10/10 Toshl SPB -6-

★10/10 夜の部

この回のテーマは「ウェンブリーアリーナ公演」.
でも,昼の部の「MSG公演」と,かなり曲は被っていますから,
被った部分は省くでしょうし,
昼の部は「MSG公演」の本編終了で止めていましたから,
この「ウェンブリーアリーナ公演」は,どのようなセトリでやるのか,
曲目が大体分かっているにしても楽しみでした.

=====
Toshl:
皆さんこんばんは.
私のめでたい誕生日に皆さんお集まりいただきまして誠にありがとうございます.
Toshlとしは幸せでございます.

Toshl:
昨日今日,昼夜昼夜の二回公演
その間に,キラキラ玉手箱
その他にも,テーブルサイドコンサート
すっごい今回歌った感じがします.だから充実しております.
=====

というような「ご挨拶」から.

テーブル横の生歌は,1回に付き4か所だったと思います.
夜の部が2日あって,それぞれA班B班ありましたから,
全部で16曲になるのかな?

確かにすっごい歌った感じしますよね(^^;

そして,ここで,CUTTくんから誕生日プレゼントを貰ったという話.
「3D肩もみ機」ということでした.

「さすがですよCUTTは」
「歌うと頸が凝って頭が痛くなる」
「ボーカリストですから分かっているんです僕の悩みを」
「最新式の巻くやつ」

X JAPANのコンサートでは,ステージ袖にToshlの場所を設けて,
寸暇を惜しんでそこでマッサージ受けているようなそんな感じですが,
Toshlソロのライブでは,そんな感じは全くなく,
ステージにToshl出ずっぱりでじゃんじゃん次々どんどん歌いますよね.

やっぱり,X JAPANの曲がアレなのか,高音がアレなのか,
YOSHIKIは血管年齢28歳(でしたっけ?)かも知れませんが,
Toshlの頭痛はちょっと心配ですよね(;_;)
頭の血管ぷっつん.は,怖いです.

=====
Toshl:
夜の部のテーマは,ロンドンウェンブリーアリーナでのコンサート.
昼はニューヨークマジソンスクエアガーデンのライブをやってきたんですけど,
そこと被っている曲は排除していきます.
被っていない曲でいくと,最初に歌わないといけない曲は,「Kiss The Sky」です.
=====

びっくりしました(^^;

実際にここ(ミクニ)でToshlが歌った部分は,
今までX JAPANのライブの公開レコーディング時に披露されていた部分だけでしたけれども,
それでもびっくり(^^;

「誰も本当の歌を聴いたことがない」
「僕もこの間聴いたら更にどんどん変わっている」
「聴く度に凄いパワーアップしている」
「はっきり言って鳥肌立つ」
「圧倒されちゃった感じ」
「スタジオにいてもボンと吹き飛ばされましたよ」
「それ位凄い曲になってます」
「出ればね」

出ればね(^^;

=====
Toshl:
みんなで歌うところから始めます.

♪Kiss The Sky

「one more time」×3
「腹からこいよ」
=====

ハイ(^^;
公開レコーディングではありませんでしたが,まさにあんな感じ(^^;

でも,曲の断片であるにしても凄い曲,凄い歌,凄い迫力でした.

=====
Toshl:
次の曲は,「La Venus」.
=====

出た(「We Are X」サウンドトラック)もの(アコースティック)は,偽物だそうです(^^;
偽物と言うかアコースティックだそうです.
「本物は物凄いよ」とのことで.

我々(Toshl+CUTT+小瀧)が偽物で,
「La Venus(アコースティック)」が偽物で,
要するに,
本物(X JAPAN)の「La Venus(正式バージョン)」は物凄いということらしいです.

で,「偽物(我々3人)」が「偽物(アコースティック)」をやりますという感じ(^^;

前説がそんな感じでしたから,頭ぐるぐる(@_@)
ニセモノがニセモノ.だけどボーカルは本物(^^;

=====
CUTT:
マジソンスクエアガーデンからウェンブリーまでこんだけ曲が増えているんだなと.
どちら(「Kiss The Sky」「La Venus」)も出てはいないんですけど.

Toshl:
なにそれ.皮肉たっぷり.ファンを代表して言ってるわけだね.

CUTT:
2年間の軌跡を感じますね.

♪La Venus
=====

振り返って考えたら,Toshlは,

2014年7月,「洗脳」出版により,業火にその身を投じ,
2014年10月,MSG公演で,見事に火の鳥となって復活.
その後,右肩上がり.

だと思います.

YOSHIKIは,というと,私の感想では,
「We Are X(映画)」は,「洗脳(本)」よりも火力が弱いと思います.
だから,なかなか復活出来ないのかな?とも(^^;

=====
Toshl:
「La Venus」の次は「Without You」です.

♪Without You
=====

MSGと被っている曲を省けばそうなるんですよね.

「La Venus」は,MSGの時には(多分)まだなかった曲.
「Without You」は,MSGの時には歌わなかった曲.

この曲も多分,2年間の軌跡を色濃く映す曲.

=====
Toshl:
ウェンブリーはまだ1年経ってないね.全然経ってないね.最近だね.
=====

という話から,ロンドン話.
ウェンブリー公演終わった後,CUTTくんとロンドン市内回った時に,
Toshlがタクシーの中に携帯を落とした(置き忘れた)という話.
慌てるCUTTくんに対し諦めの早いToshl.

=====
Toshl:
だってもう無くなっちゃったもんしょうがないでしょ.
切り替え早くしないとくよくよしててもしょうがないじゃない.
さっさと嫌なことは忘れる.
=====

あのぉ(^^;←って思いました.

現金落としたのならばきっぱり忘れてもいいと思いますが,
携帯電話落としてほったらかしでいいのでしょうか?(^^;
「iPhoneを探す」とか「警察届け」とか「遠隔ロック」とか「初期化」とか.
そんなお話は一切ありませんでした.それよりも観光続行したという感じ.

さすがだと思いました.さすがToshlと(^^;

=====
Toshl:
そんな事件がありました.
次の曲は「I.V.」

♪I.V.
=====

最後は高い美しいシャウトでしたね.
携帯落としてもシャウトで昇華(^^;

=====
Toshl:
次は「X」.
「X」をアコギでやっちゃいますよ.SUGIZOには怒られちゃいますよ.
=====

「奇跡の夜」で,予定になかったのにリクエストで急遽やることになって,
YOSHIKIがピアノ弾きやすいキーで弾きやがった.と(^^;
CUTTくんの解説では,全音半高い音だったということで,
それでなくても(原キーでも)高いのに物凄く高くなったけど,
でもそこそこちゃんと歌ったでしょ( ̄^ ̄)という「X」.

=====
♪X

Toshl:
おまえら,愛してるぜ
=====

この曲の次が,モノマネコーナーでした.

=====
Toshl:
「X」の次の曲はYOSHIKIのピアノソロなんですよ.
やってみるよ.

(YOSHIKIピアノソロのしぐさのモノマネ)

(Y「みんな,どこから来たの?」)
(Y「50個全部聞こえる」)

Toshl:
さっきYOSHIKIから電話があったんですよ.4時半頃に.

(YOSHIKIのモノマネで)

(Y「たんじょうびおめでとう」)
(Y「今ニューヨーク」)
(Y「今夜中の二時半」)
(Y「すあまでお祝いしようよ」)
(Y「運動会の時に紅白の食べるでしょ」)
(Y「すあま」)
=====

この日は「キラキラ玉手箱」を16:45までやっていましたから,
YOSHIKIからの電話は,その直後だということでしょうね.

=====
Toshl:
SUGIZOからも早速メールが.
メールなのになんかSUGIZOっぽいんだよね.

(SUGIZOのモノマネ)

Toshl:
存在自体がありがたい.
本当に凄い人だなって思います.
素敵な人.
きめ細かい配慮が.
ミュージシャンとしても人としても素晴らしい.
=====

ここで「Player」の対談と表紙の話.

=====
Toshl:

(SUGIZOのモノマネで)

(S「あのね,Toshlさんの声って,国宝なんです」)
(S「ライブで,国宝の隣で演奏させてもらっているっていう喜び分かる?」)
(S「Toshlさんは人間って言うより国宝なんだから」)
(S「国をあげて守らなきゃいけないんです」)

Toshl:
こういうことを延々と.
僕は国宝じゃないですけど,SUGIZOは本気でそう思ってくれて,ケアしてくれる.
=====

SUGIZOに感謝して手を合わせておきます(-人-)

=====
Toshl:
次はYOSHIKIのピアノソロで弾かれた曲.
ロンドンならではの曲です.
クイーンの曲で「ボヘミアンラプソディ」.
これ凄かったね大合唱.
じゃあ今日はそれに挑戦してみたいと思います.

♪Bohemian Rhapsody
=====

曲の前のMCで,Toshlの,クイーン昔語りがありました.

「フレディマーキュリー最高だよね」
「子供の時にクイーン好きだった」
「フレディは,ゲイだったわけですよ」
「小学生だったから分かんないから」
「何であんなぴっちりした(服と胸毛)」
「歌は好きなんだけど」
「純粋に凄く不思議に思ったのよ凄いなって」
「今聴いてもクイーンって凄いね」

KISSとクイーンが好きだったという話でした.
KISSのジーンシモンズは化粧してて凄くて,
フレディは化粧してなくても凄かったというような(?)話.

Toshlの歌う「Bohemian Rhapsody」は,
いや,これこそ,この場(ミクニの120人)で聴くのはもったいないなと.

=====
Toshl:
次の曲は「ENDLESS RAIN」です.

♪Endless Rain

Toshl:
いいね.素晴らしい曲だわ.素敵.
では次は,「Art of Life」でございます.

♪Art of Life(後半)

Toshl:
これ「(最後の)life」に命かけないといけないね.
引き続きいきますよ「Say Anything」.
SEでかかったの?SEやらなくてもいいじゃん?
分かるよ聴きたいのは.僕も聴きたいもん.
=====

ウェンブリーアリーナ公演のSEは「Say Anything」ではありませんでした.
「Tears」「Forever Love」でした.
「Say Anything」は,「La Venus」と「Born To Be Free」の間のMCの中でちょこっと.

・La Venus
・Say Anything(ちょこっと)
・Toshl「Life is beautiful!」
・Born To Be Free

この順でしたねウェンブリーでは(^^;

で,「Say Anything」やるはずが,ギターのチューニングが違うとかで,
それじゃあ誕生会先にやろうかということになって,
それってやっぱり,(Say Anythingの)曲順がここではなかったってことなのだろうなと.

=====
Toshl:
どっちが早い?ギターが早いかケーキにローソク付けるのが早いか.
=====

ギターのチューニングを合わせるのが先か,
ケーキのローソク52本全部に火をつけるのが先か,
ということになってケーキの方が先に準備が出来てケーキ登場.

=====
(ピアノ演奏Happy Birthday何度も)

(ローソク吹き消し)

(YOSHIKIからのプレゼント乱入)

(プレゼント開封.お披露目)

(プレゼント大会,チケット半券による抽選会)
=====

YOSHIKIからのプレゼントは,サンローランのクロコ(?)の黒い鞄.
Toshlがインスタに上げていたあの重そうな鞄でした.

・2014年は真っ白なストール手渡し
・2015年はストール2枚,会場(ロートさん)届け
・2016年はスカルの鞄手渡し
・2017年は黒い鞄,会場(ミクニさん)届け

ということで,来年は品物の種類変えて手渡しですね(^^;

=====
Toshl:
ではみなさまのリクエストにお応えしまして「Say Anything」を歌います.

♪Say Anything
=====

「リクエスト」という点では合ってますね(^^;
ウェンブリーでも「リクエスト」にお応えして即興で.という感じでした.

ウェンブリーと違うのは,この場では,「ちょびっと」ではなく長いバージョン.
たっぷりとToshlの「Say Anything」.
この曲は,アルバム「Jealousy」の中で最後に地獄を見たという曲.
そんな思い出も今は美しく透き通ってクリスタルなメモリーの一つに.

=====
Toshl:
では,新曲を聴いていただきたいと思います.

(恒例のアングルToshl回覧)

♪時の海へ

「皆さんの本当に熱い応援のおかげで」
「日々右肩上がりと言っておりますけども」
「自分でも不思議な位いろんなことが現実化されていって」
「トルネードToshl,本当にあるんです」
「みんなと喜べるような楽しめるようないろんなのがバシバシ出てきます」
「楽しみに待っててください」
「イベントも,お正月に会える方はお正月に会いましょう」
「10月11月もいろいろととしちゃんとか出てくると思います」
「あっちの世界(二次元)でもお会いしましょう画面越しですが」

Toshl:
最後は,記念すべき歌になりました.
「CRYSTAL MEMORIES」を歌いたいと思います.

♪CRYSTAL MEMORIES
=====

最後まで声が嗄れることがなく,
それよりも最後になるほど絶好調なToshlの声でした.

やっぱり最終公演は,
これで終わり感
やり尽くし感
悔い残さない感
などがあると思います.


だけどこの後,Toshlは,B班のゴハン会場で
・Scarlet Love Songを2回
・Tearsを2回
生声で歌いましたよね.