「奇跡の夜6days」◆MC4

◆MC4は,「Without You」の前.

=====
・1日目

Toshl:
今回のコンサート,紆余曲折あって,
本当にいろいろ悩んだり深くYOSHIKIと話し合ったりして,
こうしてこのステージに立つことが出来ました.
こういう形でもこんなにたくさんの人たちが応援してくれて迎えてくれて,
本当にX JAPAN,嬉しい限りでございます.
本当にどうもありがとう.

YOSHIKI:
・頸の手術二回目.毎回遺書
・X JAPANは自分の人生の大半以上
・いなくなってしまったけど,まだ心の中にいるメンバーに
=====

「こういう形でもこんなにたくさんの人たちが応援してくれて」

ドラム無しでコンサートを行うということを,
やはり一番気にしていたのはメンバーだったんだなと思いました.

ここでこんなこと書くのもアレですが,
今回,チケット関係は今までで一番変な感じでしたよね?(^^;

まずは最初,大量に落選者が出ました.
映画のコード先行は落選の確率が非常に高かったと思います.
ワタシも,映画先行とyoshikittyカード先行では落選しました.
各FCでの先行で落選した人もたくさん知っています.

で,公演内容変更により「払い戻し可」ということになって,
ここで,
公演内容変更により参戦を取りやめた払い戻しだけでなく,
ダブって取れていた人が不要な席を一部払い戻ししたり,
もしくは単に都合が悪くなってキャンセルしたり,
今回はいろいろあったと思います.

そーゆーのを乗り越えて,最初に落選続きで落胆続きだったけれども,
気を取り直してキャンセル分最終放出分のチケット取って急遽参戦した人とか,
内容趣旨変わろうとも予定通り参戦した人で,
どの公演も,ほぼ満席だったと思います.

=====
・2日目

YOSHIKI:
今回アコースティックという趣旨になってしまったけど,
みんな来てくれて本当にどうもありがとうございます.
本当に心から感謝しています.
=====

2日目はYOSHIKIが同じようなことを言って,
そして,

「4歳の時に出会ったToshlがこんな凄いボーカリストだったとは当時思ってもみなかった」

という話から,いつもの昔語り.

=====
YOSHIKI:
今バンドを続けられること,心から感謝します.
次の曲は,今はいないけど,心の中では一緒に演奏しているTAIJIそしてHIDEに捧げます.
=====

「今はいない」「心の中」

こういう言い方が最近は顕著になってきたような気がします.
実際に,現実の世界で,
頸が痛いという現実を直接支えてくれる今のメンバーのありがたみが,
それこそ骨身に沁みるのでしょうか.

=====
・3日目

YOSHIKI:
最初,Toshlってボーカルじゃなかったんだよね.
=====

という昔語りが延々と(^^;

・自転車で15分位
・歩いて25分位
・子供の足だったら30分位

という話から,

=====
YOSHIKI:
俺の方が40日間年下.
=====

ということを突然(^^;

YOSHIKIさん,アナタ,誕生日「X」だったでしょ?
とはもう誰も言いませんけど(^^;

だから,きっと,
Toshlの方が先に生まれて,
YOSHIKIはToshlを追いかけて行ったということかな?

=====
YOSHIKI:
思い出って一番大事だなって思い始めて.
今日は5人だけど,気持ちの中ではTAIJIもHIDEも一緒にいると思っているので,
次の曲はその親愛なるHIDEとTAIJIに捧げようと思います.
=====

前の日と同じ内容ですね多分(^^;

=====
・4日目

♪Crucify My Love(ピアノで少しだけ)

YOSHIKI:
みんな,何聞きたい?
何かリクエストコーナーでもしようかToshl?
=====

これは予定の行動なのか予定外の行動なのか分かりませんが,
予定外だとしたら,Toshlさんお見事です(^^;

=====
YOSHIKI:
DAHLIA?どうToshl?
俺,原キーしか分からない.

Toshl:
原キーで.何なら高くてもいいですよ.

♪DAHLIA
=====

これは,YOSHIKIのピアノ主導でToshlがサビを歌って,一旦終わった後,
Toshlが歌主導で攻め返して,
YOSHIKIが慌ててピアノで合わせましたよね.

そして,ダラダラトークは続いて,
ライブハウス時代に電球がToshlの頭に落ちた話とか,
Toshlとは4歳で出会ってという昔語りとかあって,

=====
YOSHIKI:
自分の宝物は,今僕の前にいるファンであり,
メンバーと一緒に築いてきた思い出だなと思って.
僕は,死に対する願望があるって言ったけど,
今はみんなの分まで生きようと思います.
次の曲は,逝ってしまった,
個人的ではありますけれども僕の父親,そしてTAIJI,そしてHIDEに捧げたいと思います.
=====

6daysで,ここだけでしたね.>父親

=====
・5日目

YOSHIKI:
なんか聞きたい曲ある?「X」?
「X」今回やってないね.Toshlね?

Toshl:
「X」やってないね.「X」はちょっと.
=====

と,言いながら「X」やりましたね(^^;
もちろん「Xジャンプ」もやりました.
リハでも全くやらなかったそうですが,染みついているのでしょうか.

=====
YOSHIKI:
他に何か聞きたい曲ある?

(会場:「もう一回もう一回」)

YOSHIKI:
(Toshlに)コード進行勉強している間,喋っていてください.
=====

ということで,YOSHIKIが急遽ピアノ練習始めて,
アンコールの「X」は二番から.

YOSHIKIは「時間を短縮しようって言ったでしょ」
Toshlは「次いこ」
と言いながら,
YOSHIKIは「じゃあもう一曲だけリクエスト」

これは,YOSHIKIが予定して用意していた曲でしたよね.

♪Scarlet Love Song

この曲をピアノでぱらぱらと弾きながらToshlに,

=====
YOSHIKI:
これ忘れていたよね.

Toshl:
僕は忘れてないよ.

YOSHIKI:
アルバムに入れる予定もないもんね.
=====

こんな話をしていましたね.
アルバムに入れる予定がないのは,
この曲も「Without You」も日本語の曲だからですよね.

この曲は,Toshlはソロで時々歌って聴かせてくれます.

=====
Toshl:
やるかやらないかはっきりしてくれる?
やるならやるでやろうよ.
=====

YOSHIKIがお喋りをグダグダ続けるのに業を煮やしたToshlが遂に(^^;


さて,6日目はWOWOW様毎度ありがとうございます.φ(.. )

=====
・6日目

YOSHIKI:
でもToshl,リハーサル大変だったねやっぱり.

Toshl:
大変だったけど,凄い楽しかった.

YOSHIKI:
本当にね,凄く押されたと言うか,さっきも背中押されたけど,

Toshl:
根に持つね.

YOSHIKI:
でも今日,WOWOWやってるから,みんなが証人.

Toshl:
WOWOW見てる人が?押したってことの証人に?

YOSHIKI:
そうそうToshlがYOSHIKIの背中を押した.

Toshl:
いつでも僕はきみの背中を押したいと思っているわけよ.
いつも悩んだり苦しんだり,眠れない夜を過ごしているから,
僕はやさしく君の後ろからそっと押してあげたいと思って.

YOSHIKI:
Toshlと出会ってから僕ら長いんだけど,10年位違う国に行ってなかった?

Toshl:
またそれ?

YOSHIKI:
国じゃないよね?違う星に行ってた.

Toshl:
全然違う星に行ってた.

YOSHIKI:
何て星だっけ?
洗脳星?

Toshl:
それはだから新しく入ったんでしょ.
「水金地火木土天海洗」と.

YOSHIKI:
あれ一応太陽系の中にいるんだ?

Toshl:
一応ね,冥王星の代わりに洗脳星が入ったの.僕が見つけたの.

YOSHIKI:
凄い暗いような,

Toshl:
凄いよ.Break the Darknessみたいな星だよ.

YOSHIKI:
Toshlの衣装と違って光ってない星?

Toshl:
ギンギラギンではない.さりげなくもないです.
今日はWOWOWも入ってるし.

YOSHIKI:
X JAPANのコンサートだし.

Toshl:
イメージがあるからイメージが.

YOSHIKI:
じゃあ何?何かさ,ここリクエストコーナーだよね.
いつもリクエストコーナーなんかないじゃん.X JAPANのコンサートでは.

(昔,東京ドームでオンタイムで始まった話.省略^^;)

YOSHIKI:
今日も準備出来てたの.早く始めちゃおうかと言ってたんだけど,WOWOW的に,

Toshl:
WOWOW的に復活のコンサートの時に,

YOSHIKI:
前回も何かさ,「覚悟の生放送」だって.

Toshl:
WOWOWも命かけてるからね.
みんな覚悟してるんだよ.そういう気持ちがないと,みんなもここに来れないし,

YOSHIKI:
だから,早く始めちゃおうぜって言ったんだけど,
「YOSHIKIさんそれは勘弁してください」って.
出来れば2分だけずらしてください.って.

Toshl:
じゃあ,その通りに始めたんだね.

YOSHIKI:
じゃあ,何聴きたい?「X」?
Toshlどうする?昨日のToshlの顔が忘れられない.

Toshl:
急にやるからさ.

YOSHIKI:
だってリハーサルでやってないのに,みんな「X」って言うから,
俺が「X」やろうかなと思ってていたら,Toshlがこっち側見て,

Toshl:
いやいやいや.声がもうきついのね.

♪X(ピアノぱらぱら)

Toshl:
やるの?みんな?
やりたいの?やるときゃやれよ.

♪さめきった~高い(←原キーより高い

(会場:もう一回)

Toshl:
二番も?まだ飛びたいの?

♪X(ピアノぱらぱら)

♪みだれた愛に流され~

Toshl:
アコースティックなんだから

YOSHIKI:
いきなり,ピアノで「X」弾かせないでよ.
いつも俺ドラムなんだから.あまり声のキーとか気にしてなかった.

(会場:「ありがとー」)

YOSHIKI:
お礼を言うのは僕の方です.
本当にこういう場を作ってもらって,
本来であればね,全然趣旨も違ってしまったのにこうやって来てくれて,
本当に感謝してます.
じゃあ,次の曲は,親愛なるTAIJI,親愛なるHIDEに捧げたいと思います.