オデスト・ログインボーナス

オデストやってます(^^;

画像

時空艇の中のToshlの部屋は,カーテンも絨毯もベッドカバーも全部紫色(^^;
画像

着替は一着(^^;
画像

毎朝Toshlからご褒美貰います(^^;


さて,やっと,「明けましておめでとうライブ抽選大会の当選賞品」に,
合うフレームを調達してきて入れて飾ることができました.じゃーん↓.
画像

ハイ(^^;とってもいい感じですね(^^;Toshlの楽屋ですよ(^^;
これを日夜眺めながらワタシは色々考えます(^^;


オデストで,イベント「Toshl襲来」の時,
初級・中級・上級・超級では「精霊Toshl」だけでした確か.
幻級・神級では「アイゼン」「ロクスレイ」が加わりました.

1回目の「Toshl襲来」は2月だったと思います.
ワタシはオデスト始めたばかりで全然戦力足らなくて弱弱で,
精霊Toshlの両横にいるのが「アイゼン」「ロクスレイ」ということも,
その時は分かりませんでした.

「やるじゃないか」「やるじゃないか」とかゴチャゴチャ言うのが二人横にいて,
Toshlには指一本触れさせてもらえず(ダメージを与えることが出来ず),
簡単に撃退されていました一年前のワタシ.

その後,確か半年位後に2回目の「Toshl襲来」があった時には,
もう既に「アイゼン」「ロクスレイ」はワタシのチームに入っていましたから,

「あんたたち,そこで何やってるの?(^^;」

という感じで,Toshl含め3人とも結構簡単に撃ち滅ぼしました.

で,何で「アイゼン」と「ロクスレイ」なんだろう?
というのは最初から感じていました.
まず,属性が違います.Toshlは【闇】,アイゼンは【地】,ロクスレイは【水】.

最終的には,というか今となっては,この2人しかいませんでした.
ということが今になってわかりました.
オデストは,細かい所までこだわって考え抜かれた設定だったと思います.

「トシリウム」は双剣(小剣)扱いで,
小剣を装備出来る男性キャラが,結局この2人しかいないのですよね.
女性キャラでは装備出来るキャラが10人位いるみたいですが,男性は2人のみ.

そして,オデストの世界では,6つの属性に分けられていて,それぞれの精霊が,

・炎のサラマンダー(赤)
・風のシルフ(緑)
・地のノーム(黄)
・水のウンディーネ(青)
・闇のバルログ(紫)
・光のルナ(白)

となっております.バルログとルナは後から追加されました.
オデストのこれらはどちらかと言えばヨーロッパ風で,
中国の,というかアジア(?)の四神とは違いますよね.
でも,基本的な考え方としては共通していて,
オデストのこれら↑を,奈良県明日香村キトラ古墳の四神に移すと,

・炎のサラマンダー:朱雀(火の鳥,フェニックス)
・風のシルフ:白虎
・地のノーム:玄武
・水のウンディーネ:青龍

となります.
アイゼンは地組なので【玄】,
ロクスレイは水組なので【龍】となります.

ついでに言えば,Toshloveは全員もれなく【虎】だそうですが,
ワタシは昨年5月の仮装大会で【火の鳥】になりました.

フェニックスと言えば,ワタシが仮装した時はもちろん赤組の火の鳥でした.
でもその後,ダークフェニックス(闇組)が加わりました.
このダークフェニックスが,多分,オデスト界最強の精霊だと思います.

でも,ダークフェニックスと同時に登場したもうひとつの精霊,
エンシェントバハムート(光組).これも強いです.相当強い.
この精霊は,姿形が誰かに似ているなと常々思っていましたが,
細かくチェックして,誰に似ているか分かりました(←遅いって

ファーヴニル(闇組,封印の神塔50階)ですね.
ファーヴニルのオートスキルが「魔竜領域」,
エンシェントバハムートのオートスキルが「神竜領域」ですので,
この二体はセットで,というか,二体とも【龍】だったんですね.

龍と言えば,
「ダークドラゴン(闇組)」は最初からアスセナと一緒にいましたし,
その後,「ドラゴン」は各組の属性でガチャに入って計6体になりましたし,
「風幻竜セルザウィード(風組)」という強い精霊もいます.
オデストには龍はたくさん出てきます.

それなのに,あぁそれなのに,ワタシは最初,姿形だけ見て,
「サラマンダー」のことを「龍」だと思っていました(^^;
サラマンダーは爬虫類ではなく両生類だそうですのでドラゴンではありませんよね.
でも,日本のお寺とかに描かれている「龍」って,
オデストの「ドラゴン」の姿よりもむしろ「サラマンダー」の姿に似ていますよね.
蛇みたいににょろにょろ長くて巻きつくイメージに.

Toshlが描く「龍」の姿はどうなのでしょう?