オデスト休憩(^^;

オデスト休憩(メンテナンス中)です(^^;

その間にちょびっとだけ(^^;

まずは,昨夜の「YOSHIKIの金スマ」から一つ二つ.
YOSHIKIのスタジオ収録が3月24日ということで,
一週間以内に放送ってすごいな金スマ.
映画なんか1年以上かかって編集してたのに.とか思いました.

しかし,4年前の「Toshlの金スマ」では合っていた時系列が,
今回の「YOSHIKIの金スマ」」では違っていましたね.
YOSHIKIの記憶(というか頭の中)が,まだごちゃごちゃなのかなと思います.
もしかしたら,今でも認識が違うのかも知れないのかな?とも思います.

「洗脳」に関して,正しい認識は多分,これ↓だと思います.

=====
(2014年8月放送「Toshlの金スマ」より抜粋)

---そんな中,X JAPANは解散を発表.
TOSHIの後任は考えられないという理由からだった.
ファンが悲しみの涙にくれる中,会見から5日後の9月27日,
妻Kの強引な誘い,そしてTOSHI自身も興味を抱いていたこともあり,
Mが主宰する自己啓発セミナーに初めて参加した.
期間は三日間.一体何が行われたのか.一日目.

(再現映像)------------------

【セミナーの内容再現映像三日分(省略)】

司会:
紀藤さんからご覧になると,これはオーソドックスな手口というか,

紀藤:
セミナー系の団体の中で,特に強烈な団体がこういう手口を使っていますね.
セミナーっていうのはですね,大体三段階に分かれていて,
最初に初級トレーニングってあるんです.中級トレーニングで最終的に勧誘するエンロールトレーニングですね,三段階に普通は分かれているんですね.
初級トレーニングっていうのは本人の自我を破壊するトレーニングです.
次の中級アドバンスっていうんですけど,その,新しい思考や思想を植え付けるトレーニングなんです.
その団体はほとんど初級と中級の間のトレーニングを一緒にするような,
その三日間でほとんど洗脳してしまうようなトレーニングをやっていて,
これは裁判でも非常に大きな問題になっていてですね,
最終的には裁判の判決でさえ,非人道的とかですね思考改造とかマインドコントロールとかですね,
そういうことが日本で初めてきちんと認定された判決になったんですけども,違法性は裁判所で認められています.
=====

トシが初めてセミナーを受けたのが,1997年9月27日から三日間のコース.
その三日間でほとんど洗脳してしまうというセミナー.
トシの元妻は,とにかくトシをセミナーに連れて行くという役割があったと思います.

そして,そのセミナー受講の日付は,
1997年4月20日(トシがX JAPANを脱退した日)よりも後で,
1997年9月22日(X JAPAN解散記者会見)よりも後です.
1997年12月31日(X JAPAN The Last Live)は,セミナーによる洗脳後となります.

そして,私はこの当時はしっかり情報を収集していたファンでしたので,
当時の記憶もバッチリありますが,
X JAPAN解散記者会見(9/22)及びラストライブ(12/31)の頃は,
「トシの洗脳騒動」なんていう「騒動」はありませんでした.

「音楽性の違い」「生き方の違い」による脱退とファンには説明されていました.

それが,今回の番組では,

(字幕)「ボーカルTOSHIの洗脳から始まるXの崩壊」

でまとめられていましたよね.
「洗脳」って,当時は分からなかったと思います.


「TAIJI脱退」については,私はまだファンでなかった頃の話ですので,
とても興味深かったですし,映画より少し踏み込んでいましたよね.

=====
(字幕)「悲劇の始まりは世界進出」

YOSHIKI:
いきなり大きな目標立てすぎちゃいまして,
それがある種バンドの崩壊に繋がって行ったんじゃないかなって.

---1991年11月,Xは世界進出を掲げて日本での活動休止を発表

(1991年大晦日)

---Xは紅白歌合戦に初出場.
世界進出を掲げ大きな注目を集めていたXだが,
この時YOSHIKIはたった一人,辛い決断をしていた.
紅白が終わったその直後,呼び出したのはバンドのベース,TAIJIだった.

(再現映像YOSHIKI)「今日でお前をクビにする」

YOSHIKI:
紅白に出たんですねその時に.
その後にTAIJIと2人で飲みに行って,TAIJIに『クビだ』と.
いつものように殴り合いになりまして.
で,その後にメンバーを朝の5時とか6時頃に集めて元旦ですよね.
で,こうしてこうこうしてきたと.
もし違うと思うんだったらこの場で辞めてくれていいって言って,
みんな納得してくれたので.

---(クビにした)理由は?

YOSHIKI:
まあ,バンドで決めてた約束を破った.

---5万人と熱唱した最後の「ENDLESS RAIN」

YOSHIKI:
その時はお客さんは多分知らなかった.TAIJIがこれで最後だって.

---ベースTAIJIの解雇.これは向かっていく破滅への序章に過ぎなかった.
=====

「破滅に向かって3days」の時は,ファンはまだTAIJI脱退を知らなかったんですよね.
発表は1月末でした.

それについては,私はその頃ファンではありませんでしたので,
その時のファンの「気持ち」は自分では分かりません.

が,その後,友達になったXファンの人が,
その時の「気持ち」を話してくれたことがありました.
その人は,当時高校三年生で,センター試験を目前に控えていたので,
3days三日とも参戦は出来なくて二日間だけ参戦し,
センター試験を受けて,予定通りの点を取り,
「TAIJI脱退」の発表に大ショックを受け,何もかもが嫌になって,
二次試験は白紙で出した.と.

まあ,とにかく,
そうやってクビにして脱退させたTAIJIのことを,最近また言うようになったのは,
当時は分からなかったある種の事情のようなものが最近分かったのかな?
と思います.


次は,トシの「発音問題」です.

=====
---X JAPANとして初のアルバム制作にとりかかった
立ちはだかったのはやはり言葉の壁だった
ボーカルのTOSHIが完璧な英語で歌えない
レコーディングをひたすら繰り返す日々が1年以上も続いた

YOSHIKI:
特にTOSHIの場合は大きな課題がっていうか役割があったので,
それに対して僕は理解するどころか『なんでできないの』っていうかそういう,
強引に引っ張っていかなきゃいけないと思っていたんですけど,
でも強引すぎたのかなって.
=====

これについてはToshlが,「洗脳」27ページで,

「いくら環境を整えてもらっても,本人に真のやる気がなければ,壁は越えられない.」

と書いています.
今はどうなのかな?
レコーディングにおける「発音」のことは,
今はYOSHIKIは公の場で口にしないようになりました.
Toshlの方は時々言うことがありますが,
私の感じる限りでは,「やる気」ある言い方です.
引っ張るよりもヨイショですね.


次は,HIDEの死.

金スマでは,「1998年5月6日 告別式」となっていましたが,
5月6日は通夜で,告別式は5月7日だったと思います.

=====
YOSHIKI:
自殺ではないと今でも思っているんですけれども.

YOSHIKI:
ただ,死んだことには変わりはないじゃないですか.それは辛かったですね.
=====

もっと人生を共に生きていきたかったのに,
HIDEには「その先の人生」が亡くなってしまった.ということなのか,それとも,
HIDEを亡くした自分のこの先の人生を考えると辛い.ということなのか,
でもそれを言うと,自殺ではないと思うのならば,
「出会いの数だけ別れはある」と同様に,
「誕生の数だけ死亡はある」のが現実です.
自殺ではないと思っているのでしたら,
もうこの問題考えても結論出ないです.ぐるぐるするだけです.


次は,トシからの電話.

=====
(字幕「2007年」)
=====

字幕では「2007年」となっていましたが,「2006年10月」です.
「洗脳」でもそうですし,2006年12月のYOSHIKIモバイルにもそーゆー記述があります.

=====
---そして解散から10年が過ぎたある日のこと
まさかの人物から連絡が入った
電話は,二度と会うことはないと思っていたTOSHIだった.

YOSHIKI:
(電話に)出たらもちろんすぐ分かりますよね.
XのTOSHIなんですよね.
最初はおばけが出たみたいに思いましたよ.
スタジオに僕が戻って来てみんながキョトンと見てるんで
『何があったの?』って言うから
『ちょっと,想像もしてなかったことが起こった』と.
結局,会うことになったんですね.

YOSHIKI:
もう会わないと思っていたので一生.
嬉しかったですね.まず生きていてくれたことが…
=====

今回の金スマのインタビューの中で,
この部分は,YOSHIKIは嬉しそうに話していましたね.


そして,最後の部分.

=====
---YOSHIKIさんが今背負っているものって何なのですか?

YOSHIKI:
HIDEとTAIJIの夢,それはもちろん僕の夢でもあるし.

中居:
神様は耐えることの出来ない人間には試練を与えないって言いますが.

YOSHIKI:
わぁその言葉僕大好きな言葉で.
過去を輝かすか,とても暗いものにするかは未来が決めるって思ってるんで.
海外に関して言うとまだドアをちょっと開けた程度で,風穴がちょっと開いてる程度で,
まだまだ壁はいっぱい立ちはだかっているんですけど,
僕らがこうやってやっていることによって,
いかにHIDEが偉大だったか,いかに,TAIJIも素晴らしいプレイヤーだったので,
それをまだ知らない人にも世界に伝わっていくじゃないですか.
だからまだここじゃ終われないっていうか.

YOSHIKI:
2曲目のENDLESS RAINって曲は,
最初に書いたバラードですね.X時代にHIDE,TAIJIと,
もちろん今のメンバーみんなのことを思って弾きたいと思っていますこの曲は.
で,最初の曲ですけど,MIRACLEっていうのはやはり,奇跡.
奇跡は起こるんだなと.そして,起こすものなんだなと.
自分の人生がある種,みなさんに与えていただいた奇跡のようなものなので,
その気持ちを込めて演奏したいと思います.
=====

オデスト休憩にちょびっと書くつもりが,結構真面目な話を引っ張ってしまいました.
今回の「金スマ」は,また日を改めてゆっくりこねくり回します.

でも,HIDEの偉大さを伝えるためだったら,
もうそれは違うんじゃない?と思います.

YOSHIKIが世界に伝えたいもの,残したいものは,
Toshlの声で響き渡る自身の楽曲でしょう?と思いますしそうあるべきだと思います.