ダラダラと(^^;

ということで,前回書いた続きから.

現在ワタシは,オデストで手一杯ですので,ブラウザゲームの方はやっていません.
ブラウザゲームのToshlの「ヅラ」に興味はありますが,
オデストではToshlの新コスチュームの販売はないのかしら?
とりあえずそれは横に置いといて,

先週末,京都にお参りに行ってきました.
神社を5か所回りました.

その合間に,ToshlのTwitterで紹介されたbarksのインタビュー記事を読みました.

うーん(^^;

という感じでした.
抽象的すぎて分かりにくい記事でした.

このテの,Toshlが取材を受けて書いてもらった記事で,
ToshlがTwitterで紹介した,その前の記事に遡って少し引用しますφ(.. )

=====
★Toshlが「龍玄とし」に改名した理由
2018/12/02 07:01
神庭 亮介 BuzzFeed News Reporter, Japan

――最近,「龍玄とし」と改名されました.何かキッカケがあったのでしょうか.

Toshl:
龍玄としっていう名前は,今年のお正月からですね.
=====

ということになっていますが,
ワタシ達がToshlの口から直接聞いたのは,昨年12月17日の「としちゃん」ででした.

ですが,その5ヶ月前の7月1日には,
サインを「とし」に変えるとかな発表が同じく「としちゃん」でありましたよね.

結局サインは「Toshlとし」になっていましたが,
ひらがなが登場したのはこの時でした.

そして,昨年10月4日にリリースされた「CRYSTAL MEMORIES」「時の海へ」は,
JASRACへの作詞作曲アーティスト登録が「TOSHI」となっていて,
今年リリースされたオデストキャラソンアルバムへの表記は「Toshl」でした.

今年1月に登場した「マスカレイド」は「龍玄とし」.
マスカレイドから「龍玄とし」だと思っていましたが,
昨年11月29日にリリースされたSUGIZOのアルバムに収録された「PHOENIX」が,
作詞「龍玄とし」でJASRAC登録されています.あれ?(^^;
SUGIZOのアルバムのブックレットでは「Toshl」となっています.あれ?(^^;

=====
――意味合いとしては,青龍の「龍」に玄武の「玄」で,龍玄?

Toshl:
そうなんです.心機一転,強そうな名前がいいなと.
「四神」が二つ入ってるので,縁起がいいですよね.
=====

「PHOENIX~HINOTORI~」は四神の一つ「朱雀」ですから,
「龍玄」と引っかけたかったのでしょうかね?(^^;

この曲,著作は作曲者のSUGIZOになっていますが,権利は龍玄としのようですね.
よく分かりませんがJASRACではそうなっています.

だから,まぁ,SUGIZOにはちゃんと話が通っているようですね>龍玄とし

=====
Toshl:
自分の生きている幹,根っこはシンガーなんだと.
僕のなかの王道はシンガーです,というある種の覚悟.
プライドを持ってみなさんにお渡ししたい,と考えてこのタイトルに決めました.
=====

この部分めもめもですφ(.. )

=====
Toshl:
2015年に始まった「スウィーツKURENAI」というスマホ向けアプリの番組がキッカケでした.
(中略)
女性の方が重い機材を汗だくになりながら動かしていて.
=====

この話は何度も聞きましたよね(^^;
Toshlの周りの(女性)スタッフって,荷物を持ってくれないのかな?
と,何度も思いましたし,こんなに何度も言われたら,
Toshlの(女性)スタッフは嫌だろうな気を悪くするだろうなとも思いました.

「僕の(女性)スタッフは重い荷物持ってくれないんです」

って,世間に対して大声で言っているようなものですから(^^;
そーゆー点でも配慮のないToshl発言(^^;

で,よく分からないbarks.
面倒ですからとりあえず最後の部分を全部引用↓.

=====
★【インタビュー】龍玄とし(Toshl)は,なぜ挑戦し続けるのか?
2018.12.14 22:00
取材・文◎高橋ひとみ(BARKS)

龍玄とし(Toshl):
今の僕がやっていることをファンの方,歌を聴いてくださる方と一緒に楽しむ.それで,みんなが笑顔になったり楽しくなったり嬉しくなったり幸せになったりっていう,そういうのを共有していきたいです.それが僕の幸せであり喜びであるんだろうなって.だからまずは,自分が楽しんでなんでもチャレンジしていきたいです.楽しければやる,つまんなければやらない.だんだん人生,先が見えてくるというか,残された時間を少し意識すると,歌もいつまで歌っていられるかわからないし,でも今たくさんの方が聴いてくださるなら,やれる以上はやる.歌えなくなればそれを終わりにして,また次の何かにチャレンジしていく.今がすごく充実してるし,今が幸せだから,常にそういう楽しみと喜びに満ちていたいと思うし,それをまた撒き散らして,そういうものを共感する人と共に歩んでいきたいと思いますね.

──龍玄としさんが幸せで,それがファンの方の幸せになったら1番ですよね.

龍玄とし(Toshl):
そうですね.今日みたいな番組ができて,どんどんいろんなことが発展していったり進化していったり,新しいジャンルが生まれていくじゃないですか.でも,いろんなツールができたとしても,大事なのはやっぱり人と人とのふれあいだったり,心の交流だったり,助け合いだったり,そういうコミュニケーションだと思うんです.だからバーチャルになったとしても,出演するのはやっぱり我々なので,出演する側でいる限りは心ある仕事,繋がれる仕事を一つひとつ丁寧に一生懸命にやって,スタッフの方にも喜んでいただきたいし,僕の歌を聴いてくださる方や,今日放送を見てくださった方にも喜んでいただきたい.そうすることで自分も幸せになれるっていう,そんな連鎖をこれからも作っていきたいなと思います.今年1年,いろいろな番組に出演させて頂き学んだことは,番組制作に関わる大勢のスタッフお一人おひとりの力や,応援くださる方々の深い思いによって,自分は表舞台に立たせて頂いているんだということに今更ながら気づきました.自分にとって何が大切なのか,ものの見方や,価値観も大きく変わりました.価値観が合わない,リスペクト出来ないストレスフルなものからはなるべく離れて,小さな喜びや細やかな幸せをみんなと一緒に分かち合ったりする時間を大事にして,今を明るく楽しみたいですね.
=====

何度も読みましたが,抽象的過ぎて何を言っているのか頭に入りません(^^;
ワタシの頭が悪いだけなのかも知れませんが,
耳に続いて頭もいよいよ悪くなったのか元々そんなにいい頭ではありませんが,
これを読み解けない位もうろくしたのかなと,うーん(^^;と唸っていました.

で,
その夜の「としちゃん(ニコ生)」ですね.
前回も確かそうだったと思いますが今回も,キャップ着用でしたよね.
サングラスは,まあ,いつものことですからいいとして,
でも,室内(自分の部屋)でサングラス+キャップって,
くつろぎ感ゼロに見えるんですよ(^^;
まあ,当たり前と言えば当たり前ですが,見られたくない感と言うか警戒感と言うか,

それで内容は「楽しい楽しい」ばっかり言ってるToshl.

正直言って,ニコ生見ていたワタシは楽しくなかったんです.
今年一年,重苦しい一年でした.
何が起こっているのか分からないから重苦しかったのだと思いますし,
何が起こっているにせよ,
ファンが知り得ることでもないしファンがどうにか出来ることでもないし,
ただただ心配な一年でした.
この日のbarksの記事の内容もよく分かりませんでしたし.

で,上記barksより抜粋すると↓.

=====
「楽しければやる,つまんなければやらない.」
=====

この言い方って,なんか軽いんですよね(^^;

Toshlがやっていることって,歌うための準備とか普段の健康管理とか,
かなり厳しいレベルのことをやっていると思います.
元々,努力する姿を表に出さずに陰でこそこそ努力する人だったと思いますが,
なんか誤解を受けやすいんですよね(←かつて誤解していたワタシ

=====
「でも今たくさんの方が聴いてくださるなら,やれる以上はやる.」
=====

必要とされればとしくん頑張っちゃう.という感じですかね?
必要とされるのが嬉しいと言っているんですよね要するにこれは.

=====
「歌えなくなればそれを終わりにして,また次の何かにチャレンジしていく.」
=====

この部分は,まだ秘めておいていい部分だとは思いますが,
でも,
いつまでも歌えるわけではない,
時間は限られている,
今だったらまだ歌える,
今,歌いたい.
こういうことなのだろうなと思います.

そして,最後の部分ですね.分割するとこんな感じ↓.

=====
「今年1年,いろいろな番組に出演させて頂き学んだことは,」

「番組制作に関わる大勢のスタッフお一人おひとりの力や,応援くださる方々の深い思いによって,」

「自分は表舞台に立たせて頂いているんだということに今更ながら気づきました.」

「自分にとって何が大切なのか,ものの見方や,価値観も大きく変わりました.」

「価値観が合わない,リスペクト出来ないストレスフルなものからはなるべく離れて,」

「小さな喜びや細やかな幸せをみんなと一緒に分かち合ったりする時間を大事にして,」

「今を明るく楽しみたいですね.」
=====

・価値観が合わない
・リスペクト出来ない
・ストレスフルなもの

これらはもちろん,直接X JAPANのことではないと思います.
だけど,具体的なことを何も話していませんから分かりにくいです.

「ストレスフルなものからはなるべく離れて」

これを,「現実逃避」と取るのかと言うと,私は違うと思います.
Toshlは今更,現実逃避の人生を選ばないと思います.
がっつり向き合っていると思います.
ストレスだらけだと思います.

だけど,「としちゃん」でも,「楽しい楽しい」って.

で,ここで,フッとワタシの頭に降ってきたのがToshlの昔の曲.

=====
♪Beautiful Harmony(一部抜粋)

愛する言葉は 愛だけ伝える
希望の言葉は 希望を伝える
=====

Toshlなりのポジティブ発言なのでしょうね.言霊というか>「楽しい楽しい」
かなり滑っているような気がしないでもないですが,

実際には,
ネガティブを封じてポジティブポジティブって,
自分を鼓舞しているようなToshlの姿が見えたような気がしました.


今年のワタシの心情を振り返ると,
4月のコーチェラ(ゲストボーカル起用)でもあまりいい気はしませんでしたが,
6月ルナフェスで何かが起こっている警報が鳴り,
7月Red Swan事件でもう大爆発.

あの時,Toshlが言った「残念」発言.

あれは本当に言ってくれてよかったと思います.
あれがなかったらToshlの気持ちが分からないままでした.
Toshlはあの歌を「歌いたかった」ということですよね.

そして,Toshlがメジャーなレコード会社と契約して,
今まで所属(?)していたレコード会社(?)はどうなるのかな?
と思っていましたが,

マネジメント事務所「武士JAPAN」は,そのままですが,
レコード会社「INC MAKO」は,どうやら廃業のようです.
とりあえず「INC MAKO」という名前はなくなりました.
名前を変えて同じようなこと(Toshlにレンタルスタジオ提供)をするのかも知れませんが,
なんだかネイルサロンかスパみたいな屋号になるみたいで,
そちらも,新たなる出発なのでしたら,それはいいことですよね.

こんな感じでワタシはまだ暗いままクリスマス(^^;