5/6 Toshl D&C「変身前」 -7-

皆勤賞パーティ.

夜の部終了後,「夜の部」及び「1日通し」対象の握手会があり,
その後,皆勤賞パーティ開始.

時間は,ほぼ予定通りに進行していたと思います.
皆勤賞パーティの所要時間も,予定通りの30分位でした.
同じ場所で同じ座席でそのまま.

ワタシのテーブルは2列目の端でしたので,
それならば,空席になった3列目中央の方がよく見えるかな?
移動してもいいかな?と思ったのですが,
その辺のテーブルはホテルの人によって片付けられました.

まあ,2列目端は,眺めが思ったよりも結構かなり良くて,
この辺からこうしてゆったりと見るのもいいなあと思っていましたので,
そのままそこに留まり,皆勤賞パーティ開始.

今回は4公演とも「歌」がたっぷりで,「お話」は凄く少なかったです.
公演は4公演とも90分で12曲.
皆勤賞パーティは30分で1曲.
ハイそうです.皆勤賞パーティは「お話」が主でした.

いろいろな「お話」があったと思います.
今回の公演を振り返っての反省会のようなものから,今後の展開から,
今回のコスプレのこととかも.

今回は4公演とも毎回毎回,「来場者への感謝」の言葉がありましたが,
皆勤賞パーティでは,それをもっと濃くした感じで,

後から思ったのですが,
穏やかな微笑みと暖かい感情が,
本当にToshlに戻ったんだなということを実感したような回でした.

ということで,内容かいつまんでほんの少しだけでも再現出来たらφ(.. )

=====
SE.時の海へ
=====

「時の海へ」で登場.普通にステージ横からでした.

=====
・皆さん本当に4回公演,4食食べていただきまして本当にありがとうございました
=====

最初はゴハンの話だったと思いますが,
ゴハンの話は,これだけだったと思います.

=====
・よかったね
・なんか今回よかったわ
=====

満足そうな言い方でした.

この後,「どれがよかった?」とかな話になって,
精霊Toshlのコスプレのヅラの話が延々とありました.
アメリカに行っている間に微調整が出来なくて,
帰ってきてから急いでやったけれども間に合わなくて,
昨日の出る直前まで直していて,
キリショーさん使用のヅラを借りたかったけれども,
フジテレビGWで手配出来なくて,
自分でも針と糸で縫い合わせて何とかあのような形に.

という,ヅラの話ですね(^^;
ダイエースプレーで立てたわけではないようですね(^^;
そして,

=====
・8月ロック祭りの時にもまたやってみようかなと思って
・8月またみんなやってくるんだよ
=====

という,ここでもダメ押しされました(^^;

=====
・今回のみんな本当笑ったわ
・笑っちゃいけないんだけど健気すぎて
・みんな頑張ったと思うよ
・そこまでしなくてもいいのにっていう位一生懸命やってくれて
・本当に有難いなというか嬉しい
・だって一緒にお祭り気分で盛り上がって
・一緒にやってくれるっていうのとても楽しいことだなと
・大成功だったなというふうに思います
・8月もみなさん出来る方はぜひまたやっていただいて
・耳だけでもいいんですよ
・バッチリやってくださっても結構です
・ぜひやっていただけたらというふうに思います
・いやまあよかったね
=====

という感じで再三に渡るダメ出し(^^;

「コスプレ推奨」「仮装大会」のような感じのことは,
結局,Toshlが「としちゃん」で言っただけで,
公式SNSでも,武士サイトでも,参加者へのメールでも,
何も告知されませんでしたよね?

それなのに,あれだけ大勢の人が,かなりの仮装をして集まって,
本当に凄いなと思いました(^^;
ワタシのは,何が何だか分からない変な仮装でしたけれども,
アスセナとかリディアとか船長とかエレナとかディストとか,
壮観でしたよ凄すぎて(^^;

Toshlは多分,2年前にテレビ番組の企画で「トシ郎」になった時から,
いつかは「金髪髪立て」やってみようかな?と思ったのかな?
と思います.

それだったら,それを見てるだけじゃなく,見届けるだけじゃなく,
一緒にやっちゃえ(^^;

という企画だったと思います今回は(^^;

参加してみて,凄く楽しかったです(^^;
今回は,(多分これのおかげで)多くの人に声をかけていただいて,
楽しくお話も出来て,何かワタシも一つ突き抜けたような感じです(^^;

=====
・6月ファンミ
・明日からテレビの撮影
・たくさんテレビに出てまた新しい世界に挑戦します
・本の執筆も
・時間があると執筆と曲を作ったり
=====

確か,昨年一年間は,本の執筆の話はToshlの口から出なかったと思います.
それが,今回またそのお話が再燃しました.
これはとても楽しみです.

Toshlって,なかなか本音が分からないですよね.
とっても謎な人です.どこに本音を隠しているんだろう?と思います.
でも,文字では,本音を書かざるを得ないんですよね.
...と思います.

=====
・ボーカルコーチみたいなことも始めました
・結構著名な方々に上級者向けの虎の穴みたいなやつを作りました

・メソッドがありますけれども
・メンタルが大事ですから
・ボーカルって自分の身体が楽器だから物凄く不安になるんです
・メンタルっていうのが非常にいろんなことで左右されて

・これから活躍していくシンガー達が力強く自分らしく歌を歌えるように
・サポート出来る仕事も僕にとってはやりたい大きな仕事の一つです

・そういうことも始まって本当によかったと思っています
・徐々にいろいろ自分のこれからの道が見えてきた感じ
・見えるだけじゃなく実際に始まった感じがするんです
=====

一昨年に「ミュージックスクール」と言っていたものが,
今回はこういう形で,実際に形になった.ということですね.

3年前位は,X JAPANでテレビに出た時でも平気で,
「僕はリハーサルしません.練習は嫌いです」
とか言っていた人ですけど(^^;

あの頃は,まだまだあんな感じだったんだなと(^^;

=====
・もう1曲歌いたいと思います
・小瀧くんピアノの演奏してくれるかな?
=====

というような感じで,小瀧くんとCUTTくんを呼び,公演の感想を一言ずつ.

=====
・小瀧「1曲目からToshlさんの本気の歌声にびっくり」
・小瀧「最後の最後までその凄いまま終えられた圧倒された4公演でした」

・CUTT「Toshlさんのお声が僕の知ってるToshlさんの枠を大きく越えられて」
・CUTT「僕の知らないToshlさんの歌声が今日聞けて本当に感動しました」

・Toshl「自分でも今回歌ってて本当思ったんですよ」
・Toshl「なかなかやるなって感じ」

・CUTT「自由自在の上をいってる感じが凄くしました」
・CUTT「とにかくよかったです」
=====

CUTTくんは,「ボーカルコーチを始められたからかも知れませんが」
というような言い方をしていました.
Toshlは,理論面はCUTTくんが詳しいのでサポートしてもらいながらと言っていましたので,
人に教えるために始めたことが自分に直接還ってきているのかもと思います.

=====
・皆勤賞の皆さんに今日はこの曲を選びました
・この曲を皆さんにお届けしたいと思います

♪"So-Long"
=====

この曲は,ピアノが小瀧くんで,
CUTTくんは出番なしなので,客席で聴くように言われて下に降ろされていました(^^;

最後の語りの部分が,今回の最後のメッセージですね.

I'll sing a song for you, and me, eternally...


そして,この歌の後,

=====
・「コーチェラ」やり切ったという感じがあって
=====

という話から,脈絡は忘れましたが,

「キラキラした感じ」
「嬉しい気持ちがポッポッポッポ」
「もけもけしたような気持ち」

という,Toshl特有のワードが出て,そして,

=====
・そんなふうに思えるようにもなって
・いろんな意味で心の余裕も出来てきたのかも知れないし
・自分の人生が地に足を着けた感じで
・そこにある大切な物とか幸せ,有難味
・そんなことをあらゆる所に少しずつですけれども感じられるようになった
・自分の人生にとっては凄いことだなっていうふうに思います

・歌にもそういうのが現れているのかなって
・自分の歌が全く別のものになったような気がします
・ここ数カ月で
・今日もまた新たな,歌の中で世界観が出来たような感じがします
=====

このようなお話があって,
この後は,再び,ステージに立てることへの感謝感謝感謝で,

=====
SE.CRYSTAL MEMORIES
=====

退場の音楽が流れる中,ステージを降りたToshlは,
各テーブルを周り一人一人に手を差し出し,握手して,
全員と握手してから退場していきました.


さて,Toshlの歌(声)が,

「全く別のものになったような気がします」
「ここ数カ月で」

と,いうことですが,「ここ数カ月」具体的にはどこからでしょう?
それを考えながら次に行きましょうか.
まだもう一本位書くことあったかしら?