Blue verse

アクセスカウンタ

zoom RSS X-PRESS 17「恐怖の樹海に潜入?!」

<<   作成日時 : 2018/06/02 20:00   >>

面白い ブログ気持玉 59 / トラックバック 0 / コメント 0

今日の貼り逃げは「25年前のHEATH」.

=====
X-PRESS 17(X JAPANファンクラブ会報)
1993年12月30日発行

恐怖の樹海に潜入?!
HEATH1994カレンダー撮影レポート

今回は1994年のHEATHカレンダーの撮影にお邪魔させて頂いております。マネージャーいわく、「いやー、是非、取材に…ヒヒヒ」と含み笑い…???前日、場所確認をすると…なんとロケ地は「河口湖/青木ケ原」とあります。青木ケ原といえば…毎年、多数の自殺者が出るので有名な所。一度入ると、方位磁石を持っていても狂ってしまうので、迷いこんで二度と出られなくなってしまうという…。とにかく怖い所なのです。なんでまた…もう…。よりによって霊感がバリバリ強いと噂のHEATHの取材とは…。何も起こらなければよいのですが…。まずまずの天気の中、撮影隊一行は一路河口湖方面へ向かいます。別の車で移動中のカメラマンと、途中合流。カメラマンのK氏「先日も撮影で来たんですが、機材がいきなり壊れてしまって…」シーン…。興味深そうなHEATH。K氏「とにかく、足場が凄く悪いので充分気をつけて下さい」シーン…。K氏「ちょっと見失うと、車道から数分の所でも本当に出られなくなりますから」そ、そんな…。K氏「それから…くれぐれも何か連れて帰ってきたりしない様に…(と、ニヤリ)」ひー。ここで取材はとりやめて、私は帰って来ました。としたい所ですが、そういう訳にもいきません(当たりまえですね)。
さっそくHEATH「オレが何人か連れて帰って来たりしてなーははははは」
スタッフ「(本当にありえそうで笑えない)」
だんだん目的地に近づいてくるに従って静まりかえってしまうロケバス内のスタッフ。ファンクラブは取材直前には必ずカメラのシャッターやバッテリー等のチェックをする様にしているのですが…う、うそ…シャッターがおりない…。何故…?実は朝の段階でも調子が悪かったのですが、どうして突然…?もう帰りたい…(弱音)。
HEATH「死体がその辺に転がってるらしいでー(楽しそう)」
東京から2時間弱。右側には湖が見えてきます。ウインドサーフィンの帆がいくつか見られます。山道をどんどん進んで行くと、怪しげな森林が横に…先導していたカメラマンさんの車が止まりました。あー、やっぱり…「さて、ここでーす」の声に、みんな恐る恐るバスを降ります。撮影場所を確認する為に、とりあえず中にカメラマンを先頭に入ってゆきます。もの凄い木々…「植物の生命力ってすごいよねー」と、スタッフ。本当に凄いです。もの凄く太い木の根があちこちにはびこっています。「何?これ…!」のスタッフの声に見てみると、泥まみれの何かが。HEATH「ああ、カチューシャ(女の子用の髪をとめるやつです)や」でも何でこんな所に…?怖がっていても仕方ない。先に進みましょう(と、自分に言い聞かせるスタッフ一同)。本当に足場が悪く、下手すると柔らかい地盤の所に足を取られてしまいます。「おおー」とか「うわっ」とか言いながら、カメラマンさんの指示する場所でHEATHと撮影の確認。終わると、バスに戻ってメイクします。メイク中も何人かカップルなどが中に入ってゆきます。いわゆるデートコースに飽きてしまい、怖いもの見たさにっていうやつでしょうか(こんなとこ来るなっつーの(笑))。さて、メイクの上がったHEATH、白いシャツを引き裂いて、血ノリを付けたもの。もー、よりによって、という感じですが(笑)、大ノリ気のHEATH。先程の撮影場所に付くと(ロケバスからほんの数十秒の所なのです)、さっそく窪んだ所にスタンバイして撮影開始。ところが、これが又「蚊」が多い。そこはさすが、撮影隊。うずまき型の緑色蚊取り線香が用意されていたのでありました。「ケガしない様に!」とのスタッフの心配もよそに、余裕のHEATH。カメラを向けると、「たあーっ」とポーズをつけてくれたりするのですが、なにせ下は木の根はあるわ、ぬかってるわで、危ない、危ないって(笑)。みんな動きにくいため、HEATHの後ろに置いてある蚊取り線香を動かすにも
カメラマン「HEATHくん、線香もうちょっとこっちへ…」(煙があるからね)
HEATH「この辺ですか?」
と、穴のなかでうずまき蚊取り線香を持っているHEATH…それで衣装はビリビリシャツに血…?(笑)スタッフにも笑いが起こります。こんな調子で、思ったより明るく(?)撮影は進みます。ホッ…。日もすっかり落ちて、何とか次の撮影場所へ…。
さて、次も凄い場所です。なんでもカメラマンの方所有のスタジオ風豪邸…じゃなかった、豪邸風スタジオなのです。外からみると、どんな人が住んでいるんだろう?という位のヨーロッパ調門構え、大きな扉、それらを支える柱、豪華な雰囲気をかもしだしている窓…でも、中は丸々スタジオなのです。暗闇の中、ライトが照らされているその風景は、まるで異国の地に迷い込んだ様…。さっそくHEATH、入り口前に備え付けられている、ライオンもどきの(私にはそう見えました)像にまたがってみたりしています(笑)。中に入ると、広いロビーに暖炉、肖像画、真ん中に降りてこられる様になっている長い階段、家具…どれを取っても凄い凄いの連発。あちこち探検した後、メイクルームに入っていよいよ衣装替え。これからの衣装も、スタジオに劣らず凄いです。本物のチェロも用意されています。河口湖の貴公子っていう感じでしょうか(ゴメンナサイ)。でも、本当に王子様ですよ、これは…。メイク中、HEATHは「クライズラー&カンパニー」のCDをかけています。
HEATH「ニュース番組見ていて、かかってて気に入ってすぐ買いに行った」
との事です。まさにシチュエーション的に言ってもピッタリ。…メイクが上がるとすぐに撮影に入ります。チェロを抱えて、ほ、本当に凄い…衣装がまさに雰囲気にバッチリ、マッチしてます。カメラを刺す様に見つめているHEATH。ポラを見ると、ン?何だこれは?トンボだっ!HEATHの後方の壁に写っているこの形は、まさしくトンボ…
HEATH「うわー、ほんまや。そのまんまや」
小さいですが、形がはっきりわかります。さすが山の中のスタジオだけあります。次の衣装に着替える為にメイクルームに入った後、叫び声が。なんとも大きな今度は「蛾(が)」です!そこは頼りになるHEATHマネージャーA氏。手でつまんで、「かわいそうだから逃がしてあげよう」と、窓を開けて外に放してあげたりしています。
HEATH「凄い…」
それにしても大きな「蛾」でした。これも都内のスタジオではなかなか考えられない光景です。さて、ひと騒ぎした後(笑)、いつもおなじみ黒い衣装で登場のHEATH。この撮影はらせん階段のある、テラス風の所で撮ります。「本当に細いねぇ」なんて言われながら、順調にここのカットは終了。さて、いよいよ大詰め、お風呂&シャワーシーンです。とはいっても、驚かないで下さいね。服は着たままですから(笑)。このスタジオには、バスタブ(これまたなんともオシャレな感じなんですよぅ)もお風呂場に用意されていて、お湯もちゃんと出ます。ついにHEATHモデルのベース登場。さっそくバスタブの縁に座って弾いてみたりしています。でもこのベース、HEATHと一緒にお湯につかってしまうのです。
カメラマン「じゃ、お願いします」
HEATH「あー…やっぱりベースはやめようかな…もったいない(笑)」
お湯に浮かべるバラの花束も用意されています。あー、もう…やると思った…HEATH、そのバラを口にくわえて手をパンパン(笑)。スタッフも大笑いです。そんな事はしてみても、昼間からの長時間の撮影に加えて、深夜という事もあり、疲れ気味のスタッフが少し元気になったりするんです。一番疲れているのはHEATHのハズなのに…。さて、入水です。スタッフが水をきれいに見せるため、バスエッセンスを入れると、お湯がきれいなブルーに…と、同時にいい香りが部屋中に広がります。湯加減をみてみる様に、片手を中腰になってバスタブに入れてみるHEATH。
マネージャー「HEATHさん、湯加減はいかがですか(笑)」
HEATH「丁度いい(笑)」
片足からゆっくりと水、じゃなかったお湯の中へ…ざぶ…
HEATH「うわー、気持ちワル」
とかいいながらも(服着たままですもんね)、お湯をどんどん足してゆくと
HEATH「あー、快適になってきたー」
と、ついにウトウト。カメラのセッティング待ちなどになると、HEATHの体が冷えてしまわない様に、どんどんお湯を足してゆくからでしょうか。一緒にお湯に入ったベースくんは、HEATHに抱えられて、すっかり「もう使えない」?状態。バラの花も散りばめられて、カメラマンもいい写真を撮ろうと、一生懸命です。これは仕上がりが早く見たい…。
お風呂から上がったら、次はシャワーです(笑)。こちらもお湯の温度を…
HEATH「お、あちちちっ(笑)」
丁度いいぐあいにセッティングして、頭からかぶります。湯の煙がもうもうとしてきました。
HEATH「これ、のぼせるわー」
耳まで真っ赤になってしまっているHEATH。「頑張って、あともう少し」の声がスタッフからとびます。
カメラマン「ハイ、OKです!!」
いつも撮影が終わると、必ずといっていい程拍手が起こるものなんですが、今回は本当に大きな拍手。青木ケ原から始まって、本当に長い撮影でした。14時間以上に及ぶ、気合いの入ったこの撮影分の写真は、HEATHのカレンダーで見る事が出来ます。スタッフのみなさん、撮影隊のみなさん、そしてHEATH、本当にお疲れ様でした!でも、もう…出来れば怖くない所で撮影して下さい(笑)。
=====

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 59
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
X-PRESS 17「恐怖の樹海に潜入?!」 Blue verse/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる