10/8 とし・バースデーライブ -5-

10/8 キラキラ玉手箱φ(.. )


昨夜の「としちゃん」は,ちょっと横に置いといて(^^;
「クリスマスコンサート」も「明けましておめでとうライブ」も,
昨夜の「YOSHIKIチャンネル(←まだ見てない)」も置いといて,

まずは,「10/8 キラキラ玉手箱」(^^;


2日目のキラキラ玉手箱は30分弱でした.
前日1日目が45分超でしたが,
本来の予定ではやはり30分程度のイベントだと思います.

では,1日目と2日目の違いは何かと言うと,
CUTTくんでしょうかねやっぱり(^^;

ということで,サクサク進んだ(をい)2日目のキラキラ玉手箱を少しφ(.. )

まずは,

・テーマは「UTAGE」
・テレビで歌った歌を歌うコーナー

ここまではさらりと,そして1曲目の曲名を告げた後,

・AKさんに手の動きを教わった話

この話↑が結構延々とありました.
話の中身は無かったですね覚えてませんから(^^;

=====
♪Can't Stop Fallin' in Love
=====

ダラダラとした前振りの話の後でしたが,
歌は非常によかったです.UTAGEで歌った時よりよかったかも.

次は,

・キャラソンが出て,カバソンが出る
・「次のカバソンも」という話もありますから
・あるとかないとかわかりませんけど
・いっぱいやりたい曲ありますからね

このような↑話がありました.これは楽しみですね.
その後,曲紹介へ.

・次はペコジャニで歌った曲
・離島ロケ,自分が出した企画

=====
♪見上げてごらん夜の星を
=====

Toshlの,ペコジャニに対する思いというか,
離島ロケに対する思いのようなものを聞いてからこの曲を聴きました.

ワタシは実はペコジャニはペコジャニ屋敷以降見ていませんでしたので,
離島ロケ編も見ていませんでしたから,番組内で歌われたこの曲を聴いていませんが,

ワタシは実はこの曲は結構よく知っている曲でして,
1973年,南沙織・フォーリーブスによるミュージカルを,
大阪フェスティバルホールに観に行ってます.
歳がばれますからあまり自分のことは書きたくないのですが,
もちろんこの頃はワタシは全くの子供でしたが,南沙織のファンで,
姉がフォーリーブスのファンでしたので,親が連れて行ってくれたのだと思います.

で,何が言いたいのかと言えば,ファンでしたので,
この曲(ミュージカル?)のレコードを当時持っていまして,
歌詞を覚えていたのですね.今でも覚えています(^^;

そして,この10月8日,キラキラ玉手箱で歌ったToshlさん,
歌詞を間違えました(^^;←そこか!

いや,間違えたのかわざとなのか,無意識なのか,それは分かりません.

最初の部分,

♪小さな星の 小さな光が~(正)

を,

♪小さな星の 名もない光が~(誤)

と歌った時は,
その後の歌詞で「僕らのように名もない星が」という部分がありますので,
そこと混同したのだろうなと思いました.

でも,中間部分の,

♪二人なら 苦しくなんかないさ~(正)

を,

♪二人なら 寂しくなんかないさ~(誤)

と歌った時には,少し考え込んでしまいました.
この曲には,「寂しい」という言葉は出てきませんので.

そして,その後も,今も考えているのですが,
Toshlの声って,『孤独』がとっても合うんですよね.
ご本人にとってはいいのか悪いのか知りませんが,
底知れない孤独を表現出来る声.
孤独を歌わせたら天下一品っていう声.
元々そーゆー素質を持った声だと思いますが,
そこに,数十年に渡る「孤独」が加わってもはや極限の底なし沼.

声が「寂しい」という言葉を呼んだのかなと思いました.

もちろん,今のToshlの声には,孤独に打ちしおれてしまうのではなく,
そこから上がって来る力強さがありますよね.
まさに「昇龍」という感じ.