Blue verse

アクセスカウンタ

zoom RSS 今夜は2本録画 -2本目-

<<   作成日時 : 2018/01/12 06:12   >>

ナイス ブログ気持玉 30 / トラックバック 0 / コメント 0

2本目「ドラマ25 MASKMEN 第1話」

私の所では,テレビ大阪で,24時52分〜25時23分となっております.
番組公式サイトでも,テレビ番組予約画面でも,「Toshl」の名前は出てきませんが,
エンディングテーマに「マスカレイド」だということです.(よね?

で,「野生爆弾・くっきー」って,何となく思い出しました.

3年前の「めちゃユル」(←「めちゃいけ」ではない)に住職役で出ていた人ですよね?
長くなりますけれども,その時の資料もぺたり.

=====
2015.2.1配信
めちゃ×2ユルんでるッ!
第2部 真冬の超常現象スペシャル
司会:岡村隆文

(4)Toshl(X JAPAN)『バケモノアゴケツネ』

---次は大丈夫ですか?本当に?次は僕もめちゃめちゃこわい.まじで.まじで大変.みなさんも多分,え!ってなると思いますよ.

---でも憑いているんでしょ?その方にケツネが.

---嘘でしょ?

---僕はちょっと怖いですね.

---誰ですか?次の憑いてはる人?

---(ボードが出る)「Toshl(X JAPAN)」

---本物です.

---まじで?

---X JAPANのToshlさんに,ケツネ様が憑いているってことですか?いや,もう取れたんじゃないですかね?仮にケツネだったとしても.

---いや,まだ取れてないですよ.全然.

---ここは本当,住職,行かない方がいいと思いますよ.今までの流れみたいな感じでやってると.

---このノリ,耐えれないでしょう.

---いやぁ憑いてはれへんて.大丈夫でしょう.

---あの,くれぐれも,あんまり変なことを言わないでくださいね.

---言うたらあかんことなんかないでしょうが.

---ガソリンの話とか.

---Toshlさんにガソリンの話とかするわけないでしょうが.大丈夫ですよそれは.

---本当に,丁寧に丁寧に,今までのノリとは違う感じで.わかりやすいお笑い,そしてわかりやすいお祓いを.それをお願いしたいです.今回のToshlさんに関してはそこを心がけてください.我々のお願いですそれは.あとで変なことになったら面倒臭いでしょ.

---そりゃあ,重鎮ですものね音楽界の.

---いや,そりゃぁそうですよ.

---海外まで行ってるねんから.マジソンスクエアガーデンやで.

---この人こそ,世界へ行ってはる人ですよ.

---世界的なアーティストですよ.

---俺ほんまに憧れの人やねんから.X JAPAN大好きで.

---めちゃいけにこの前出ていただきまして,本物かどうかも疑わしかったですから.偽物かな,そっくりさんかなってずっと思ってたぐらいですから.オーラが全然違いますから.

---どんなケツネ様が.

---洗脳も解けはったんですから.

---まだ解けてないですよ.

---解けたゆうてましたよ.

---気づいてはらないですね,自分ではね.

---マジですか?

---こういうケツネが(ボードを出す)

---当時の,いろいろあった時のですね,それ,ケツネじゃないですものね.この時は,MASAYAですから.
---名前言ってるやん.

---これ,何ケツネなんですか?

---たわいもない名前なんですけど.バケモノアゴケツネって.

---当時そう言ってましたけども.自分自身でおっしゃってましたからね.

---これを今日お祓いに行きましょう.

---丁寧にね.

---丁寧に行きましょう.

---それ持って行くの?

---これは岡村さんが.

---いやいやこれは本当に.それではこうしていきますね.(ボードを2枚重ねる)

---見せないで行けたら見せないで行きますね.

---何となくむこうも和やかになってきた時に見せましょう.いけるなって時は見せてください.

---あんまりにもアレだから.こんなんいきなり見せたらおかしな空気になりますものね.

---こんなん憑いてるって言ったらね.

---(キツネうどんの揚げが震えている)スタジオか.

---完全にここですね.

---いてはります?

---行きましょう.

---これはどうなることやら.

---ほんまにOKもろてるのかな?ドキドキしてきたわ.恐ろしい.

---絶対こんなんやって知らんと思うけどな.

---先頭岡村さん行ってくださいよ.俺ほんまに絡んだことないんですわ.どこでキレはるとか,そんなん全然,頼むよ.

---変な空気なるで,絶対.

---先頭は,岡村さん行ってください.お願いします.1階ですか?スタジオ,B1ですね.

(入り口で誰から入るかもめる,押しつけあい)

岡村:Toshlさんにお話がありまして,ちょっと今がっちゃがっちゃしている状態なんですけど,いいですか?すいません,おはようございます.先日はどうもありがとうございました.今日は,こういう言い方したら変な感じなんですけど,あれやろ?そうやな?ちょっと一人紹介したい.

Toshl:あ,そうですか.

岡村:ちょっともう,系統が全然違うんですけど,

Toshl:系統?はい?

岡村:仲間っていうわけでもないんですけど.

住職:おじゃまします.

Toshl:おはようございます.

岡村:ビジュアル系って言ったらビジュアル系なんですけど.

Toshl:ビジュアル系ですか?

岡村:(住職が手に持ったキツネウドンの)これの説明からした方がええんとちゃう?あと,いろいろとメンバーがいるんですけども.あの,な,言うてたやろ?(と住職に)

住職:俺がそれ言うたらいいんですか?

岡村:野生爆弾という,

---自己紹介したら?

---吉本クリエイティブエージェンシー所属野生爆弾,僕が相方のロッシーです.

---野生爆弾のパイプカット和尚です.

岡村:ちゃんとやろうよ.カッコつけてもしゃあない.

---パイプカットのどこがカッコつけてるねん.

岡村:ちゃんとせえ.そうせんと,先に進まん.

---すいません,おはようございます.吉本クリエイティブエージェンシー所属野生爆弾のパイプカット和尚です.

岡村:ちょっとすいません.(住職の腕をはたく)ちゃんと自分の自己紹介だけちゃんとして.お笑いまでちゃんとやりたいんやったら,ちゃんとやろ.

---おはようございます.吉本クリエイティブエージェンシー所属芸歴20年,野生爆弾のパイプカット和尚です.

岡村:くうちゃんです.

Toshl:くうちゃん

岡村:ちょっとアホなんで.

Toshl:和尚さん?

岡村:そういう設定で,今日は.すごいアホだから,すいません本当に.

(自己紹介他1人+3人+1人)

岡村:濱口なんかは本当にX JAPANの大ファンで,

濱口:濱口と申します.本当に大好きでX JAPAN.

Toshl:ありがとうございます.

岡村:コントもな,ずっとやってて.

濱口:YOSHIKIさんのかっこして,コントさせてもらったりとかしました.

Toshl:あ,そうなんですか.今日はしてないんですか?

濱口:今日は,はい,自分のそのままで来ました.

岡村:あの時の,一回ここで.

濱口:いや,空気

岡村:当時,凄い人気あったんですよ.きれいなメイクして,

濱口:意外にちょっと似てたりするかな?と思って.

岡村:一二を争う人気キャラでして.当時のやつですから.今日はそのままのかっこしてますけど.

(美学)

濱口:当時こういうのをやっていたんです.

Toshl:よく美学とか言ってました.

岡村:(キツネウドン)今回さんといて.

Toshl:それは何ですか?

岡村:これ,今日ちょっとこの,関西で言うと「キツネウドン」って言うんですけど,きつねうどんなんですが,関西の方だとケツネっていうふうになっているんですけど.

(きつねうどんをToshlに差し出す.Toshlが揚げに指をかざすと揚げがくるくる高速回転)

住職:指あぶないです.

Toshl:これは何か今日はあるんですか?

岡村:実は,こいつ(住職)が,なんか,Toshlさんに,なんか憑いているとか言い出して,お前がそう言ってんな.お前やな.Toshlさん,こいつが言って,

Toshl:憑いてますか?

岡村:僕らはその,そんなんやないでって,そこをうんぬんでもないやろうし,変な空気なるでって,言ってたんですけど,こいつが,ちょっと,こういう言い方したらアレなんですけど,ケツネが憑いていると.

Toshl:ケツネ?

岡村:言いよって,で,それを祓いに行こやと言って,そんなんやめとこやと僕らは言ったんですけど.そんなことになって.

Toshl:ケツネって何ですか?

岡村:ケツネっていう

Toshl:キツネじゃないんですか?

---キツネなんですけど.

岡村:キツネじゃなくてケツネが憑いてると.

住職:キツツキのキじゃなくてケジラミのケです.いや,Toshlさん笑った.

岡村:笑てない.笑われてるだけや.

岡村:これはもうええねんな(裏返しのボードを指して)

岡村:本来ならあんまり,これはケツネなんですよ.ケツネの姿らしいんですね.どうやら,こいつが描いたんですけど,これ,どうしましょうか.これはちょっと後からにしましょうか.

Toshl:いや,今見て,

---見ます?

濱口:Toshlさんに憑いているケツネなんです.

岡村:これ本当に,深い意味はなくて,憑いてるっていうケツネです.

Toshl:はい.

岡村:ちょっとじゃあ,ここであれしてもなになので.(と言ってボードを出す)こういうケツネが,憑いているっていう.

Toshl:これ,誰が描いたんですか?

(押しつけあい)

岡村:Toshlさんが笑ってくれたからほっとしてる今本当に.こんな怖いの出すのあれへんで.

住職:何で出したん?やめとけへんの?

Toshl:ボタンダウン着てるんですか.

岡村:こういうのがケツネとして憑いてるんじゃないかっていうことなんですけど.

Toshl:あぁ.

岡村:憑いてないですかね?

Toshl:憑いてるとどうなるんですか?

住職:憑いてたら,やっぱり不運が起こるというか,事故に遭ったりしますんで,

岡村:これは一回伏せときましょ(ボードを下げる)こんなんはさておき,ちょっとお時間もしいただけるなら,

Toshl:どうぞ.今ちょうど一段落したので.

(岡村,濱口,白鳥が座る)

岡村:こうやってまた,めちゃイケの時は時間も短い時間でして,お話できなかったですけども,あの後いろいろとToshlさんの本とかも読ませていただきまして,

Toshl:ありがとうございます.

岡村:凄かったですね.

Toshl:そうですね.凄かったですね.

岡村:こんなん言ったらあれですけれども,お金が15億円位ですか.

Toshl:そうですね.大体それ位ですね.

岡村:あの当時はやっぱりその,X JAPANでお仕事もしながら,自分で旅といいますか,しながらでしたけれども,

Toshl:はい.

岡村:どうですか,今となっては,お金のことを言うのも嫌らしいですけど,今となっては,無くなってしまったお金というのは,それはもう返ってこないのでしょうか?

Toshl:(笑)

岡村:何か我々も力になれることあったら.

濱口:取り返せるなら.

岡村:やっぱり,15億円とかなってきますとね,莫大なお金ですから.

Toshl:莫大ですね.

岡村:僕らの,微力ながら何か,

Toshl:ぜひ岡村さんの力で,よろしくお願いします.

岡村:ちょっと位は返ってこないの?

Toshl:最近,こないだ初めてお会いしたのをきっかけにですね,よくテレビを拝見させていただいているんですけれども,たくさん出ていらっしゃるじゃないですか.

岡村:仕事はさせてはいただいていますけれども.

Toshl:凄くたくさん出てると思ったので,こいつは稼いでいるなと.

(場内笑)

Toshl:こいつって,そういう言い方して失礼しました.やってらっしゃるなって.お願いしに行こうかなって.

岡村:うちはもう何億円とかありませんので,吉本というけちんぼな会社でございますので.そういうお金全然あれなんで.そこまで行けないです.

濱口:でも微力ながらね.

Toshl:僕,テレビそんなに見ないんですけど,つけるたびに出てらっしゃるので,毎日出てらっしゃるじゃないですか.

岡村:毎日も出てないです.

Toshl:ギャラが大体,司会やられたら数百万とか,

岡村:全然,テレギャラ一回5500円です.これなんかタダです.タダでやってますから.

Toshl:タダで.

岡村:今日もこんなカロリーメイトちょこっと食べただけやな.ま,お金は後からついてくるものですからあれですけどね.やっぱり当時,僕が言うのもあれですけれども,しんどかったと言えばしんどかったですよね.

Toshl:当時はそういうものを信じてしまっていたので,それは自分のある意味修行じゃないですけど,トレーニングみたいな形で,そういう洗脳されていましたので,こんな自分じゃだめだだめだというそういうところでやっていましたから,いろいろ肉体的にも精神的にもいろんな暴力を受けたり罵倒を受けたりとかひどいこともあったんですけど,それも,自分のためなんだというふうに言い聞かせてこうやってたもんですから,

岡村:背中をね,殴られとか踏みつけられとかしながら,ケダモノとか言われながら,Toshlさんが泣きながら謝ったりとかそういうことも本に書いてありましたけれども,

Toshl:結局,後遺症が残りまして,背中をかなりやられたものですから,指先が動かなくなってしまって,ということもあったりして,なかなか痛みは消えない部分はあるんですけれども,でも,そこから脱出してきて,いろいろな方に支えていただいて,やっとこう,新たな人生を始めることができたので,凄く今,楽しいですね.

岡村:ケツネも憑いてないね.

濱口,白鳥:全然憑いてない.

岡村:今,セミナーは,行ってたりしはるの?

Toshl:セミナーは,(笑)

濱口:憑いてないですよ.

Toshl:そうですね.多分大丈夫だと思いますよ.過去凄すぎたので,もしかしたらまだその残骸が何か.

岡村:もう全くないですけど.

Toshl:あるかも知れないですけど.

濱口:昔のToshlさんですよ.歌声全然変わってないです.

Toshl:いえもう,だから何か,岡村さんどうですか,復帰してきて.

岡村:僕も,仕事できる喜びっていうんですか,そっち側が,ずっと休んでいた時ってもの凄く一日長かったですし,迎えてくれる,帰ってくるの待ってましたよって言ってくれはる方がいたので,その人たちのためにも,頑張りたいなと思って,今やっていますね.

Toshl:そうですね.前よりかなり出られているんじゃないかなって.

岡村:精力的にはやらせていただいていますよね.

Toshl:僕もその気持ち,全然違うかも知れませんけれども,本当によくわかります.

濱口:復帰して楽になったってことですか?

Toshl:それこそ,ケツネが落ちた.

(一同笑)

Toshl:落ちてるつもりなんです.まだ憑いているのかも知れませんけど.

岡村:憑いてないです.当時が,憑いてたんだと思います.あの時の,偶然,絵が似てるんですけど,あの当時の感じは,ケツネが憑いてたんだろうなという感じは受けますよね.

Toshl:そうですね.まあだから,今日ぜひ,祓っていただいて.

岡村:笑う必要ないと思います.完全に戻られたと思います.

Toshl:そうですか.じゃあ,あの絵はなんなんですか.

岡村:あれはなんか,あいつアホやから,あんなことやったんですけども.

濱口:憑いてないと思いますよ.

岡村:で,どんどんどんどんToshlさんも次のステージに移って行かれるわけじゃないですか.

Toshl:はい.

岡村:あの時,ご結婚もされていましたけれども,今はどんな感じですか?そっちの,癒しといいますか,ね,そのなんかね,心の支えであったりとか.

Toshl:女性恐怖症ですね.

岡村:それは僕もちょっとわかります.

濱口:お二人話合うかも知れないですね.

岡村:Toshlさんはそうなりますよ.あの本読んでたらわかりますもん.

Toshl:はい.

岡村:やっぱりね,

Toshl:やっぱり男性好きですか?

岡村:男性…女性が好きなんですけど,やっぱり東京出てきてすぐにAV女優にはめられたのと,女性釘師にはめられたというのがあって,そういうので吸い取られるのやなって,そこからはがまんしていたのですけれども,途中,大物女優さんから告白されて,のこのこ出て行ったりして,うまくいかなくて,やめとこと思っていたら,グラビアちょっと好きになったりして,結局そういうのがあって,全然だめで,今もまだ独身ではいるんですけれども.日々そういう支えみたいながほしいなと思っているんですけれども.こんな言い方したらあれですけれども,一緒に,どうですか,婚活みたいなの,

Toshl:婚活って,どういうことをすればいいんですか?

岡村:個室でセッティングして,知り合いの女性の方とかと一緒に食事しながら,って,もっとカジュアルです.

Toshl:合コンとか?

岡村:合コンというよりも食事会ですね.

Toshl:合コンというのはどういうものなんですか?

岡村:それはですね,最終的に合コンのいろいろあるんですけど,そこはちょっと張り切りすぎてるよな.だから,普通に食事するだけっていう.僕が一番押しているのは,暖かくなったらキャンプに行こうっていうの.

濱口:キャンプとかされますか?

Toshl:キャンプはあんまりしないです.

岡村:僕が全部セッティングしますので.お食事会って言うと女性の方ちょっと引いてしまうという場合があるんですけれども,キャンプ行かへん,バーベキュー行かへんって言うと,

Toshl:あ,僕,料理結構好きです.

岡村:あー,そうなの?カレーさえ作っていただければ.

Toshl:大丈夫です.

濱口:カレー大丈夫ですか?

Toshl:大丈夫です.

岡村:それなら,宿というか,そういう所は僕用意しますので.

Toshl:宿ですか?

岡村:宿というか,泊まらなくてもいいんですよ,泊まるとなるとまたアレなので,朝行って昼位に着いて,

Toshl:キャンプ場に?

岡村:キャンプ場にはい.コテージみたいなのがありますので.一番奥のコテージで.

Toshl:奥でいいです.

岡村:目立たないから.

Toshl:あ,目立たないように.

岡村:そこでちょっとカレー作って,僕なんかもニンジン切って,そうすると女性の方,わー手伝うよって,そういう盛り上がりもみせますので.

Toshl:それはいつ行きますか?

岡村:もうちょっと暖かくなったら,夏前頃に.

Toshl:いいですよ.どこに行きますか?日本で?

岡村:日本で.

Toshl:わかりました.

濱口:僕も一緒に行っていいですか?

岡村:こいつの彼女,知ってます?言え言え,Toshlさんに聞いてもらえよ.

濱口:彼女,あの,アッキーナなんですよ.

岡村:アッキーナってご存じですか?かわいらしい子でな.

濱口:彼女もX JAPAN大好きです.

岡村:ほな,そのアッキーナの友達とか連れてきてもろて.

濱口:行きましょうよ.

Toshl:ぜひ.

岡村:じゃあ,夏前位に決定で.

Toshl:夏前って言ったら6月位ですか?

岡村:僕ら,5月6月位が一番,2時間で,カレーできてカレー食べたら終わりという,そんなのも,もしできたらね.女性は写らないようにこっちにあれしますので.そういう何か楽しいことをできればなというふうに.

Toshl:いいですね.楽しみですね.

岡村:そうですか.配信しなくても全然,できたらありがたいです.

Toshl:こちらこそよろしくお願いします.

岡村:カジュアルな,キャンプから,キャンプで仲良くなったらお食事会,お食事会から,そっからいろいろとつながっていけばいいなという,白鳥さんなんか,女性芸人として頑張っているんですけども,バケモノアゴオンナと呼ばれましてね,

白鳥:私も読ませていただいたんですけれども,出てすぐ買わせていただいて,やっぱり,同じコンプレックスを持ってるってことに初めて救われました.こういう同じような悩みを持った方がいて,それで今またこう復帰されて,すごい人気を得ていて,私も,私こそ今何かに憑かれているのかも知れませんけど,一個乗り越えて頑張っていきたいなと凄く勇気づけられました.

Toshl:ケツネが憑いている?

白鳥:バケモノアゴオンナっていう.私,中学校の時,アゴドリルってあだ名をつけられて,凄い男子に言われていたんで,

Toshl:でも,そんな全然気にすることないです.

白鳥:本当ですか?うれしいです.

岡村:全然問題ないと思うよ.

Toshl:全然.

岡村:結局,どっからでもやり直せるんですよね.人生っていうのはね.

Toshl:そうですね.まあ,本当にいろいろな方の出会いとか,いろいろなタイミングとかあると思うんですけど,自分がそうしようって決めたら,やっぱりいつでもやり直せるっていうのは,本当に今思うので,何か自分がそういう経験したことを,そのままだと自分の痛みだけで終わってしまうので,やっぱりこれをその何か伝えていくようなことができれば,それが自分の何と言うか力にも変わっていくと思うので,今後はそういう活動もしていきたいなと思って,講演会とか今始めているんですけれども,そういうこともやっていきたいなと思っております.

濱口:歌声変わらないじゃないですか.何か秘訣とかあるんですか?

Toshl:やっぱりまぁ,健康に生きようと思っています.

濱口:マジソンスクエアガーデンどうでした?

Toshl:マジソンスクエアガーデンだからっていう,そこまで行くのにいろんな,開催するまでが凄く,メンバーも大変だったんですけれども,でも,日本でやってもアメリカでやっても,世界中どこでやっても,そんなに,ここだからというのはないですけど.やっぱり世界中のファンの方にね,応援されていたり一緒に熱くなれるっていうのは,とても心地いいものですね.

岡村:僕ね,鞄をいただいたんですよ.あれね,僕みたいなものがもらったらあかんと思いましたよ.なので,ラジオで,本当にX JAPANの大ファンの方にこれをプレゼントしたいと,ラジオのリスナーで,書いてきてもらったんですよ.熱い思いを.一番熱い思いを書いてきてくださった方にそれをプレゼントしたいって,もの凄い数のはがきがきて,トラックの運転手さんで,息子にプレゼントしたいっていう,ドラムとかもやっていてっていう,ラジオ聞いて,何とか息子にプレゼントしたいっていう,その人にプレゼントして,すごい喜んでお礼のお手紙もいただきましたし,結局,浪速の芸人ですから,こんなこと聞きたくなってしまうんですけど,もの凄くお金が無くなってしまって,今,貯金とか大丈夫なのでしょうか?

Toshl:貯金はないですね.

岡村:これからっていうことですね.

Toshl:そうですね.まあ,いろいろと周りにもお世話になりましたし,まずはそういうものを返さなくてはいけないので,そういうところから,マイナスからのスタートですから,

岡村:逃げてはった時の,お父さんみたいな人いてはるじゃないですか.あの人は定期的にお会いになっているんですか?

Toshl:日本に帰って来た時にはお会いして,いろんなことをやっぱり,自分にとってはですね,非常に,心の支えにもなっているので,いろいろなことをお話するだけ,かなり高齢な方なので,やはり,いろんなことをお話を聞いて,何かそういう,ある程度高齢になった方でもいろいろコミュニケーションして,そこから活力をいただいているところありますね.

岡村:ああいう人が出てくるんですね.

Toshl:本当に,何て言うんですかね,救われましたね.

岡村:変な話なんですけど,その当時の団体みたいなものは今もあるんですか?

Toshl:ありますね.

岡村:あるんですか.

Toshl:名前を変えてやってますので,アーティスト名も変えてますし,会社名も変えてやっているので,そういうのは注意喚起をしていかないといけないなと.

岡村:もうあれですよね,あの方がトップにおられる.

Toshl:そうですね.今やっぱりそういう関係者の方にお聞きしますと,そういう自己啓発セミナーみたいなものを通して大型じゃないんですけど,ちっちゃいところを狙っていくというようなケースが,やはりこう,オーム以降って言うんでしょうか,そういうものが,宗教に行くというよりは,何かそういうところに救いを求めてっていう,結局,弱みを持ったり心を病んでる方の全体の人数は変わりませんので,そういう方々が行き場をなくしてそういう所にはまってしまって,そしてそこでのトラブルっていうのが,増えているっていうのを伺いましたね.

岡村:そういうのって,ほんまに人が弱っている時にきますもんね.

Toshl:そうですね.誰でも弱みがあったり,悩みがあったり,傷ついているときもありますから,そういう時を狙ったり,

岡村:凄い人いるよって言って第三者が入ってくるんですよね.

Toshl:そうですね.

岡村:見入られたで.占い師みたいな人に.怖かったです.ファミレス集合させられて.ファミレスに一人で行ったんです.一人で行って,凄い人だから見てもらった方がいいって言われて,麻布十番のファミレスですよ.時間なっても全然けえへんからおかしいなと思って,その人の秘書やっていう人の電話鳴らしたら,真後ろでプルプルって電話鳴ってるの.え?と思って,もしもしって言ったら,後ろに座っている人がもしもしって言った.え?と思って,すいません,って言ったら,あ,どうも.って.全然気づかなかったです.って.それ位,あなたオーラ出てませんよって.言われてそこから始まったんです.え?俺そんなにオーラ出てへんのやって思って,そこからいろいろお話しして,

Toshl:基本的にはもう,狙って,岡村さんなんか確実に狙われますよね.狙って,全部そういうのは演技で,僕もそうだと思うんですけど,他にもそういう例をたくさん聞いていますので,もう,まさか!って思うことが大体罠だったりすることもある.本当にこんなことがあるんだって位,しかけてくることが多いようですね.

岡村:入り口が凄かったですね.それだけ,オーラがあなた,普通ならわかりますよと.有名な方なんですから,全然わからなかった,あなたのオーラはそんなものなんですって.もっとオーラ上げていきましょうって言われた.結局何せえって言われたかと言ったら,納豆食べろって言われた.納豆俺食えないんですよ.

Toshl:僕,納豆毎日食べてます.

岡村:それ,別に何か言われたからじゃないですよね?団体から言われたからとかじゃないですよね?

Toshl:違います.自分の意志で.納豆にですね,僕,タマネギすって,ほぼ毎朝,ニューヨーク行っても,ロサンゼルス行っても,コンサートの日でも,今日も当然そうですけども,1年半位,2年近く位,続けてますね.

岡村:僕は納豆食べられないですよね.まさか納豆トークになると思いませんでしたよね.

Toshl:僕もそんなに食べれなかったんですけど,健康的に,納豆っていいって言うじゃないですか.

濱口:何かにはまったってわけじゃないですよね?ちゃんと自分でやってはるんですよね?

Toshl:納豆にははまってますよね.

岡村:体が資本ですから,体がちゃんと健康でないと,健全な精神も宿らないですものね.

Toshl:そうです.僕は今,低速ジューサーってあるじゃないですか.

岡村:低速ジューサー?

濱口:何ですかそれ?

Toshl:ジューサーミキサーあるじゃないですか.それがゆっくり回るんですよ.すると酵素を壊さないで野菜とか果実の栄養素を壊さないようにゆっくり回って絞り出してくれるという,そういう機械がありまして,それも,ニンジンとリンゴを.

岡村:その機械,お高いんじゃないんですか?

Toshl:それはそんなに高くなかったです.

岡村:買ってしまうな.

濱口:納豆も食べようかなと思う.ネギ削って.

Toshl:それで結構健康になってきたので,活力が出てきたり.

濱口:お肌きれいですものね.

岡村:手きれいですよね.あちこちも.お肌も.

濱口:めっちゃ色白ですね.

Toshl:いえ,そんなことないですけど.

岡村:低速ジューサー,それも買わないけませんわ.

Toshl:こういう生活を2年近くして,一時僕も本の執筆している時とか,いろんなフラッシュバックとかあるじゃないですか,それで結構過食になったりして,凄く体重も増えたりして,バランスを崩したことがあったんですね.でも,健康に気をつけた生活から始めようと,本当に思い立って,そこからそれを始めたら結構いろいろ,今やっと,いろいろな意味で内面も変わった感じがしますね.

岡村:全くじゃあもうケツネが憑いてないですね.

Toshl:そうかも知れないですね.

岡村:かも知れないというか多分というか絶対憑いてないと我々は思います.

Toshl:じゃあもうこれでいいですか.

岡村:全然問題ないです.せっかくお会いしたものですから,こんな機会もなかなかないでしょうから,たまさかこのスタジオという空間なものですから,

Toshl:凄い人数ですよね.

岡村:みんながToshlさんにお会いしたかったんですよ.

Toshl:これ今,オンエアされているんですか?

岡村:そうです.ずっと配信されています.生配信です.多分,この配信を見てくれている方も,みんなそう思っていると思うんですけども,こんなん言うと本当に失礼やというのはわかるんですけども,ちょっとね,ちょっとこう,お歌を聴かせていただけたらと.

濱口:でも,マジソンスクエアガーデンで歌う人やで.それはちょっとさすがに難しいんじゃない.

岡村:聴きたいでしょ.聴きたいんだったら何聴きたい?歌ってもらわれへんの大前提やで.

Toshl:さっき,YOSHIKIのモノマネもしてくれたんで,いいですよ別に.今度,跳び箱のアレで,僕のもやってください.

濱口:いいんですか.

Toshl:ここ,レコーディングスタジオなんで,じゃあ,ここで歌えばいいんですか,

(セッティング)

濱口:それでは,X JAPAN Toshlさんで,Forever Loveです.どうぞ.

(Forever Loveカラオケ)

隣の部屋から住職乱入.

ケツネ祓い

岡村:告知でも何でも,何かありましたら.

Toshl:これは,今作業がちょうど終わったところなんですけれども,新曲が今度出るんですけれども,それが今度出ます.

(試聴)

Toshl:これが3月25日に.コンサートが4月29日に.
X JAPANの曲名のメニューを考えています.

(写真撮影)
=====


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 30
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
今夜は2本録画 -2本目- Blue verse/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる