落としどころ再び(YOSHIKI編)

まさか,7月も「落としどころ」を書くことになるとは(^^;

最初に書いておきますが,今回もかなりの「妄想劇場」です.
妄想がお嫌いな方は絶対に読まれないようよろしくお願いします.

ということで,今回はYOSHIKI編(^^;
これのToshl編もあるのかな?(まだ書いてないけど


オデスト大精霊討伐戦やりながらずっと考えていました.
まず,問題は大きく分けて3つですよね.

一つ目.ルナフェスのこと.
ルナフェスの出演がなぜYOSHIKIだけになったのか.
これに関してYOSHIKIは何も語りませんでした.
ですからこれはまだ全く謎のままです.ので次.

二つ目.『Red Swan』のこと.
これに関しては,YOSHIKIは,「謝罪と撤回」を行いました.
これは異例なことだと思います.
YOSHIKIとしても,元々多少後ろめたいところがあったのか,
こういう形がアリなのかナシなのか,確たる自信がないままに,
あまり深く考えずに「X JAPAN名義」を使ってしまったということなのか,
それとも,

=====
(7/20 YOSHIKIチャンネル より)

YOSHIKI:
ちゃんと僕が最初に出て来てこれはこうだと説明してから進めればよかったのに
=====

この,YOSHIKIの「説明」があれば,
『Red Swan』が,「X JAPAN feat.HYDE」名義でも十分納得出来るものだったのか,

もし,納得出来るものであったとするならば,
ワタシには,その「理由」はひとつしか思いつきませんでした.
とりあえず,これはここまで.結論は後で書きます.

三つ目.アルバムのこと.
アルバムに参加のゲストのことについて,こんなふうに言っていましたよね.

=====
(7/20 YOSHIKIチャンネル より)

YOSHIKI:
この数年間,どうすればX JAPANが世界で成功するか寝ても起きても考えていたわけですね.
もちろん,最高の曲を作る.
最高のアルバムを作る.
それはもう出来ました.
じゃあプラスアルファ何が出来るか
=====

ということで,ゲスト,マリリンマンソンさんのお名前と,
もうお一人,まだ名前は言えないけれどもという方の参加のお話がありました.

ファンとしては,と言うか,ワタシは,
X JAPANの超お久しぶりにして最後(と言われる)のアルバムに,
他人(部外者)の参加は嫌でした.
嫌でしたと過去形で書くのは,今はそんなに嫌じゃなくなったからです.

ワタシに,どのような心境の変化があったのかというと,

ワタシはオデストやっているんです.
このテのゲームは,今までやったことがありませんでした.
電気で動くゲーム自体,セガサターンの青い夜白い夜以来ですので23年振りです.

で,オデストでは,
(いかにも初心者丸出しのことを書きますがワタシがこのレベルです)
敵を2~3発殴り「ブレイク」させてから,
全員で一斉攻撃「バースト」をかけると,
「ブレイク」させずに「バースト」かけた時の,倍位の数値が出るんですよね.
他にも,ああやればもっと高い数値が出るとか攻撃力が上がるとか,
キャラの特性がどーの,武器の強化がどーの性能がどーの,
いろいろなテクニックがあるようですが,
とりあえず,一番簡単なわかりやすいテクニックとして,

「ブレイク」→「一斉バースト」

があると思います.
で,この「ブレイク」ですが,これっていつでも誰でも出来るわけではないんですね.
ワタシのやり方が悪いだけかも知れませんが,
例えば大精霊ルナ討伐戦で闇組を出撃させた時,
船長,アスセナ,ソルシェ,ディスト,シュルト,
誰一人として,ルナをブレイクさせることが出来ませんでした.
ですが,リンファを借りてきて2~3発殴ってもらえば簡単にブレイクさせることが出来ます.
ですがリンファは,属性がルナに合わないので早々に滅ぼされすぐに退場しますので,
実際にその後最後まで戦うのは闇組のメンバーになります.
「ブレイク役」というのがあるらしいですね.
それだけのためにリンファを起用しますが,
アスセナ外してリンファを起用しないとルナには勝てないんです.

キャラを揃えて強化して,
武器(とか防具)を揃えて強化して,そこまで十分にやって,あとは,
その並べ方とか使い方で,全体としての攻撃力が全く変わってくる.

これって,「アルバム」にも通じることなのかな?と思います.
シングルではなくアルバム.

「ブレイク役」それがゲスト様なのかも.

そして,ワタシは,2年前のこれ↓をまだよく覚えています.
Toshlが嬉しそうに自慢していたというか惚気ていたというか.

=====
(2016年8月D&C 皆勤賞パーティMCより編集)

(X JAPANアルバムの話)

YOSHIKI(のモノマネで):
これ,俺が頑張ってるのに,全部トシに持ってかれるよ.
それ位トシの歌が素晴らしくなってる.

Toshl:
いえいえあなたのおかげでございますよ.

YOSHIKI(のモノマネで):
俺,こんなに時間かけてこんなに頑張って一生懸命やってるのに,トシだからね.
評価を受けるのはトシだから.
=====

「最高の曲を作る」
「最高のアルバムを作る」
「それはもう出来ました」

前座を置いて,ブレイク役を置いて,
そして,全部持っていくのはToshl.

そういうアルバム構想なのだと思います.
もう崩れてしまったかも知れませんけど.


そして,アレですね.二つ目のアレ.「X JAPAN feat.HYDE」名義.
これは,コレ↓を無理やり解釈してみました.

=====
(7/20 YOSHIKIチャンネル より)

YOSHIKI:
「YOSHIKIさんのToshlさんに対する愛情って半端じゃないですね」
って(HYDEに)言われた.
=====

こういう話が出るということは,もしかして,
『Red Swan』この曲は,YOSHIKIがToshlに宛てて書いた曲なのかも.
そういう説明をYOSHIKIがHYDE氏にしたのかも.

と思います.
それならば,Toshl以外の人が歌ってもおかしくありませんし,
むしろ,その方が自然かも知れないですし,
そういう曲がX JAPANのアルバムの中にあってもおかしくはないのかも知れない.


あぁもう分からないわ(^^;

とりあえず,2年前に書いた変なの一本再掲しておきますぺたり.
トシの林
https://blueverse.at.webry.info/201608/article_33.html