いつからToshlは

変になったのか?

今回はその点について.

今までもずっと変だったのかも知れませんが,
今は明らかに「X JAPANの話題」を避けていると思います.


でも,今年1月の「Toshl明けましておめでとうライブ」.
この時は,普通にX JAPANの曲も歌っていましたし,
大サービスでなのか『Amethyst』も歌ってくれました.

この時の「皆勤賞面談」でも,
『La Venus』は金星なのか女神さまなのか尋ねたワタシに,

Toshl「じゃあ今度聞いておきますねYOSHIKIに」←ドヤ顔

という感じでしたし.

★2018 Toshl明けまして皆勤賞面談
https://blueverse.at.webry.info/201801/article_24.html


その次の,2月の大阪公演では,
特にX JAPANの話題はありませんでしたねそういえば.

★2018 Toshl D&C 大阪 -6-
https://blueverse.at.webry.info/201802/article_39.html

でも,この頃は毎週「オールナイトニッポン」で,
X JAPANの話題もじゃんじゃん喋っていましたよね.


次が,3月の名古屋公演.
この時に初めて,Toshlの口から「コーチェラ」という言葉が発せられて,
嬉しそうではあるものの,何か複雑な思いもあるのかな?と感じました.
でもそれは,コーチェラ直前のZeppが東京で平日でライブハウスなので,
行ける人が少ないであろうことと,
コーチェラは,この場にいるほとんどの人が行けないでしょうから,
それを思っての控えめ発言なのかなと感じました.

★2018 Toshl D&C 名古屋 -5-
https://blueverse.at.webry.info/201803/article_27.html


ですから,
言っちゃ悪いですけど,やっぱりアレですかね?
コーチェラ2日目のX JAPANのステージに,
マリリンマンソンさんが出演したことでしょうかね.

ゲストはマリリンマンソンさんだけではなく,
ギターのウェスさんともうお一人(どなたでしたっけ?)参加されましたが,
だからと言ってその時,PATAとSUGIZOが退場するわけではなく一緒にでしたよね.

だけど,マリリンマンソンさんの時はToshlはステージを降りたんですよね?

これって,Toshlは,心の底ではやっぱり納得していなかったのではないかなと思います.
(実はワタシが納得していないだけですけど


その後,「ルナフェス事件」そして「Red Swan事件」.

どうしてこんなことになってしまったのか.

前回のYOSHIKIチャンネルの時,YOSHIKIは,

「ファンの皆さん,心配させていますがYOSHIKI頑張っています」
「心配かけてごめんね.頑張っているから」

と,2度,言いました.
今回のことで,YOSHIKIが(一応)冷静なのが,
21年前と違う点と言えば違う点だなと思います.

21年前は,1997年9月22日の翌日,
TOSHIが「(解散)記者会見は知らされていなかった」とマスコミに話し,
それを聞いたYOSHIKIがプッツン切れて怒り狂ってLAに帰っちゃいましたから.

その時は結局,YOSHIKIとTOSHIが直接話したわけではなく,
YOSHIKIのマネージャーがTOSHIのマネージャーに伝えた.
...ということだったようで,
それは後にGLAYのTAKUROさんにも指摘されていましたよね.
「伝言ゲーム」はどこかでおかしくなる.って.


今回は,

「一回冷静に考える時期が来たのかな」

と,7月20日にYOSHIKIは言いましたが,
それから1ヶ月近く経っていますが,まだ考えているのかしら?