「気持ちの上で」

先日のYOSHIKIチャンネルで,

=====
YOSHIKI:
まだX JAPANはアルバムを出してツアーをする準備が出来ていないと思うんです.
それは,スケジュールとかではなくて,気持ちの上でね.
本当に僕らが世界に向かって行くのか行かないのかっていう.
それは自分も含めてなんだけどね.
=====

この回の放送ではYOSHIKIは何度も「バンド」「バンド」と言ったと思います.
「バンド」と言えば,ルナフェスはバンドで出られなかったんですよね.
何故出られなかったのか語られていませんから分かりませんが,

最初に出たスポーツ誌の記事では「お金」.
次に出た週刊誌の記事では「契約」でした.

ファン的には知らなくてもいいことなのかも知れませんが,
気になると言えば非常に気にはなります.
一つ気になると,芋づる式にどんどん気になって,
この件については,過去のコレ↓まで遡る問題なのかなと思います.

=====
(『洗脳』22ページより)

 長兄解任後,竹田氏に事務所の社長に就任してもらい,その後,彼はX JAPANのマネージメント事務所社長も兼任することとなった.就任に際しては,竹田氏の保証人のような形で僕が責任を負うという約束をYOSHIKIをはじめX JAPANマネージメントサイドにしていた.
 だが,就任後一年が過ぎた頃,X JAPANマネージメント事務所で竹田氏による不正経理などの多額の金銭トラブルが発覚する.そして,僕の個人事務所での不正経理も同時に発覚した.それまで僕は彼を信頼し,一心同体のように思っていただけにショックは大きかった.竹田氏はX JAPANの事務所社長を解任され,同時に個人事務所社長も解任とした.事前の約束通り僕は責任を取り,X JAPANマネージメント会社へ株式を返上した.
=====

1993年から1994年のことだと思います.
ここの,

『株式を返上した』

は,大事件ですよね.
このことは,私は『洗脳』読んで初めて知りました.
もちろん,ファンは知らなくていいことだと思いますし,
ファンに知らせるべきことでもないとも思います.
でも,だから,知りませんでした.

だけど,振り返って考えた時,
これは大事件だったんだなと思います.
実質的に,TOSHIがX JAPANの「No.2」から脱落した瞬間でしたから.

そして,TOSHIは,このため,
財政的と言うか経営的と言うか,将来の展望的と言うか,
そのようなことからも一歩退く立場になりましたよね.
お金での権利を失うって,大きなことだったと思います.

この辺りから,『洗脳』では坂道を転がり落ち始め,

=====
(『洗脳』26ページより)

 そして僕は僕で,YOSHIKIとの間に芽生えた溝が埋められないままでいた.
=====

今はどうなのかしら?

「溝」があるのかしら?

YOSHIKIがやらなきゃいけない「交通整理」は,
バンドの精神面だけでなく,その精神面の基盤となる財政面を,
何とかすることからやってるのかしら?(;_;)

ファンだってそうですよね.
再結成から10年.

まだ,「X JAPANファンクラブ」はありません.