーラス録りをはじめました。ロビーに残ったのは私、それから何故か・・・PATA。「行かないの?」「俺はいい・・・」相変わらずマイペースな人。コーラス録りの終わったスタッフが「のどが・・・のどが痛い・・・」と言いながら次々にスタジオからでてきました。どうやら、そのコーラスというのはメロディーではなくてドスをきかせたかけ声だったようです。

 なにはともあれ、Xのみなさんはこんな風にスタジオ生活をおくっていたのでした。
 ホント、今度のアルバム楽しみにしたいよネ。
=====

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 36
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い
X-PRESS 05「突撃レポート」 Blue verse/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる