Blue verse

アクセスカウンタ

zoom RSS 1992年「X大百科その2課外活動篇」

<<   作成日時 : 2018/06/21 05:06   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 64 / トラックバック 0 / コメント 0

今日で4日目.大きな余震が起こりませんように(−人−)


=====
PATi PATi ROCK'N'ROLL Vol.58「X大百科その2課外活動篇」
1992年4月号


●RADIO

 某スポーツ新聞に,"Xが解散したら,TOSHIはラジオのパーソナリテイになる"と書かれていたTOSHI.'90年夏から冬にかけて,TOSHIは実はラジオの番組を1本もっていたのでした.タイトルは『TOSHIのエクスクラメーション』.時間は短かかったけれど,TOSHIのおしゃべりはなかなかオモシロくて,いい番組でした.東京地区ではちょっと電波が入りにくかったのかも.
 さて,'90年11月,メンバーがロスに行ってからもこの番組はしばらく続いていた.そして!ある日この番組はなんとロスのレコーディング・スタジオからの中継を敢行してしまったのだ.
"今,ロスのスタジオからお送りしています"というTOSHIのナレーションに続いて,レコーディング・スタジオのピアノやドラムの音を出して歩くTOSHI.東京に居ながらにして,ロスのスタジオの中の音が聞けるとは,誰も思っていなかったに違いない.


●L.O.X

"L・O・X”.このバンド(ユニット?)を知っている人は,相当のYOSHIKIマニア."L・O・X"と書いてロックスと読む.メンバーは,オリジナル・メンバーとしてリップクリームのNAOKI(G),ORENGEのACT(B),そして謎の人物,白鳥麗(Dr)がクレジットされている.この謎のドラマー白鳥麗,写真も載ってなくてイラストだけ,素性は定かではない.でもそのドラミングを聞けば……そう,キミにはもう誰だかわかったハズ.そして,ゲストとしてXのTOSHIも参加しているのだ.他にも参加ゲストはフールズの伊藤耕とMARTIN,デスサイドのISHIYA,コンチネンタル・キッズのRANKO,鉄アレイのBUTAMANなど,そうそうたるメンバー.インディーズ界のオールスター・キャストともいえる幻のレコードである.L・O・X『Shake Hand』(Sunshine sherbet Records).


●大魔神五人組

 Xの変名バンド.
 89年の8月28日,Xは"大魔神五人組"という名前で大阪a.m.ホールでのシークレット・ギグを敢行した.この時,本当は前日が京都スポーツバレーでのライブになるはずだったが,台風のために延期になってしまったのだ.
 噂によれば,この時Xは各メンバーのパートをメチャクチャに入れかえて登場したらしい.と,言えば,思い出すのは,先月1月5日に東京ドームでのオープニング.この日もXはパートを入れかえての登場だった.ドームだってのに,しかも初日だってのに,まったくオドロカシてくれるもんだ.
 その後,この名前は去年のJTスーパーライブにシークレット出演した時も,エッグマンでのGIGのときにも使われることはなかった.もうみんなが知っているので,シークレットの意味をなさないということなのか.
 ローズ&ブラッド・ツアーの頃,打ちあげ会場に楽器があると,メンバーは,"大魔神"といって即興で演奏をしてくれた.TAIJIはギターを弾き,HIDEがボーカルをとり,TOSHIがドラムやキーボードを叩いて.いつの日か,シークレットでもいいから,あの5人の大魔神がまた見られることを祈ろう.


●TOSHIのアコースティックナイト

 以前にもたびたび,吉祥寺マンダラのアコースティック・ナイトなどにふらりと現われては飛び入りしていたTOSHI.飲めばカラオケでXの歌を歌うこともある---と昔言っていた,天性のボーカリストのTOSHIだけに,マイク1本,ギター1本あれば,どこでもステージになってしまうのかも.
 最近では残念ながらTOSHI1人でどこかに飛び入りしたという話は聞かないが,Xのパワステ3DAYSでの"静かなX"のステージでは,得意のアコースティック・ナイトを見事に演出して見せてくれた.
 そして,武道館でのエクスタシー・サミットでは,"TOSHI出山とジュテーム百太郎's"というデュオを急遽結成し.レディース・ルームの百太郎とのかけ合いボーカルで渋いノドを聞かせてくれたものだった.エクスタシー・サミットの模様を収めたビデオ"無敵と書いてエクスタシーと読む"には2人のシーンは"ヘルタースケルター"を歌っているところからしか収録されていないが,実はもう1曲の"大阪で生まれた女"の方が圧倒的にオモシロかった.なんでこっちの曲が入ってないのか残念だ.2人とも,カラオケ・スコアにチャレンジしたら,きっといい点出したのになぁ.


●エクスタシーサミット

 ロック界最強の首領,YOSHIKI率いるエクスタシー軍団は,ひとクセもふたクセもありそうなアブナイ野郎どもばかり.そいつらが年に1回,集まってくりひろげるバカ騒ぎ,それがエクスタシー・サミットである.基本的には,ライブ・イベントの形をとってはいるものの,ユニットあり,爆笑あり,ケンカあり,ダイビングありの……つまりはただの無法地帯だということだ.
 そのエクスタシー・サミット,エクスタシー・レコードの猛者ども,もといアーティストさんたちが勢ぞろいして3年前には鹿鳴館でドンチャンドンチャンやってました.それが2年前には渋公,そして去年はなんとあの武道館が,彼らのドンチャン騒ぎのために選ばれた.武道館でもやることは結局同じ.つまりはただの無法地帯だったということだ.
 まさか,来年はドームなんて言わないだろうな…….


●CM SONGS

 Xのメジャー第2弾シングル「ENDLESS RAIN」が,映画「ZIPANG(ジパング)」のテーマ・ソングとして起用されたのは,右項でも説明した通りだが,いわゆるタイアップ(CMやTVのテーマ・ソングとして曲が使われ,ON AIRされること)でXの曲が使用された例は,意外に少ない.これだけのシングル売り上げのあるバンドなのに,不思議なことだ.
 ひとつは,カネボウの男性化粧品ライン「NFL」のCM曲として「Joker」が使われた例.フットボール選手(NFLというチームがあるらしい)の映像をバックに〜Jpker〜と曲が流れる軽快なCMだ.
 もうひとつは,有森也美や片岡鶴太郎が出演していた刑事ものドラマ「ララバイ刑事(デカ)」のエンディング・テーマとして「Say Anything」が使われた例だ.今のところ,TVではこの2例しかないと思う.
 どちらも,X自体の映像は出てこない.ドラマチックな曲も多いことだし,アン・ルイスの「六本木心中」みたいにライブ映像入りフル・コーラスのドラマ・エンディング曲みたいのを使ってみて欲しいものだ.その場合,曲はやっぱり……「オルガスム」かな!?


●徹子の部屋

 XはTVを有効に使うバンド---という認識がされている.それはデビュー前に,TVのバラエティに出ていたりした記憶のためかもしれないが,デビューしてから,またちゃんとした演奏でXがTVに出演した数は,意外に少ないと思う.
 どっちかっていうと,タモリの"笑っていいとも"に出たとか,デビュー当時特番をやったとか,音楽番組以外のものに出ていた時の印象の方が強かったりする.
 さて,その中でも特におもしろかったということで,長い間語りつがれている作品(!?)は,やはりYOSHIKIが出演した"徹子の部屋"だろう.あの黒柳徹子さんの前にYOSHIKIが腰かけて,2人で談笑する姿を想像して見てほしい.考えただけでもすごいものがあるではありませんか.さて,当日.
徹子:"ヨシキさんはたしかトシさんと同級生でいらっしゃるんですよねェ"
ヨシキ:"ええ……"
徹子:"でもあなた,生年月日がXなんですよねェ.おかしいわねェ,同級生なのに.ホホホホ……"
ヨシキ:"ええ(笑)"
 あの黒柳さんの前では,さすがのヨシキもまるでコドモ扱い.XのTV出演の中でもNo.1のオモシロさでしょう.No.2は先月のプレステージのトークバトルでしょうか.


●ZIPANG

 1987年,実はXは田所豊と川村かおり主演の映画『東京POP』に一瞬ながら出演していた.彼女がオーディションを受けに来る,コワモテのハードコア・バンドという役どころだった.
 さて,『ZIPANG』には,別にメンバー本人が出演しているわけではない.Xの第2弾シングル「ENDLAEE RAIN」が,テーマ・ソングとして使われているのだ.監督は林海象.安田成美や高嶋政宏らが出演したこの映画「ZIPANG(ジパング)」は,'90年1月27日より東宝系で上映された.1月12日に行われた試写会には,メンバー全員が出席し,舞台あいさつ.これは実は前年の11月下旬にYOSHIKIが倒れて以来新年が明けて初めて人前に顔を出したという日でもあったのだ.
「ZIPANG」はXの曲が初めてテーマ・ソングに使われた作品であり,そのことは結果的に,Xの曲が狭いジャンルの中にあるものではなく,もっとポピュラリティーのあるものだということを照明するきっかけともなっていった.
=====


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 64
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
1992年「X大百科その2課外活動篇」 Blue verse/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる