1/5 明けまして2019 -皆勤賞-

品川発始発ののぞみ.そろそろ到着.

ワタシは皆勤賞面談は初日の夕食中の時間帯でした.

初日はまず,夜のライブ→DVD握手会が終わった直後に,
A班の数名の皆勤賞面談が行われ,
その後,B班の食事中にツーショット写真.
それが終わり次第B班の皆勤賞面談が行われました.
ワタシは,この時間帯の早い方でしたが,
この時間帯の対象者の数が多かったようで,
終了したのはかなり遅い時間になったようです.
なので,2日目3日目は,昼のライブの後にも面談やっていました.
今回は皆勤賞対象者かなり多かったのではないかと思います.

また,今回は,「ファンの持ち込み品」にもサインをするという企画があったからか,
一人当たりの制限時間が3分でした.(以前は2分)
その制限時間内にToshlは,

・表彰状へのお名前記入
・持ち込み品へのサイン
・記念品へのサイン

3品のサインを次々と書くということで,
事前に,

「サインを書いている間もどんどん話かけてください」

と言われました.
黙っているとサインだけで時間が過ぎてしまうということでした.

ということで,順番がきたので入室.
こじんまりとしたやや低いテーブルの向こうに壁を背にしたToshlが座っていて,
その向かいの席にどうぞお座りください.
ということでした.

前回(ワタシの場合は昨年の明けまして)は,
高めの(食事用の)テーブルで,もっとかしこまった感じで,
スタッフはテーブルの横にいましたが,
今回はスタッフの位置はファンの背後でした.
(ですから視界に入りませんでした)

で,ワタシの面談の内容を書ける範囲で記録しておきます.
(今回は書けない部分は書きません)

最初に表彰状に名前が書き入れられ,
次に持参品へのサイン.

この時にまず,ライブ前の抽選会で当選した「ドリフェス楽屋名前プレート」を出し,

ワタシ:
「ドリームフェスティバル」これ当選させていただきました.
ありがとうございました.
ワタシが持って来たのは,これ(ドリフェス)に続き行われた,
X JAPAN公演の,30日の無人ライブのこれ(VIPパッケージの旗)です.
(旗を拡げて)これに出来るだけ大きな文字でお願いします.

(Toshlは旗を見ながらサインペンを選んでいる)

ワタシ:
「IM A SINGER」10曲全部歌われましたが・・・

(明日からは違う曲になるのかという質問に対し,Toshlは,明日からも歌うというお答え)

(銀色の太めのサインペンに決まる)

ワタシ:
X JAPANの方は今はワタシの目から見たら歯車がちょっとずれているように見えますけれどもまた必ず,待っています.

Toshl:
(旗を見ながら)これはどこに書けばいいんですか?

ワタシ:
どこでもいいです.YOSHIKIの顔でもいいです.

Toshl:
わははは.怒られちゃうよ.

(サインの位置が定まる)

ワタシ:
大きい文字でガーッとお願いします.

(旗のToshlの顔から下の身体部分に大きな文字で縦書きで「龍玄とし」)

ワタシ:
ありがとうございます.

Toshl:
お名前入れておきます?

ワタシ:
はいお願いします.

(Toshlの右のSUGIZO身体部分に横書きで「Reiko」)

Toshl:
これは何ですか?旗ですか?

ワタシ:
これはVIPパッケージに付いてたグッズです.
で,Toshlさん,この前いただいたこれ(腕のブレスレットを見せる)ですけれども,「ピンクサファイア」って?

(次の物「皆勤賞プレゼントToshlメロスマホケース」へのサイン)

Toshl:
あ,ピンクサファイア間違いです.
これはピンクゴールドですから.
次ピンクサファイアって作りたいなと思ってたから間違って出ちゃった.
間違いでございます.

ワタシ:
Toshlさんの武士JAPANの公式サイトからX JAPANの文字が消えたのは何か特に深い意味でもあるんですか?

(サインを終えてここからは向かい合う形で視線合わせて)

Toshl:
まあ,意味があると言えば意味があるんですけど,
まあ,ないと言えばないです.
まあまあ(笑)言えることも言えないこともあります.

ワタシ:
そうですね.言えることと言えないことがある.わかりますはい.
だけど,ファンクラブ募集要項特典のところに,
「X JAPANのチケット先行予約」というのが(消えずに)ありますから,
まだ安心はしています

Toshl:
ああ.それはライブがあればそれはそうです.

ワタシ:
ですよね.

Toshl:
ああそれは全然.あればね.ライブが.

ワタシ:
待ってます.

Toshl;
僕が決めることが出来ないから.

ワタシ:
凄く心配しています,

Toshl;
まあまあしょうがないです.

(この後の部分,カット)

カットですけど,何をカットするかと言うと,ワタシの発言をカットです(^^;
ここで問題発言をしたのはワタシで,
Toshlの発言は全くカットする必要はないと思いますが,

要するにこの後の部分でワタシは,
Red Swan事件に対するワタシの気持ちを直球でガンガン言いました.

それに対してToshlは,
「よくわからないですけど」
「リーダーが決めることですから」
「YOSHIKIはYOSHIKIの考えがあるから」

と,無難な言葉を慎重に繰り返しますので,
ワタシは,1/3配信のBARKSのインタビューを思い出し,

ワタシ:
YOSHIKIは失敗しましたから.

と,畳みかけるように言っちゃいました.
これに対しては,

Toshl:
失敗ですか?

と,にこやかな笑いで返してくれましたので,

ワタシ:
失敗です大失敗です.

と,熱くなったところで水入り.

ドアコンコン「ありがとうございますお時間です」

ということで,これで終了.速やかに退出しました.


でもね,艦これヲタクの皆様にも,
世界一かっこいいX JAPANのトシを見て貰いたいなと思います本当に.