5/5 Toshl D&C「変身後」 -5-

1日目昼の部.

この回については,後からいろいろ雑念が入ってしまいましたし,
セトリを何度見返しても,今でもよく分かりません.
この回のテーマは何だったのかな?と.


定刻に「SE.時の海へ」が流れ,小瀧くんが登場.ピアノへ.
「時の海へ」が消え,ピアノ演奏が始まり,

=====
01.Grace
=====

客席後方の大扉から,Toshlが歌いながら登場.
今回も4公演とも,Toshlがまるまる一曲,客席を歌いながら歩く場面がありました.

主に後方及び端の方を重点的に回っているようで,
立ち止まって近づいて歌う場面もあり,
歩きながら,差し出された手にタッチする場面もあり,まさに,

「こんなに近くまで降りた天使」

という感じ(^^;
この演出が出来るのも,Toshl婆の皆さんのお行儀がいいからです.
誰も席を立ちません.

=====
・今までの集大成
・シンプルなアレンジで
・じっくりと聴いていただきたい曲をたくさん用意しました

・最初に聴いていただいた曲は「Grace」という曲
・大分前,20数年前に僕が作った曲

・次は新しめの曲
・と言っても8年位経つのか
・復活して最初の頃にリリースした曲です

02.星空のネプチューン
=====

X JAPANは,11年前の曲「I.V.」は新曲の括りですが,
20年前の曲「Without You」も新曲になるのかな?

Toshlの場合は複雑ですよね.
・TOSHIの時代(~1998年)
・HOHの時代(~2009年)
・士田昌枝の時代(~2015年)
・Toshl(龍玄とし)の時代(2017年~)
になると思います.

HOH時代の曲は,今後も一切歌われることはないと思いますが,
士田時代の歌は歌い続けるのでしょうか.

=====
・東京ドームホテルで3年目
・皆さんにご協力いただいて
・こうしてステージで歌えることが何よりも幸せでございます
・そんな気持ちを込めてこの曲を歌いたいと思います

03.いつまでもどこまでも
=====

この曲は,2年前に初めて東京ドームホテルでD&Cを行った時の,
メインテーマソングというか,トリの曲というか,
その名前のスイーツがその時出されましたし,
その直後の,又吉さんとのToshlカフェでも歌った曲ですし,
Toshlにとっては大きな意味を持つ曲なのでしょうけれども,

この曲の詞の解釈としては,
脱会して裁判や陳述書でボロボロの時に,
「音楽はやめて,違う穏やかな人生を私と一緒に二人で生きていきましょうよ」
「何があってもいつまでもどこまでも私がついているから大丈夫」
という,プロポーズの歌に思えるんですね.
作詞者が,そういう詞を書いて曲を作って,歌手であるToshlに与えた.
そういう解釈です.

そういう時代は実際にあったと思います.
2011年秋にX JAPANワールドツアーが終わって,
その後の2年位.Toshlどん底の時代.

だけど今,

・こうしてステージで歌えることが何よりも幸せでございます
・そんな気持ちを込めてこの曲を歌いたいと思います

このように言っているということは,
プロポーズは有り難いけれども,
特にあの時の自分にとっては本当に有り難かったけれども,
だけど,ステージで歌う(音楽を続ける)ことを僕は選びます.
という,そういう「返事」.
という解釈になるのでしょうか?
選ぶものがあれば捨てるものもあるという感じで.

=====
・この曲はNHKの「スイーツマジック」で歌ってたんですよ
・全部カットされました
・「故郷」も歌ったんですけど「いつまでもどこまでも」も歌ったんです
・でもカットされてたという
・シェフの方2人,横で聴いてくださったんですけど
・もの凄く感動してくださって
・「こんな凄い歌初めて聴きました」ってところも全部カットされました
・そういう事実がありましたので一応報告まで
=====

このようなお話がありました.
私見ですが,Toshlさん脇が甘いなと思いました.
作詞作曲が「Toshl(龍玄とし)」ならば放送してくれたかも知れないと思います.
世間一般的には「士田昌枝」って,全く無名の,
実態や実績があるのかないのか全く不明の作家ですよね?
MASAYA以上に怪しい存在だと思います.

そして,シェフお二人が「凄い歌」と言ったのは,
「Toshlの歌声が凄い」であって,
「この曲が凄い」ということではないと思います.

...この辺書いていて,
10年位前にもこんなこと書いたような気がするわ(^^;
ということを思い出しました.

2008年のT-EARTH大阪公演を聞きに行った後,
「トシの声は凄いけれども,私は(YOSHIKI曲で)耳が肥えているから,
あの曲(MASAYA曲)は駄曲.トシの無駄遣い」
というようなことを,わざと,挑発的な書き方で,
(当時まだ存在していた)White Poem BBSに書きました.
予想通り食いついてくださいました.那須の方々が.
そんな泥仕合もやっていました.
あれが10年前なのですね.もっと昔のような気がします.
でも私は,まだそこから抜け出せていないのかなとも思います.

=====
・では続きましては「雨音」という曲を聴いてください

04.雨音(ピアノ弾き語り)
=====

ピアノ弾き語りでした.
この曲を,コンサートの最後の曲として演奏することはよくありましたが,
この位置(まだ前半戦)での演奏は珍しいのかなと思いました.
声が(涙で)崩れることが全くなく,綺麗に歌い上げた「雨音」だったと思います.

=====
・続きましてはカバーの曲になります
・子供の頃に憧れていたクイーンの曲

05.Bohemian Rhapsody
=====

この曲も最近は定番化.

ワタシ思うんですけど,
去年,ウェンブリーで,YOSHIKIがこの曲をピアノで弾いた時に,
Toshlが一緒に,この曲を歌っていたら,
ロンドンのお客さん,物凄く喜んだだろうな.と.

だけどYOSHIKIは,やらないわなとも思います(^^;

=====
・(コーチェラの話:小瀧くんと)
・X JAPANの曲をやってみたいと思います

06.Unfinished
=====

コーチェラは,YouTubeで公式配信された一週目よりも,
配信がなかった二週目の方が遙かによかったという話とか,
広い会場を延々と歩いたとかいうような話.

で,思い出したのですが,最近のToshlは,
車椅子で移動している気配がないですよね?
ワタシの記録によると,2年前の東京ドームホテルD&Cでは,
まだかなり足腰辛そうでした.
それが,最近は随分よくなったのかな?
だとしたらとても嬉しい何よりもいいことです.

=====
07.Forever Love
=====

Unfinishedを美しく歌い上げた後,MCを挟まずにピアノが始まり,
Forever Love.

自由に歌うToshlの声に寄り添うピアノ.
Toshlの弾き語りのようなForever Love.
やはりピアノの音はいいなと思いました.
(ミクニのキャパではグランドピアノは不可能^^;

何と表現したらいいのか分かりませんが,
一言で言うならば,
「大きな真珠のようなForever Love」
「満月のようなForever Love」
という感じでしょうか(意味不明

=====
・次は盛り上がって(起立)
・昼間から「オルガスム」ですよ

08.オルガスム
=====

Toshlのアコギと小瀧くんのピアノ.
ますます進化した「オルガスム」.
横ヘドバンあり,「やるときはやれ」あり,
ギターソロをピアノで再現あり,
「おまえら最高だ-」もありましたよね.

=====
・今日の夜の部は僕凄いんです
・頑張ってコスプレしました
・「オデスト」200万ダウンロード大ヒット
・これから夏にかけてストーリーが加わって深い世界に
・精霊Toshlの戦いのテーマソング

09.時の海へ
=====

「俺の歌声に震えろ」

この曲は,小瀧くんのピアノがますます進化していたような.
ジャズの奴らには負けないぞというような(^^;

=====
・次の曲はマスカレイド
・マスクメンの曲として書きました

10.マスカレイド

・ではCRYSTAL MEMORIESを歌いたいと思います
・またもう一つ次のステップ次の扉を開けた感じがしています
・まだまだこれから楽しいことワクワクすることを皆さんと一緒に
・歩んで行きたいと思います

11.CRYSTAL MEMORIES
=====

当然,この曲が最後だと思っていましたが,
ここで小瀧くんが退場し,Toshlのピアノ弾き語りで最後の曲.

=====
・いろいろな活動がありますけれども
・こうして皆さんと一緒の時を直に過ごすことが一番の喜びであります
・定期的にこういうコンサートが開けるようになって
・本当によかったなとつくづく心から思います
・本当にありがとうございます
・これから龍玄としどんどん昇っていきますので
・昇ったら落ちるの気をつけつつ
・これから皆さんと
・いろんな思いがございますが
・その思いをこの歌に込めて最後皆さんにお届けしたいと思います
・Morning Gloryという曲を聴いてください

12.Morning Glory
=====

この曲は,昨年の東京ドームホテルD&Cでは,
皆勤賞パーティの最後に,アコギ弾き語りで演奏されました.
今回はピアノ弾き語り.

最後の歌詞は,

「I love you」

でした.