7/16 YOSHIKIチャンネル -Toshl-

「としちゃん」から「YOSHIKIチャンネル」に移動.

ユーザー側の画面移動だけでなく,本人達が場所移動.

=====
---いらっしゃいました.お疲れさまでした.YOSHIKIさんとToshlさんです.

(全員立って迎える)

(向かって左にYOSHIKI,右にToshl着席)

(服にピンマイクが付いている)←「としちゃん」にはない

(グッズのドラムスティックを1本ずつ持って点灯して「X」)

---お疲れさまでした.まずは,改めましてYOSHIKIさんとToshlさんに来ていただきました.

(ドラムスティックをマイクのように持ってニコニコ)

(ゲスト4人後列に.司会は2人)
=====

「YOSHIKIチャンネル」は,背後にクリスタルピアノも置いてある大きな部屋でした.
小道具としてテーブルに置かれていた(?)ドラムスティックを,
1本ずつ手に取って,先にYOSHIKIが点灯→スティック赤くなる.
Toshlが点灯に少しとまどり,YOSHIKIがスイッチの入れ方を教え,
その仲睦まじい感じがもう何とも.

ということで,外野の発言は極力抑えながら流します.流し逃げφ(.. )

=====
YOSHIKI:
どう?今日は?

Toshl:
本当に疲れましたよ.

YOSHIKI:
疲れた?
何なの?あの,後ろから脅かしは?

Toshl:
昔さ,

YOSHIKI:
あれびっくりした本当に.

Toshl:
ちょっとこれは明日のネタに取っておこうと思ったんだけど,

YOSHIKI:
昔,何?

Toshl:
数学の塾で,

YOSHIKI:
...あ,ははは.

Toshl:
ははは.小学校時代の話です.

YOSHIKI:
小学校時代に,同じ数学の塾に行ってたんです.で,泊まったんだよね?あの時.

Toshl:
よく覚えてるね?

YOSHIKI:
覚えてるよ.

Toshl:
合宿みたいなのがあって,夏休みか何かで.

YOSHIKI:
覚えている覚えている.何だっけ?

Toshl:
肝試しやろうって話になって,

YOSHIKI:
肝試しやるって言った時からもう泣いてなかった?俺.

Toshl:
そういう塾に一緒に行ってたんですよ.それで,肝試しやろうって言って,
凄い異常な怖がりなんですよ.

YOSHIKI:
昔,TAIJIと,違った.合宿したじゃん合宿.

Toshl:
それもあったね.

YOSHIKI:
その時に,TAIJIお化けの話するの好きじゃん.

Toshl:
うん.

YOSHIKI:
お化けの話をされると俺が怒るじゃん.

Toshl:
マジで怒るね.

YOSHIKI:
俺が怒る方が怖いって言われた.
お化けの話をして,怒る俺の方が怖いって.

Toshl:
そりゃあ怖いよ.お化けの話より.

YOSHIKI:
TAIJIって昔,俺の家に住んでいたことがあった.

Toshl:
そうだね.

YOSHIKI:
TAIJIホラー映画ばっかり借りてくるのよ.
で,俺はずっと目の隙間から見るわけ.

Toshl:
目の隙間じゃなくて指の隙間から.

YOSHIKI:
指の隙間からだけど結局全部見てるの.

Toshl:
見てるんだ?怖いものみたさ.

YOSHIKI:
そうそう.
でも今日の「X」は一体何だったの?

Toshl:
何が?

YOSHIKI:
急に「X」をやり始めて.

Toshl:
「X」?

YOSHIKI:
今日の「X」.

Toshl:
今日の「X」どうでしたか?(と,同室の皆さんに)

---驚きました.

YOSHIKI:
あんなのありなの?

Toshl:
アコースティックのライブなんだから,別にジャンプしなくてもいいんじゃない?

YOSHIKI:
さっき「としちゃんねる」で喋ってたんだけど,Toshlカリメロ状態なのよ.

Toshl:
カリメロの意味がちょっと分からない.
カリメロ分かりますか?(後列のゲストに)分からないよね?
ジョージだけだよついてこれるの.世代的にね.古いんだもんさっきから.

YOSHIKI:
20何年間,アメリカにいるから.

Toshl:
それとこれはあまり関係ないと思うよ僕は.

YOSHIKI:
ファンのみんなに,何か曲聴きたい?って言うでしょ俺が.
そうしたらファンの方はいろいろ言ってくれるんですよ.
俺があれやろうかって言ったらToshlがピアノの方見て,
「まじその曲やるの?」みたいな,どういう心境なの?その時は?

Toshl:
いや.もう本当「やめてよ」って.

YOSHIKI:
なんかうるうるしてるの目が.

Toshl:
それでカリメロ?

YOSHIKI:
サングラスしてるけど,サングラスにでかい目が出てきて,

Toshl:
「やめて」みたいな.

YOSHIKI:
まじでそれやめろ.っていう.哀愁が漂っていたね.

Toshl:
進行を早くしないといけないんですよ.
ミーティングで本人が言ったんですよ.
でも曲は切れないから,じゃあ何が切れますか?って言ったら,
YOSHIKIのトークなんですよ.ね.

(ToshlとYOSHIKIのドラムスティックで「X」)

Toshl:
それを,切りなさいって本人が言った.
じゃあ分かりましたとトーク短くすればいいんだねと.

YOSHIKI:
そうしようとさんざん打ち合わせをして,

Toshl:
いや,今日だけじゃなくて,毎日その打ち合わせですよ.

YOSHIKI:
どうやったらもっとコンパクトに出来るか,コンサートをね.
いろいろ構成のスタッフとミーティングして,照明とかいろいろ考えてね.

Toshl:
そうそう.

YOSHIKI:
そしたら暴走が始まるわけですよ.

Toshl:
房総出身だから.

YOSHIKI:
何それ?

(「X」)

Toshl:
いやいや,暴走が始まるのね.房総半島だから.

(「X」「X」)

---記念撮影をみなさんで.

(記念撮影「X」)

---ここからはToshlさんとYOSHIKIさんお二人に.

YOSHIKI:
二人になっちゃうの?

Toshl:
何で?二人でずっと喋っていたから

---それが見たいんです皆さん

Toshl:
もうもうもう十分ですよ.

YOSHIKI:
(うなずきながらスティックぐるぐる)

Toshl:
いいのいいのそんなこと気にしなくて.

YOSHIKI:
俺が公式だから.

---みなさんに聞いてみます?

Toshl:
いやいやいいですよ.

---大丈夫ですかね?

YOSHIKI:
(Toshlの方を向いて)でも「X」参ったね.

Toshl:
...今,みんなで話そうって言ったのに何で二人で話すわけ?

ジョージ:俺ら合いの手入れるだけで

Toshl:
大丈夫?OK?

---あれはでも本当に急遽だったんですね?

YOSHIKI:
え?

---「X」は.

YOSHIKI:
え,だってリハーサルやってないでしょ.

Toshl:
全然.最初に「X」はどうしようか?って一番最初に選曲する時に,
YOSHIKIがソングリストを持ってきたんですよ.可能性がある曲を全部.
ほとんど全部の曲ですよね.で,これはちょっとないんじゃないって中で「X」は,
これはちょっとないんじゃないのって.

YOSHIKI:
一回やったっけ?

Toshl:
やってない.

YOSHIKI:
最初から却下になったよね.
今回はアコースティックということで,「X」はやめようと.
なのに今日,一回はまだいいよ.

---二番からの時ありましたよね.

YOSHIKI:
昨日の,あと何だっけ?「Longing」じゃない「DAHLIA」.

Toshl:
うん.

YOSHIKI:
あれ何なの?

Toshl:
いやいや.あれ何なの?ジョージ

ジョージ:俺,受付にいたから分からないです.

Toshl:
今日は,お客様のね,「もう一回もう一回」っていうコールがあったんですよ.

YOSHIKI:
いつも無視するくせに.

Toshl:
僕は皆さんの言うことばかりちゃんと聞いていますよ.

YOSHIKI:
いつも何かいろいろ言ってるのに,全然動じないでMC続けるじゃん.

Toshl:
そりゃああなたでしょ.

YOSHIKI:
俺は動じるからすぐに.すぐ動じちゃうから.

Toshl:
「え?なあに?」とかすぐ言うね.

YOSHIKI:
そう.全部聞こえてくるのよ.ばばばーってこられると「ん?」って思うじゃん.
それどうなの?Toshlうまいよねその辺.いつもすげえなと思う.

Toshl:
何が?

YOSHIKI:
だって,いろいろ言われているのに,延々とちゃんと喋ること伝えるじゃん.

Toshl:
いろいろ言われて,言われ慣れてるから.いろんなことを.

---YOSHIKIさん今日だって50県

Toshl:
だからそれは違うよって僕は言ったわけですよ.
47都道府県しかないのに50県はないでしょって.そういう突っ込みを入れたんだけど.

YOSHIKI:
海外も含めると

Toshl:
って返してきたからね.そこの返しが,新しいYOSHIKIなんですよ.
今まではそういうこと出来なかったんですよこの人.ね,喋り的にね?

ジョージ:そうですね.

Toshl:
何て言うの?饒舌になった.

YOSHIKI:
じょうぜつ?

ジョージ:それは言えます.

YOSHIKI:
じょうぜつってどんな漢字?

Toshl:
饒舌って凄い難しい漢字なんだけど.(テーブルにドラムスティックで書く)

YOSHIKI:
すげえ難しい感じ.

Toshl:
一生懸命書いても全然見てくれないから.
昔から字きたないでしょ?

YOSHIKI:
...はい.大人になるとみんな字うまいじゃないですか.
大人の人って字うまいと思っていたんだよね俺たちってね.

Toshl:
そうですよ.

YOSHIKI:
そしたら俺たち,字汚いですよ.
いまだにあの字?

Toshl:
あの字です.

YOSHIKI:
でやまとしみつって感じ?

Toshl:
ははは.本名やめてよ.本名僕「X」なんだから.

YOSHIKI:
それは俺じゃん.どう?でやまとしみつ.

Toshl:
だからあなたも汚いじゃん.字が.

YOSHIKI:
俺の字は暴力的なのよ.

Toshl:
暴力的だし,英語になっても汚いじゃん.

YOSHIKI:
全部筆記体.

ジョージ:YOSHIKIさん英語と日本語とあまり変わらないですよね.

Toshl:
そうそうそう.
漢字と英語が変わらない筆跡持ってる男.

---漢字も筆記体ってことですか?

Toshl:
そうです.

YOSHIKI:
勢いだけはあるよね.

Toshl:
...

YOSHIKI:
なに?

Toshl:
まあまあありますよ勢いだけは.

YOSHIKI:
今日のコンサートも勢いだけはあったと思う.
締めにコンサートの話に戻して.

Toshl:
そうだね.ちゃんと話した方がいいね.

YOSHIKI:
どう?

---今日,アーシュリーさんが日本語でYOSHIKIさんのことをお話されていましたが.

(YOSHIKI,Toshl後ろ向く)

Toshl:
ヨシキ,ヘンデス.

YOSHIKI:
あれは誰が?Toshl?

アーシュリー:ノー.

Toshl:
あれは一番面白かったよ.

YOSHIKI:
これはペンです.

---誰が教えたんでしょうね?

YOSHIKI:
Toshl聞いてたんだ?あれ.

Toshl:
楽屋で聞こえてきたから,

YOSHIKI:
うけた?

Toshl:
超うけた.わーって.

YOSHIKI:
じゃあ,明日はどんな感じの,

Toshl:
明日はね,最終日ですから,悔いのないように,

YOSHIKI:
やっちゃう?

Toshl:
やっちゃいますよ.YOSHIKI,でも気をつけてね.

YOSHIKI:
そうだね.昨日ちょっといきすぎたね.いきすぎた.

Toshl:
1曲,客たんやってたじゃん.

YOSHIKI:
あれはちょっと,メンバーがどういう反応するかなって.

Toshl:
なんか向こうで白い煙がばーって出てるから,びっくりしたみたいな.
重い物持っちゃだめって言われていたでしょ.

YOSHIKI:
あれ持ってない.あそこだけ.

Toshl:
ガンになってるからね.

YOSHIKI:
そこだけ持ったの.どう?面白かった?

Toshl:
面白かったよ.身体が心配だけど.

YOSHIKI:
X JAPANの場合,昔から,いかにメンバーを笑わすかっていうのも,

Toshl:
ね.よかったです.

YOSHIKI:
どう?Toshl今回のツアーやって,もう1日残っているけど.やっぱりやってよかった?

Toshl:
いやいややってよかったです.

YOSHIKI:
いやね,本当にね,Toshlのおかげですよ.ね.手術前後やっぱりToshlと長電話して結構ね.

Toshl:
そうだね.

YOSHIKI:
そうそう.

---今回やってよかったって今日Toshlさんもライブ中に発言されていましたよね.

Toshl:
はい.

YOSHIKI:
ちゃんと「としちゃん」の方でも,
心の葛藤があったもんね.

Toshl:
そうだね.

YOSHIKI:
明日も「としちゃん」やるでしょ?

Toshl:
明日も「としちゃん」やりますよ.

YOSHIKI:
明日もまたかけもちで.「YOSHIKIチャンネル」も「としちゃん」もやるという.
でもね,「としちゃん」の楽屋から遠いの.

Toshl:
すげぇ遠い.

(レールか何か敷いてくれない?という話)

---Toshlさんいかがですか?アコースティックのアレンジで歌うのは大変なものですか?

Toshl:
大変ではないんですけど,大変です.

YOSHIKI:
でもなんか今回神がかってるよね.

Toshl:
やっぱりほら,「ミラクル」だから今回.タイトルが.

YOSHIKI:
タイトルで神がかるんだ?

Toshl:
そうそう.

YOSHIKI:
じゃあタイトルが「破滅に向かって」ってやばかった?

Toshl:
やっぱり破滅に向かっちゃった.

YOSHIKI:
そうか,タイトルか.

Toshl:
タイトルが「ミラクル」だから.

YOSHIKI:
明日はね,集大成?今回のね(Toshlの顔をのぞき込む)

Toshl:
やりますよ.明日は.

YOSHIKI:
今回こういうことがあったけどね,やってもらって,よかったです.
Toshlまた明日があるから.

Toshl:
はい.

YOSHIKI:
この蛇は何?(Toshlのグローブを指さして)

Toshl:
(立ち上がりながら)
これは,へび年だから.僕も君も.

YOSHIKI:
俺もへび年?

Toshl:
君は「X」

YOSHIKI:
俺の場合,でも,へびの,サソリのB型.

Toshl:
最悪だよもう.そんな人間いるんかっちゅうくらい最悪.何かもうダメージでかい.

YOSHIKI:
毒の毒のB型だよ.

Toshl:
B型でしょ.B型ばっかりだもん.

YOSHIKI:
TAIJIは?

Toshl:
TAIJI,Bだよ.
(Toshl再び座る)

YOSHIKI:
ABじゃなかったっけ?
AB,HIDEだ.

Toshl:
PATAもB.

ジョージ:PATAさんも毒の毒ですからね.

Toshl:
PATAも.

YOSHIKI:
Toshl,Aだっけ?

Toshl:
僕,Aなんですよ.ジョージ何?

ジョージ:Aです.

Toshl:
ね.ジョージはいい.

YOSHIKI:
だからこういうふうに大丈夫なんだ.

Toshl:
じゃあありがとうございました.
(Toshl立ち上がる)

YOSHIKI:
Toshlありがとね.
(YOSHIKIも立ち上がる)

Toshl:
じゃあまた明日.お疲れ.
(Toshlの方からYOSHIKIに手を出して軽く握手)

(全員起立でToshlをお見送り)

Toshl:
じゃあこれをきみに預けます.
(と言って,ずっと持っていたドラムスティック片方をジョージに渡す)
「X」じゃあまた.バイバイ.

YOSHIKI:
休んでね休んでね.
=====

このような感じで,15分位滞在してToshl退場.
全員起立で見送りました.
そう言えば登場時も全員起立で拍手で迎えました.

この日の「としちゃん」を思い出すと,
ソファにToshlが座っている所にYOSHIKI登場.
Toshlは立って迎えず,座ったまま迎え,そのままYOSHIKIにソファに押し倒されていました.

この後,Toshlは「としちゃん」に戻り,締めの挨拶をして「としちゃん」終了.
「YOSHIKIチャンネル」はこの後もまだ延々と45分位続きました.

ゲストの人達と15分位喋り,
その後YOSHIKIがピアノに移動して「真夜中の追加公演」.

=====
♪Voiceless Screaming

ちょっと弾いて,「楽譜持ってきて」

♪Crucify My Love
♪Rusty Nail

(楽譜届く)

「今何時?」「TAIJIの命日か」

♪Voiceless Screaming

「明日やってみようかな?この曲」
「X JAPAN時代っていうか,初めて今回のツアーで,この曲を俺.
TAIJIがいる時も俺はやってない.もともとアコギの曲なんで.
でもいい曲だねやっぱりね」

「みなさんのおかげで何とかここまでこれました.
残すところ一日,あまり体調よくないですけど,全力で頑張ろうと思います.
明日ここにいればね,乗り切ったということなので,エンディングテーマ曲弾きますか」

♪Forever Love

(この後オーディションという話を聞き,「忘れてた」)

♪どこに行けば苦しみを愛せる~(のフレーズから)
♪Silent Jealousy