本日「紫に染まった夜」1日目

「紫」と言えば,YOSHIKIの暗黒時代が「紫」の時代でした.

YOSHIKIの暗黒時代は,X JAPAN解散からX JAPAN再結成までの10年間.
VIOLET UKで世界に挑戦すると言いながら,結局出来なかった暗黒の時代.
深ーーい闇の中に居ました.真っ暗な時代でしたね本当に.

YOSHIKIには,2014年6月16日,
YOSHIKIクラシカル東京公演で言った事を思い出してもらいたいなと思います.
何度でもワタシは貼りますよ.ぺたり↓

=====
(2014.06.16 Yoshiki Classical WORLD TOUR PART1 in TOKYO より)

YOSHIKI:
バンドが解散した時に,何が大事だったんだろう?
有名になることかな?お金持ちになることかな?
結局全部違うことに気づいた.
結局,このX JAPANのメンバーと,
ずーーっと,一緒にいたかったんだって,大事なことに気づいた.
=====


で,ワタシは昨日,クイーンの映画を観てきました.
いい映画でした.もう一回観に行こうと思っています.
実はワタシはクイーンの事はほとんど何も知らなかったのですが,
1994年「AONIYOSHI」で生ロジャーテーラー氏を見ています.
あの時には既にフレディマーキュリー氏は故人だったのだなと,
年表ぐるぐるしながら思っていました.

クイーンも,最初はライブハウスから.
バス2台連ねてアメリカツアー.
一軒家で作曲合宿.
リハーサル,レコーディング.
若くて勢いがあって昔の「X」とダブるようなところもあって,

そして,やっぱりと言うか,やっぱりですね,
クイーンにも『暗闇』がありましたね.
元はスランプなのか何なのかよくわかりませんでしたが,
主人公フレディマーキュリーは,
「ソロ活動」→「側近の裏切り」→「孤独」,
そして「(当時の)不治の病」へと至って,

仲間のクイーンのメンバーのもとに戻るにあたり,
メンバーの出した条件「楽曲クイーン名義・印税均等」を即答でのみ,
迎えたウェンブリースタジアムでのライブ.

ここにも一つ,大きな一つのバンドの『歴史』があったんだなと思いました.
教訓になる歴史があったんだなと思いました.

確か,LUNA SEAも,「LUNA SEA名義・印税均等」で再結成したのですよね?
X JAPANに,これを当てはめることは非常に難しいとは思いますが,
X JAPANをややこしくしている一つの大きな点が,この,

「お金の問題」

だと思います.
それを交通整理するなり何なりしなくては,
世界どころじゃないでしょうにと思います.
足元から火がぼうぼうだと思います.

この「紫に染まった夜」2日間を終えた後,
YOSHIKIがどこに向かうのか?

向かう先は何となくもう決まっているのだろうなと思います.
YOSHIKIのTwitterでは一言「X」と.

だけど,もう,寄り道している時間はないと思います.
時間は無限にはないです.
それがもどかしくて悲しいです.
今年は,7月からずっと,悲しい1年でした.
(正確には7/8から4ヶ月ですけれども長かったです)

フレディは,人生の残り時間を知ってクイーンに戻り(ですよね?
そしてクイーンのメンバーは今でもクイーン.


それにしても,
映画に出てきたウェンブリースタジアムとか,
マジソンスクエアガーデンのライブ映像は凄かったですよね.
何が凄いかって?オールスタンディングです.
椅子があって立っている状態ではなく,椅子は無いと思います.
凄いですよ.ワタシには無理です(^^;