10/9 Toshl SPB -4-

★10/9 昼の部

この時の衣装は,全身真っ白でした.白い夜でもないのに.
白の上下スーツ,白いTシャツ,靴も白いキラキラ付きのスニーカー.
手のグローブは黒でした.蛇ではなく,地味めの大人しめの黒いグローブ.
キラキラ玉手箱も同じ衣装だったと思います.

最近,Toshlは白いジャケットを着用することがかなり多いですよね.
ウェンブリーの最後も,奇跡の夜の最後も白ジャケでした.
8月のDSでも上下真っ白の日がありましたし,
オールナイトニッポンの記者会見の時も白でしたし,先日のラジオも白でしたね.
白が好きなのか白が似合うのか両方だと思いますが,
例えば昨年8月東京ドームホテルDSの白いタキシードは,
着膨れしてコロンコロンに見えましたが,
最近特に膨張色が似合うようになったというのは痩せたということなのでしょうか.
で,この日の,誕生日前日の,極端な「全身真っ白」は,

「51歳さようなら(^^)/~」

という白だったのかなと思います.
というのも,2年前,2015年10月9日,大阪ロートさんでの誕生日DSの誕生日前夜が,
お料理のテーマが「白」で,
Toshlは白い衣装ではなかったと思いますけれども,
なんか「白」いイメージの曲とか雰囲気が漂うライブだった印象が強かったです.
あの時は,いろいろあった40代さようなら.これから未知の領域の50代にすすみます.
というような,ある意味悲壮な決意のような感じの雰囲気もありました.

今回の「白」は,
「51歳ありがとうさようなら」
という感じの「白」かなと思いましたいや何となく.

=====
Toshl:
今日一曲目は,これを聴いていただきたいと思いまして準備しました.
「クリスタルピアノのキミ」を.
=====

ということでした.
一曲目が「クリスタルピアノのキミ」(^^;

この時のMCで,
・YOSHIKIからプレゼントを送ったという連絡があった
・届いた時にお見せしたいと思います
・50歳過ぎていまだにプレゼント交換
・向こうが先に(贈ってくれる)
・返さなきゃいけないのが大変
・何でも持ってるからYOSHIKIは
・持っていないのは僕の心だけ

♪クリスタルピアノのキミ
=====

小瀧くんのピアノで,Toshlは椅子に腰掛けたまま.
堂々と朗々と照れもなく開き直った真っ直ぐな気持ちという感じ(^^;

この曲を久しぶりに聴いたのは,2016年1月のミクニでしたが,
それ以降は毎回のようにセトリに入っています.

今回,バースデーライブの一曲目ということで,
まずはYOSHIKIへの思いから.という感じでSPB始まりました.熱いのなんの(^^;
感謝なのか腐れ縁なのか何なのか,
一言で言うと,人生の中で一番長く,かつ濃い時間を共有している『キミ』.
術後まだ半年経っていませんから,今後YOSHIKIのドラマー人生がどうなるか分かりませんけれども,
それでも「何があっても離れない」と,今だからこそ.

『キミ』ですから,一応二人称ですよね.「you」ですよね.

と,なると,「CRYSTAL MEMORIES」の「you」がYOSHIKIの部分もあり,
「we」がToshlとYOSHIKIの部分もあるのかなとも.
「CRYSTAL MEMORIES」は,何通りにも解釈出来る歌詞で,
いろんなパターンを考えて楽しんでいます(^^;

=====
Toshl:
(ゴハンの話:昼のテーマは「薔薇」)
次の曲は「星空のネプチューン」.

♪星空のネプチューン
=====

曲紹介は特になく,さくっと次の曲にいきました.
この曲も,以前は歌詞の意味を考えたものでした.よく分かりませんでした.
作られた時期は,「クリスタルピアノのキミ」と同じ時期だと思います.

この曲は,Toshlの中では名曲の部類の曲だと思います.
Toshlもきっと大好きな曲で,歌う機会も多い曲ですよね.
心込めて美声響かせて,
でも,誰に歌っているのでしょう?と,いつも思います(^^;

この曲も『キミ』ですよね.

歌詞に天王星とか海王星とか出てきますよね.
「冥王星」に近い(というほどでもないですけど)んですよね.
この曲がSPB二曲目の曲.

=====
Toshl:
続きましては,「群青の夕紅れ」.
=====

続いてこれも曲紹介もなく始まりそうになりましたが,
(音の合った)ギターがないとかで,チューニングの間,場つなぎ.

=====
Toshl:
本当に一年って早いですね.
去年の誕生日って何やってたんだろ?
=====

と,客席に振り,「VJSのリハーサル」ということでした.
誕生日は,X JAPANとToshlソロで1年交代のような感じですので,
来年はYOSHIKIに浚われる年なのかな?と.

=====
♪群青の夕紅れ
=====

この曲は,「再起をかけた男の決意」を込めた曲だったと思います.
でも,この曲の頃は,まだまだ暗かったと思います.
この曲以降,Toshlの人生が明るくなっていったというか,変わったというか,
「スイーツ紅」も「としちゃん」も「ルナフェス」も,この曲以降ですよね.

えっと(@_@)←考えてる図

この曲のモチーフは,大雪山ですから,
「洗脳」出版より半年程前.「MSG」よりも10ヶ月位前ですよね.
最初の大雪山は,もっと前になるのかな?
そうか...この曲は,リリースは「洗脳」出版後ですが,
曲の中身は「洗脳」出版前ですね.そういうことですね.
「CRYSTAL MEMORIES」のような世界観はなかった頃ですね.

=====
Toshl:
次は,みんなと一緒に歌うやつです.
「Passion of Love」という曲をやります.最後「ラララ」ってみんなで.

♪Passion of Love
=====

今年1月ミクニ明けましておめでとうライブで間違えた部分を今回もやはり間違えました(をい

「遠い日の記憶の中」

という歌詞は鬼門でしょうか?(^^;
1月は確か3回か4回繰り返しましたが,今回はその部分にうまく入れず(^^;
でも何もなかったかのように合わせる小瀧くんさすが(^^;

最後の「ラララ」は「one more time」.

=====
Toshl:
「one more time」と言うとPATAの顔が出てきちゃうね.
PATAがやな顔して出てくるんだよね.
=====

というような感じで,X JAPAN「奇跡の夜」のアコギコーナー「Say Anything」の,
最後の何度も繰り返した部分の話になり,
後から聞き返したら確かにしつこかった.とか,
あの時のPATAのいやそうな顔がトラウマで.とかな話がありました.

「one more time」ネタは,4公演全部引きずったと思います確か(^^;

=====
Toshl:
次もみんな歌う曲.「ラララ」.
「Love Song」行きます.
=====

「one more time」って言ったらPATAの顔思い出してね.
という話と,
バレンタインロックで収録したみんなの声を入れて一緒にCDデビューしたというお話.

「綺麗に入っていたでしょ?」
「綺麗にしましたから」

=====
♪Love Song
=====

これのレコーディングって,「ラララ」だけでなく,歌詞全部歌いましたよねワタシ達.
でも,CDに入っていたのは「ラララ」だけでしたよね?(^^;
これって,ばっさり却下だったのかな?と思いました(^^;
Toshlプロデューサーって,結構かなり随分シビアだったりして(^^;

次が,「AutumnToshl」の話.

=====
Toshl:
これからもっと凄くなる.
今は序の口.
Autumn終わったらWinter.
SpringToshlまで行く.
やれる内にやっておきます.
いろいろ,いろんなことが起きてきますからね.
=====

この部分は,数年前の言葉でよくあった「年齢的体力的限界」という意味ではなく,
「X JAPANとの兼ね合い」というように私は感じました.
今は(YOSHIKI術後のため)X JAPANの表立った活動が止まっているので,
今の内にソロとして自由にやれる内に.という感じ.

=====
Toshl:
・「としちゃん」にX JAPANのメンバーを呼ぶ
・僕の新曲出たからお祝いしてもらわないと
・(YOSHIKIは忙しいので)YOSHIKI以外のメンバーを呼ぶ
・「としちゃん」いろんなゲストを呼ぶ
・SUGIZOと出た雑誌「Player」
・SUGIZOと一緒に表紙
・SUGIZOと対談,巻頭インタビュー
=====

SUGIZOも忙しそうですけどね(^^;
でもSUGIZOは来てくれる.愛ですね(^^;
Toshl作詞の曲をさっさと世に出してくれるなんて,
なんていい人なのでしょう.という感じです.

=====
Toshl:
次の曲は「HANA~いのちの芽生え」です.

♪HANA~いのちの芽生え
=====

この曲には「ラララ」はなかったですね.
しっとりとやさしい歌声でじっくりと.でしたね.
次のMCも「AutumnToshl」関係.

=====
Toshl:
・「僕もCDが出た」
・「アマゾンで買えます」
・「プライムで聴けちゃうんです」
・「もう何でも聞けちゃうからいいかなって」
=====

まずはこんな話からでした.
配信とかストリーミングとかCDとかは,Toshlもいろいろ考えていると思います.

アマゾンで,
・ストリーミング(プライム)は無料
・ダウンロードは有料(1曲250円)
で,簡単に手に入るんですよね.
だからこそ,パッケージ版には付加価値(歌詞カード)が欲しかったなと思いましたが,
敢えてそれを付けなかったのは,「ドS」「じらし」でないのならば,
何か考えがあるのかな?と思ったのですが,訊いてもはぐらかされました.

=====
Toshl:
・「凄いことあるんだよ」
・「Toshlove歓喜」
・「絶対びっくりするよ」
・「今までにない話だから」
=====

言えないけど言いたいけど色々あるんです.ということでした.
10/13「としちゃん」で発表(?)された,
・BSテレビ90分Toshl特番
のことなのでしょうね.

「今までにない話」ということで,
マダムタッソー完成とか,Toshlメログッズ展開決定とかではないなと思いました.

=====
Toshl:
次の曲は「Grace」.

♪Grace
=====

1995年のアルバム「Grace」の曲は全て作詞がTOSHIですから,この曲もそうですね.

「ただ広がってく あなたの愛に
包まれて 夢をもう一度 見つめたら
輝きを放つ 新たな役割たち
すべてを ひとつにつなげてる
与えてゆく My love 永遠へと続く...
抱きしめる Oh my Grace」

この歌詞は今のToshlにもぴったりだなと思いました.
愛おしそうに歌っている.そんな感じもしました.

この頃(1995年)は,事務所が長兄に続き竹田氏もダメで次兄さんに変わった頃ですね.
ですから,あぁまぁ,そんな頃ですね.

=====
Toshl:
続けていきますよ.次は「made in HEAVEN」.

♪made in HEAVEN
=====

大雑把に見ると,この日のここまでの曲は,最初の3曲が脱会後の曲で,
その後が解散前のソロ曲ですね.遡っていくような感じ.
ソロのデビュー曲を歌って,次がバースデーセレモニー.

=====
(ケーキ登場)
(小瀧くんピアノで「ハッピーバースデー」)
(みんなで歌う×何回か)
=====

あのケーキの大きさ美しさは迫力ありましたよね.
Toshlは以前にスイーツ紅か何かで,一番好きなケーキは「イチゴのショートケーキ」
と言っていたと記憶していますので,一番お好きなケーキなのだろうなと.

でも,あのケーキ,2人でステージに持ち上げることが出来ました.

2010年のお誕生日にニューヨークでYOSHIKIが用意したケーキは,
45kgのケーキと報道されていましたから,
どんな非常識なケーキだったのかなとふと思いました(^^;

=====
Toshl:
52本倒すには凄い肺活量がいるよ.
=====

ここではこう言ったと思います.
翌日昼の部では,「世界が認めた肺活量」でした.

Toshlの肺活量...Toshlの肺活量...

いかん(^^;興味ありすぎる(^^;ぜひとも数値を聞きたい(^^;

で,もう一回HappyBirthday歌って吹き消して,また夜に使うからということでケーキ退場.

続いてプレゼント大会.
1日目の昼の部は普通のじゃんけん大会でした.

そしてコンサート再開.
4公演とも,「時の海へ」の時に,「アングルToshl」のカメラが客席を回ってきました.
Toshlを撮りながら次々と隣の人に回していくというカメラでしたが,
モニタの部分が真っ黒でしたので何をどうやっていいのかわからないままお隣へ.

=====
Toshl:
盛り上がっていきますよ.
ゲームもうすぐ出ますよ.
ゲームでもいろいろありますから楽しみにしていてください.

♪時の海へ
=====

ゲームは11月の下旬と言っていましたよね.
その頃にはSUGIZOのアルバムも出ますし,
11月にはPATAの誕生日とYOSHIKIの誕生日もありますね.
11月中旬になるとYOSHIKIの術後6ヶ月になりますし.
いろいろ動きがありそうですけれども,
とりあえず,今度のテレビは「ミュージックフェア」.
その後も,テレビまだ言えませんけどある予定です.とのことでした.

=====
Toshl:
じゃあ「CRYSTAL MEMORIES」を聴いていただきたいと思います.

♪CRYSTAL MEMORIES
=====

今回は4公演とも,「時の海へ」→「CRYSTAL MEMORIES」2曲続けて.
昼の部は両日とも,その後にもう1曲.
夜の部は最後の曲としてこの2曲.

=====
Toshl:
では,最後の曲になります.「Toshloveと共に」.
=====

こんな感じでした.
一旦退場してアンコールではなく,予定のセトリとしてなのでしょうね多分.

誕生日前日の昼の部は,
最初の曲が「クリスタルピアノのキミ」.
最後の曲が「Toshloveと共に」.

=====
Toshl:
一応Toshloveですから皆さんね.
Toshloveの前でしか歌えないでしょ.
これいいってみんな言わなかった?いいでしょ?
=====

何度も聴く曲でもないと思うな(^^;
初めて聴いたあの時の衝撃だけでもうお腹いっぱいなのに,
CDまで出ちゃったのですから(^^;

=====
Toshl:
この後AutumnToshlからトルネードToshlへ推移しながらのWinterToshl.
そこからのA Happy New Year Toshl.
その後もいろいろいきますから,
引き続きみんなと楽しい余生を,
これからさらにパワーアップして,
もっと楽しみ全開でいきたいと思いますので,
ぜひ一緒にこれからも歩んでいきたいというふうに思っております.

♪Toshloveと共に
=====

こんな感じでした.わけわからんMC(^^;

でも,この日の昼の部は完全にソロの曲のみ.
演奏はおなじみの小瀧くん(とToshlのアコギ).

Toshlにとって,X JAPAN「奇跡の夜」は大きかったのだろうなと思いました.
今までの(ミクニとかでの)ソロを役立てることが出来て,
(と言うか,これがなければ「奇跡の夜」もなかったのだろうなとも)
そして,「奇跡の夜」で得た自信とか何かいろいろそういうものを持って,
こうしてまたソロで.

今のToshlソロ活動は,昔と違って悪循環ではなく,
X JAPANとソロの間でいい循環になっているのだと今回は特に思いました.

=====
Toshl:
51歳という一年を過ごしてきましたが,人生最高の一年でした.
皆さんのおかげ.
また明日から新しい年.Toshlとしが始まっていくということです.
本当にめでたいです.
皆様ありがとうございました.またお会いしましょう.
=====

Toshlの場合,「誕生日」が一つの大きな区切りのようですね.
「新年」よりも「誕生日」の方が,明らかに大きな区切りなんだなと思います.

いや,でも,あけましておめでとうライブでは,さらにドヤ顔でこう言うのでしょうね.

「Toshlの始めでございます(●~●)」