1/2「滝沢秀明2018年 新時代のリーダたち!」

ということで,ニッポン放送のタッキーさんのラジオ番組にToshlがゲスト出演.

タッキーさん,非常によく喋れる方ですね.
人の話をよく聞いてどんどん相槌打ってよどみなく喋る.
もちろん話の方向と言うか台本もあるのでしょうけれども,
臨機応変の部分もありますよね.聞いていても気持ちのいい放送でした.

タッキーさんと言えば,ワタシはよく知りませんが,と言うか全然知りませんが,
2007年1月2日放送の,YOSHIKIが出演した「細木数子」の番組の司会者でした確か.
司会者と言うか,細木数子のお気に入りだったと言うか,
やはり若くから才能を見出されていた方だったのだろうなと思います.

ご縁と言えば,今回の紅白歌合戦の総合司会の内村光良さん.
彼ともご縁がありました.2000年ですけれども(^^;
YOSHIKIプロデュースのShiroの「Pearl」という曲が,
「バスストップ」という,内村氏主演のテレビドラマの挿入歌に使われていて,
そのご縁で,YOSHIKIが,その番組の第四話にお客の役でちょこっと出演しました.
いろいろちょこっとご縁というか,すれ違いとかあるのだろうなと思います.
脱線脱線.元に戻します.


で,タッキーさんの番組からちょこっとだけ抜粋φ(.. )

=====
---Toshlさんにとって2017年は,どんな一年でしたか?

Toshl:
2017年は,一番,自分で言うのもあれですけど,花開いたと言うか,X JAPANとしてもそうですし,ソロ活動としてもそうですし,いろんなお話もいただいて,何か自分の新しい可能性も含めて,何かいろいろ咲いてきたなみたいなそういう感じがいたします.
X JAPANと両方あるので,ソロ活動でも新曲を久しぶりに出ささせていただいて,そのことでも音楽番組に出たり,そういうことでは自分の枠を超えてちょっといろんなことにチャレンジしてみようかなっていう年でもありましたので,それが逆に凄く自分にとってはいいチャレンジだったなというふうに思います.
=====

X JAPANとしてもソロとしても「花開いた」と(^^)
いい年でしたよね.YOSHIKIの手術がありましたけれども,
あれを乗り越える過程で,Toshlの底力を発揮出来たとも思います.

=====
---ジュエリーも初プロデュースされたと.

Toshl:
はい.そうですね.ジュエリーもやってみて,これ今着けているのがそうなんですけど,今回ゲームの音楽をプロデュース.新しいフジテレビが作ったゲーム会社があるんですけども,そこの『ORDINAL STRATA』という新しいゲームRPGなのですが,それの音楽監督というか,主題歌とかテーマソングとか,これからいろいろとまたやっていくんですけれども,そういうこともいただいて,それでゲームになぞった何か一つアイテムを作れないかなと思って,その中でキーとなる『クリスタル』があって,それになぞらえて自分でデザインをしてジュエリーもちょっとやってみたんですけど.
=====

「Songs of Tokyo」でも着けていましたし,「紅白」でも着けていましたし,
タッキーさんのラジオにも着けて行ったということですか(^^;

実はワタシも同じの持ってますうふふふ(^^;
という感じです(^^;

=====
---まずはToshlさんのソロ曲をみなさんにお贈りしたいのですが,

Toshl:
これが昨年,本当に久し振りにリリースした『CRYSTAL MEMORIES』新曲なのですけれども,これこそゲームの主題歌として書きあげたものなんです.なので自分としてはゲームの音楽ということもあったのですけれども,やっぱり自分の作詞作曲プロデュース,アレンジも含めて,全部一人でやって,自分にとっては新たな挑戦でもあったので,そういった意味では久々にリリースが出来て本当に良かったなというふうに思います.

♪CRYSTAL MEMORIES
=====

ここでは,「本当に久し振りにリリース」
上でも,「久しぶりに出ささせていただいて」という言い方ですよね.
この言い方でしたら,「2年振り」より「19年振り」の方が近いですかね.
とにかく,本当に良かったです.

=====
---みなさんそれぞれがリーダーの集まりがX JAPANですよね.

Toshl:
そうです.アマチュア時代みんなバンドをやってて,それぞれ突起したリーダーが引き抜かれて出来たという感じでしたから.

---そういう時もX JAPANのリーダーになるのはYOSHIKIさんなのですか?

Toshl:
そうですね.やっぱり,最終的には彼についていくかついていかないかというところになりますので.
=====

「最終的には彼についていくかついていかないか」

.....文字にしてじっくり考えると結構ハードです(^^;ので,次.

=====
---この番組,リーダーがテーマなのですけれども,X JAPANのリーダー,YOSHIKIさんという話がありましたが,YOSHIKIさんは幼稚園から一緒ということで,YOSHIKIさんのリーダーについてちょっと伺いたいんですけれども,Toshlさんから見てリーダーYOSHIKIというのはどういう男ですか?

Toshl:
ま,やっぱり,そのことに関しても,最終的には任せると.最終的には,舵取りって何人もいるとどうしてもバラバラになってしまうので,やっぱり船頭は一人.じゃないとそのバンドにしても組織にしてもやっぱり上手くいかないと思うんですね.そういうやっぱりその船頭がどれだけその,求心力というかついていくぞサポートするぞっていう力とか人間性とか男気とか,そういうのを持っているかっていう問題になるんじゃないかなと思いますね.

---なるほどそれ位信頼出来る相手っていうことですね.

Toshl:
そうですね.ある種やっぱり,ここはもう最終的に預けるという気持ちになれないとなかなかこうついていけないですよねいろんな意味で.

---なるほど.凄いいい関係ですよね?

Toshl:
まぁ紆余曲折はありましたけれども,やっぱり長年付き合ってますと,いろんなことありますが,最終的にはもうここの部分は任せた.という,その代わり自分でソロをやったり自分のそういう自分を発揮出来るところもあるので,そういう道を作っておかないと一本だと苦しくなってしまうかも知れませんけども,自分は自分のそういう道があり,またX JAPANはX JAPANの道があるというふうにしておくと,うまくバランスをとって,出来るんだなというふうにも思いますね.
=====

.....結構言いたいこと言ってますよね(^^;
昔とは随分違うなと思います(^^;
これだけ言えたらもう大丈夫だなと(^^;

=====
---今日はゲストの皆さんにリーダーの条件を伺っているんですけれども,歌舞伎役者のXXさんは「厳しさと優しさ」を持つこと.政治評論家のXXさんは「信頼」と言っていましたが,Toshlさんが思うリーダーの条件一つ挙げるとしたら,何ですかね?

Toshl:
条件ですか.うーん.やっぱり,ぱっといく「力」ですかね.やっぱり「力」と,そこの「尊敬」出来るかどうかですね.「尊敬」するに値するか.やっぱりリスペクトがないと,リーダーにはついていけないので,やっぱり人として尊敬出来るか.リスペクトがそこに生まれるかどうかってそういうことが大きいのかなと思いますね.

---本当にシンプルですけど,でも本当にまさに「尊敬」っていうのは大事ですよね.Toshlさんから見てYOSHIKIさんっていうのは尊敬出来るような,

Toshl:
まあそれじゃないともう,40何年ですかね,つき合いはもう40,50年近くなりますから,だからもう4歳の時からですから,ちょっと困っちゃったものなんですけど,
=====

「力」ですか.「魅力」とか「能力」「努力」「精神力」もかな.

「絆」とか「縁」とか「愛」とかだけでは,ここまではこなかったでしょうね.
「力」ですね.
要するに,自分もそれに見合った「力」をつけないと.ということにもなりますよね.

=====
♪時の海へ
=====

祝・初ラジオ放送ですね(^^)

=====
Toshl:
ソロの方は,ゲームがリリースされましたので,それと同時にゲームの世界観をいろいろとコンサートにしてみたり,舞台にしてみたりっていうこともやってみたいなというふうに思っているので,そういったプロデュース,それから音楽の制作ですね.あといろんな楽曲とかプロデュースのいろんな世界からご依頼もいただいているので,そういったプロデュースの作業も,楽曲制作ですね.そういう作業もこれからは,今年はそういうのもメインにやっていきたいなというふうに思ってます.

---Toshlさんが歌っている姿ももちろん見れますよね?

Toshl:
そうですね.僕ももちろん,一応歌手ですから,歌っていきたいとは思うんですけど,
=====

・ゲームの世界観をコンサート(プロデュース)
・ゲームの世界観を舞台(プロデュース)
・楽曲制作(プロデュース)

これらが「龍玄とし」?